お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

英国王のスピーチの真実 ~ジョージ6世の素顔~

G
  • 字幕

今明かされる、英国史上最も内気な王の素顔―。

第83回アカデミー賞、作品賞他主要4部門を独占した『英国王のスピーチ』。そのモデルとなった実際の英国王ジョージ6世の素顔に迫った感動のドキュメンタリー作品。当時の貴重な映像や、関係者たちへのインタビューを交えながら、映画では描ききれなかったジョージ6世の魅力に迫っている。また、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したキャスト・監督が、ジョージ6世を演じるにあたっての役作りや、撮影秘話について語ったインタビュー映像も収録。

詳細情報

原題
KING GEORGE VI THE MAN BEHIND THE KING’S SPEECH
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2014-04-18 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

英国王のスピーチの真実 ~ジョージ6世の素顔~の評価・レビュー

3.6
観た人
201
観たい人
317
  • 3.6

    アカリさん2021/04/13 09:18

    英国王のスピーチ(2010)で有名な、吃音症で苦しんだジョージ6世(今のイギリス、エリザベス女王のお父さん)のもっと人柄に迫った本物の映像も使われたドキュメンタリー映画
    もう一回英国王のスピーチみたくなった

  • −−

    Akiさん2021/04/08 14:42

    「英国王のスピーチ」のメイキングです。
    こちらこそ本格的な内容となっています、ジョージ6世それから言語障害の治療をしたローグ、また当時のイギリスの情勢、チャーチルなどドキュメンタリーとして観れます。ローグさんの日記には細かく描かれていたのですね、カルテのような、ジョージ6世とローグの友情。
    「英国王のスピーチ」が好きで興味がある方のみですね。

  • 3.9

    彩さん2021/04/01 15:08

    ジョージ6世カッコいい

    映画で演じられていた彼ではなく、誠実で優しそうな性格なのかなと感じた

    崩御の時の国民の静寂さが、ジョージ6世への悲しみを非常に表してた

  • 3.4

    ーLycorisーさん2021/03/09 00:25

    チラッと出てくる役を演じてないコリン・ファースの色気がえらいことになってるのと、エドワードのくだりはメーガン妃の英王室内部から妊娠中に混血懸念されたとかいう記事読んだ直後だったので趣があった。味わい深まってた。彼から見るとひいおじいちゃんのお兄さんなのか。メーガン妃、ダイアナ妃になんとなく性格通じるところあるからなんか仕方ないなって思う。そんな感じでエドワードにもなんかあったんだろうなと。
    英王室はいくつかのタイプの人物造形を代が変わっても延々と繰り返してる感じする。

    後ろにチラチラ「英国王のスピーチ」の本国版のポスター出てくるけどこれは珍しく日本版の方がデザインいいんじゃない?

  • 4.5

    じろちぃさん2021/03/02 18:35

    英国王のスピーチに続き、関連ドキュメンタリーを鑑賞。
    これを映画と呼べるかという疑問はあるものの、見る価値ありの一本ではある。
    映画のメイキング裏話もチラッと知ることができる。

    鑑賞前にWikipediaでジョージ6世崩御の事を読んでいたので、それが永遠の別れとなる「王女夫妻が飛行機に乗り込む場面」に胸が詰まった。

  • 3.0

    もりさん2021/02/27 09:27

    「英国王のスピーチ」に引き続いて鑑賞。
    もともと控えめで内気なジョージ6世、国王の職責はさぞストレスのかかるものだったのではないだろうか…。
    当時の記録映像のジョージ6世の姿を見て、声を聞いて、誠実で愛情深くて素敵な王様だなと思った。

  • 3.5

    jeanoakさん2021/02/21 12:38

    『英国王のスピーチ』のモデルとなっているジョージ6世の素顔に迫る作品。映画観賞後に観たが、この作品を先に見た方がジョージ6世の人柄、時世が理解できて映画をより楽しめるのではと思う。

    改めて、映画『英国王のスピーチ』が観たくなる。

    端正な佇まい、謙虚さが滲み出る表情は、確かにコリン・ファースが演じるにピッタリな役柄だと理解できた。

  • 3.8

    manaさん2021/02/13 21:32

    控えめで誠実な人柄が伝わる
    兄から王位継承決定した時
    母親の肩で泣いた位嫌だったが
    国民に寄り添い職務全う
    責任感 家族思い 魅力的
    チャーチルが葬送の花輪に
    ヴィクトリア十字章と同じ
    “勇気に対して”と書いたのが印象的

  • 4.0

    Kazuさん2021/02/13 12:55

    「英国王のスピーチ」を見た直後に鑑賞。ジョージ6世、こういう顔しているのねーとか今のエリザベス女王って子供時代から弾ける笑顔の持ち主なのねー、とか ジョージ6世の奥様であるエリザベスさん(お母さんと娘が同じ名前なのね)と結婚して良かった、、と思ったり たった15年の在位で亡くなってしまった、とか 色々とジョージ6世のリアルな人生を知ることができて良かった。

    そして英国王のスピーチで取り上げられていた吃音を克服した本当のスピーチや、コロネーションの映像が見られて、それが何より見る価値があった。
    奥様のエリザベスさんがジョージ6世の物語を世に出すのを嫌がっていて(愛情ゆえ亡くなったことを再認識したくないという意味で)エリザベスさんが亡くなった後にこの映画が作られた、ということも愛情豊かな奥様と結婚できて、色々大変だったけれどジョージ6世は幸せだったに違いない、と勝手に想いを馳せてしまう。

    (2021年14本目)

  • 3.5

    えみこさん2021/01/30 22:45

    英国王のスピーチをみて、実際のジョージ6世のスピーチが聞いてみたくなったので見ました。映画とは違う、本物の時代の映像や音声にふれる事ができ勉強になりました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す