お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

イン・ハー・シューズ

G
  • 字幕

キャメロン・ディアス主演で贈る、等身大のラブ・ストーリー。

マギーは、男を惹き付けるセクシーなルックスとプロポーションの持ち主。自慢できるのはそれだけで、無職でフラフラとした生活を送っていた。一方、姉のローズは弁護士だが、恋愛は上手くいかず、あるのはキャリアと高級ブランド靴のコレクションだけ。なにもかもが正反対で、ぶつかりあう姉妹。だが、心の底ではお互いがコンプレックスを抱えていた。2人は今までの自分を見つめ、つまづきながらも、自分に合った靴=生き方を見つけてゆく…。

詳細情報

原題
In Her Shoes
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2005
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-05-02 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

イン・ハー・シューズの評価・レビュー

3.5
観た人
18523
観たい人
8116
  • 3.9

    HinakoTadakiさん2021/10/17 13:34

    えなぜか泣いてしまった~~居場所のないギャルの子が老人ホームのおばあちゃんおじいちゃんたちに好かれる感じはなんとなく分かるし良い子ぶらずに自分を貫くマギーにもなんか好感持てるな~
    ローズとマギーの姉妹の違いと関係性もリアルだしおばあちゃんたちに囲まれるふたりも可愛いな~
    わがままだとしても自分の意志を貫くことは大事だな
    サイモンが優しすぎて出てくるたびにうるうる来た
    ただ、登場人物が多すぎるかな~ もっと絞ったほうが分かりやすいかも

  • 3.8

    ibouさん2021/10/16 15:09

    よくよく考えてみたら…
    もしかして私ってキャメロンディアス様に
    人生救われてるのではないだろうか。
    本当に。

    お姉さんと恋人の、あかりを付けたり消したりシーン大好きです。

    主人公の成長ぶりも好きです。

    人の靴を羨んだり借りたりせずに、
    自分と向き合って、好みとサイズがぴったりの靴を確固たる信念で探すのです。
    探しにいこ^_^

  • 1.5

    ナカノカナさん2021/10/13 01:13


    In her shoes 彼女の気持ちになって

    もっとファッショナブルでライトな映画かと思ってたので、かなり疲れた。笑

    個人的にグッドウィルハンティングの女版って感じ。

    原作はもっといいという話を聞いたので、さっそくポチりました。笑
    靴クローゼットも羨ましいけど、書斎で本棚に囲まれたいな〜〜〜!

  • 3.0

    Moetさん2021/10/09 16:26

    誰しもコンプレックスを抱えて生きている。自分に持ってないものを持ってるあの子だってどこかで苦しんでいて、それは彼女の立場になってみないとわからないの。

    In Her Shoesってタイトルもアイテムとしての靴の使い方も、ものすごく気が利いていて良い。

    ローズの結婚式でマギーが美しい詩をすらすらと読むシーンが優しさに溢れていて好き

    ドレスアップするおばあちゃんたち愛おしいよ、わたしも歳を取ってもこんなふうに素敵でいたい!

  • 3.6

    yさん2021/10/03 19:37

    前情報なしで鑑賞。
    キャメロンディアスの出演とポスターの印象からラブコメかな〜と思っていたが、ハートフルストーリーだった。
    最初のクズっぷりは最低だったけど、どんどん成長していく姿を見届けられて良かった。

    優しいお話。
    特に教授の言葉は心に沁みました。

  • 3.6

    cuummaさん2021/09/30 21:04

    やんちゃで問題ばかり起こすけれど、やっぱり妹をかばってしまう姉。そんな仲良し姉妹とおばあちゃんのヒューマンドラマ。

    観ていて、微笑ましくなります。

  • 3.5

    orangeloopさん2021/09/23 21:42

    キャメロン・ディアスの魅力がいっぱい
    フロリダに着いた時のコンバースが可愛いかった
    シャーベット色の服に大満足🌅

    ずっと喧嘩してるローズとマギー
    死んだと聞かされていた祖母との再会
    かなりややこしい家族
    みんな物凄くギクシャクしてる
    だけどこんな感じだと自分の家族をみても思う
    妹がいるのですが真逆で自分が完全アウト
    妹のほうがよく勉強してた
    だから弁護士のローズに感情移入することはできないけど
    きっとこんな感じ

    詩はゆっくり読むものだと
    目の見えない教授が
    マギーの心の声に目を向けさせくれる
    このくだりは涙が出た
    何回かこのシーンがあったのは嬉しかった💚
    名もない人が救いの手を差しのべてくれる
    たどたどしい読み方に感傷的になれる
    教授に読むように渡された一冊の詩集


    One Art
    - Bishop Elizabeth

    失うことの術を覚えるのは難しくない
    あまりに多くのものが失われるため
    そこに存在する
    だからたとえ それらの物がなくなっても
    不幸ではない

    人は 毎日何かを失っている
    ドアの鍵を失くしても
    慌てない

    失うことの術を覚えるのは難しくない



    9年前の「真夏の出来事」のキャメロン・ディアスも
    曲線美だったけど
    そのまま健在でした
    手癖が悪いけど綺麗なのは間違いない
    盗んだルーファスの目が落っこちゃいそうです
    色々失くして心折れながら
    ちょっと努力している
    そこで何かを見つけてた
    なんか泣けた!大好きな映画

    日々失なうこと
    ドアの鍵を失くすことの
    訳を色々読んでみた

    今いる場所も自分の名前
    旅の行先さえも
    毎日失くしてる

    愛しいと想うものさえ

    失ったとしても
    私は自分にウソをついてはいけない
    失うこと
    たとえそれが
    恐怖として襲ってきたとしても
    扉を蹴り破れる


    ――より遠くに

  • 5.0

    hyocoさん2021/09/19 02:56

    「なんだ女のためのファッションムービーかよ」みたいな、そんなムードの映画じゃないんだ、これは。
    自分の先入観と思い込みを見事に覆してくれた。

    ひどいことする人間は、家族から縁を切られても仕方がないでしょ?
    アバズレだからまともな仕事につけないなんて当たり前でしょ?
    その人生は、全部自分の責任でしょ?

    なんて、"自己責任論" の強い風潮がある中で、ぜひ観て欲しい映画だな。
    優しくてラストは涙が込み上げてくるよ。

  • 4.0

    ふさん2021/09/14 21:17

    マギーと同じで当たり前のことがうまくできなかった経験が沢山あるから、オーディションのシーンや「本を読んで」と頼まれるシーンのマギーの気持ちが痛いほどわかって辛くなった。
    だからこそ、元教授のおじいちゃんの「詩はゆっくり読むもの」っていう言葉がものすごく心に沁みた。「ゆっくりでいい」じゃなくて「ゆっくりがいい」と、欠点だと思っているところを長所と捉えてもらえるのって本当に救われた気持ちになるから、自分にも他人にもこういう考え方ができるようになりたいなぁ
     
    福祉センターの女王蜂おばあちゃん集団、めちゃめちゃ人生楽しそうであんな風に晩年を過ごしたいよ〜🐝

  • −−

    しゅおんさん2021/09/12 12:48

    あまりに姉がいたたまれなかったけど

    妹にも事情があって

    そこで立ち直れてよかった

    やっぱり姉妹

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す