お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ゴジラ対ヘドラ

G

人類の強い味方・ゴジラが公害怪獣ヘドラと大死闘をくり広げる。

円谷英二の死後久々に登場した「ゴジラ」シリーズ第11作。全編がグロテスクなムードに覆われ、当時日本を騒がせていた公害問題を巧みに取り入れた、シリーズの中でも異彩を放つ作品。汚染された港から生まれた公害怪獣へドラは、海へ流れ出たヘドロや工業地帯のスモッグを吸収しながら成長し、巨大化していく。その時、何処からともなくゴジラが出現し、地球を汚染し続けるへドラに敢然と立ち向かっていく。怪獣映画では珍しい作家性に満ちた作品に仕上がっている。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1971
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-04-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

特撮邦画ランキング

ゴジラ対ヘドラの評価・レビュー

3.5
観た人
2258
観たい人
577
  • −−

    Kohtaroさん2020/05/24 02:26

    ゴジラシリーズ 第11作

    この映画についてGoogleで検索するとこんなワードにぶち当たります。カルト、シリーズ最大の異色作、サイケデリック、作家性の強い作品、アバンギャルド、ヒッピー、カウンターカルチャー、ヌーヴェルヴァーグ。

    これらのワードは総じてこの映画を言い表していると思います。ゴジラシリーズとは思えない軽いテンポの音楽、驚くようなゴジラの飛行、実験的なアニメカットの挿入、ジェットコースターシーンのゴダールを彷彿とさせるようなブレブレのショット、リキッドライトのビジュアルはあまりに圧倒的です。

    ただ、このような文字列を見てると西洋風な映画なように思えますが、僕はこの映画はとても日本的だと感じました。

    それはゴジラとヘドラが後ろに背負う物です。日本では昔から八百万の神が信仰されてきたり、不可解な現象は様々な妖怪の仕業とされてきました。人智を超えた現象に対しただ恐怖するのでなくどこか親しみを込めて擬獣化する。

    その延長線上にあったのが原水爆実験を体現する初代ゴジラだだだと思います。一方、今作のヘドラは四日市コンビナートや田子ノ浦のヘドロと言った実在の公害を擬獣化しており、その怖いしホラーテイストはあるけれども、どこか子供に親しみやすい擬獣化の目線の暖かさに日本独自のものを感じました。


    子供向けな作品なのに子供向けと妥協せず、初代ゴジラに回帰しようとあくまで大人が作りたい子供向けの映画を作った。それがこの映画のアイデンティティであり、面白さなのだと思います。

  • 2.5

    ブルーノセナさん2020/05/23 01:31

    「汚れちまった海わ汚れちまった空...」オープニングから強烈なビジュアルとサウンド。劇中でもゴーゴーダンスで踊り狂う若者達。とても退廃的で大人達への微かな反乱?退廃的ながら富士の裾野で今で言う「100万人フェス」を企画したりして意外と活動は活発。結局フェスには20人も集まらなかったけど(笑)そしてとどめは空飛ぶゴジラ!こんな奇妙奇天烈な映画があると言う事実。幅広い世代に観て欲しい!

  • −−

    ピカルさん2020/05/22 23:43

    『ゴジラ対ヘドラ』

    これはかなりカルト映画だぞ!?

    一年くらい前かな?
    世にも奇妙な「ヘドラ」というワードに出会い、なんじゃそりゃそりゃー!? と開いた口が塞がらなかったのは。
    ようやく謎が解けた。
    少年が名付け親だったんだね。

    まずね、画面が汚い(笑)
    黒とグレーで埋め尽くされて、カラー映画なのにモノクロ映画を観ているみたいだ。

    ヘドラ様、名前も生態もいろいろヤバいんだけど、宇宙人説ですべて納得(笑)

    中でも一番の衝撃シーンはあれだね。
    「ゴジラ、空飛ぶんかいっっっ!!」
    ゴジラが尻尾を丸めて、口から出す炎で空を飛ぶシーン。
    目を丸くして驚いた!!
    こんなこともあるんだねー。

    お気に入りのセリフはゴジラのおもちゃで遊ぶ少年と、彼を見かけた男性との会話。

    「ゴジラが一番好きかい?」
    「スーパーマンだもん」

    公害問題を扱う社会派な面を見せつつ、少年を喜ばせる姿勢は相変わらず。
    アニメーションシーンもかなり好きで、ちょっと奇妙なゴジラ映画だった。

  • 4.0

    drynoppoさん2020/05/18 00:50

    初めて映画館で見たゴジラ映画。
    それまでのゴジラと違って、ホラー要素があり、とても怖かった。ここからガイガンやメカゴジラと繋がって、新しいゴジラシリーズに、なっていると思う。
    ゴジラが自力で空を飛ぶ!
    でもその後、空飛ぶゴジラは記憶にない。たぶん不評だったのだろう(笑)

  • 2.9

    しゃばけさん2020/05/17 20:51

    観るのはホントに久しぶりで、見事に忘れてたんだけど、冒頭の主題歌にやられる。改めて凄い歌詞ですねー。変に耳に残ります。

    サイケでゴーゴーで退廃な、当時の若者の風俗が描かれていて記録としても面白い。あの歌で踊れるのはなかなかの強者だな、今の感覚では。ファッションは一周回って洒落て見える。
    凄く怠惰な雰囲気を醸しながら、連帯だ集会だって、今見ると微笑ましい気も。

    ヘドラについては当時怖かった心象しか無いんだけど、今見てもやはり怖い。腐ったものに対する忌避感もあるのかな、こいつにはやられたくない感。

    宇宙産の意思を持った鉱物って、どこかで聞いたような設定だけど、見た目のグロテスクさ、縦に裂けたあの赤い目の不気味さは、映画の公害に対するメッセージを見事に体現した良いデザインです。

    ゴジラ映画として強いてお勧めにはならないけど、昭和ゴジラを語る上で外すのは惜しい一作ですね。

  • 3.8

    かずろーさん2020/05/17 00:32

    昔は怖い映画のイメージ、久々に観るとあの時代に社会問題をテーマにしながらもとてもコミカルでサイケデリック。

    低予算でも試行錯誤が見てとれる素晴らしい作品。

  • 4.1

    たろさん2020/05/07 02:34

    ビオランテの次に観て欲しい作品。ちょーカルト映画です。汚れちまった海汚れちまった空…。水銀コバルトカドミュウム…この歌の呪いにかれられる。vsキングコングの村の歌並に頭から離れない。社会問題だった公害をテーマにした作品なんだけど、これ子供向けか?昭和vsシリーズはゴジラがヒーローっていう子供向け映画みがあるんだけどこれは子供向けなのか分からない。ハマる人はハマる賛否極端に分かれる映画。つまりゼッタイ観て。

  • 3.5

    けいさん2020/05/05 23:11

    映画界が斜陽になり、東宝の専属制も崩壊しそうな時に制作公開された作品。低予算の中で作られたからか、山内明、木村俊恵、吉田義夫などキャストも様変わり、内容も一変。人間が生んだへドラのインパクト大ですね。でもゴジラも水爆だし、人間が生んだって点は一緒か。
    最後のゴジラの怒りよ。

    アンチへドラ酸素マスク。

  • 4.0

    ryosecoさん2020/05/04 22:55

    何てコミカルでシリアスでサイケデリックな作品なんだろう。
    表面的な悪ふざけに内包する重い想いに、愛くるしいゴジラの足もとで倒れている人間たちに、脳みそが悲鳴を上げている。
    この落差が今作の一番の魅力なのは言わずもがな、それならゴジラが空飛んでったって何も言うまいよ。
    水銀 コバルト カドミウム♪
    ナマリ 硫酸 オキシダン♪
    シアン マンガン バナジウム♪
    クロム カリウム ストロンチュウム♪

  • 3.1

    いちさん2020/05/04 08:22

    ゴジラ対ヘドラがカルト的な人気があることは知っていたけれど乗り切れなかった。不思議な魅力があったと思うし、人気が出ることもわからなくはないけど...

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す