お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エンジェル ウォーズ

G
  • 字幕

『300』のザック・スナイダー監督が放つ異次元アクション! 少女たちの自由をかけた冒険活劇を描く。

義父の陰謀によって、精神病棟へと収容された少女・ベイビードール。過酷な監禁生活を強いられた彼女は、辛い現実から逃がれるように、みずからが作り上げた空想世界にひたるようになる。しかしこの現状を打破しようと立ち上がったベイビードールは、4人の仲間たちとともに、自由を勝ち取るべく、空想世界で巨大モンスターと死闘を繰り広げていく。

詳細情報

原題
SUCKER PUNCH
関連情報
製作:ザック・スナイダー 原案:ザック・スナイダー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-05-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

エンジェル ウォーズの評価・レビュー

3.1
観た人
8975
観たい人
2986
  • 2.5

    Shunさん2021/09/20 11:06

    ヴァネッサ目当てで見たけど何だこれめちゃめちゃ楽しいじゃん。

    もっと過激でエッチなやつかと思ってたらそうあるはずのシーンがハチャメチャとんでもアクションでした。
    しかもアクションシーン、無駄に迫力あってかっこいい笑

    こういう映画ってどういう気持ちで作るんだろう、、

    ヴァネッサはかわいい

  • 3.0

    大福母さん2021/09/19 14:31

    ベイビードール(エミリー・ブラウニング)がただひたすら可愛い映画。
    現実と妄想がごっちゃになるけど、映像はいいし監督の日本贔屓な感じも面白い。

  • 4.0

    さっさんDさん2021/09/18 06:12

    #294 『エンジェル ウォーズ』
    ※再鑑賞

    ザック・スナイダーの世界観って唯一無二。
    冒頭、スローであらすじを見せる手法は
    2010年代の映画界に革命をもたらしたと思う!

    映像革命ということではポスト:ザックはドゥニ・ヴィルヌーブかな🤔

    精神病棟に入院中の少女の妄想を、
    壮大なスペクタル映像で魅せきる手腕はさすが🎉

    妄想に入る度どんな冒険をするのか気になるゲーム的作品です🙆‍♂️

  • 3.2

    yomiさん2021/09/11 18:08

    ブロンドでヘソ出しセーラー服という、自分では絶対にセレクトしないVisualだったのだがオススメされて鑑賞。戦闘シーン山盛りで厨二病の魂に染み渡る。音楽とスローモーションな映像は癖になるかも。ラストはあれは救われたのかどうなのか、考察を読みまくりたくなった。

  • 3.6

    Peiさん2021/09/07 23:35


    絵面がはっちゃけているので一見楽観的なものに見えてしまうけれど、ベースのお話はとてもヘビー。
    母親と妹の死、精神疾患者に対する性的暴行、医学的な時代背景などなど…
    そんなエグい現状から逃げようと、ベイビードールは別の世界を妄想する。そこからさらに繰り広げられるSF、ファンタジーの世界があるので、3つの世界が混在していて複雑。
    この演出は面白いけれど、妄想の戦闘シーンが現実世界とあまりにかけ離れているので、混乱しやすい。日本好きなんだなと思わせるミニスカセーラーでバッサバッサ敵を倒すシーンは、ベイビードールの妄想ではなくて監督の妄想。ここがちょっとどうかな、と思うけどそんなこと知ったこっちゃないんでしょう。ベースはシリアスなのに振り切るところは全力なので、もはやこれでいいんだろうな…最初日本家屋が出てきたところで笑ってしまった。
    何かに縛られず、自分が良いと思うものを想像し、自分を保つ。オタク特有の思想ではあるけれど、時にそれは武器となり、生きていく糧となる。
    スイートピーを脱出する主役とし、自分は彼女を守る脇役と設定すれば、それは自分が生きた意味となる。理解はできるけれど、それをするにはあまりに残酷だよと思ってしまい切なくなる。

    アクションのタメツメが気持ちいい。くどいくらいに見せてくれる。この監督は毎度むちゃくちゃなアクションをやるけれどカッコいい。エフェクトも惜しみないし。流石の映像でした。
    映像と裏腹になかなかに強いメッセージと脚本があり楽しめた。
    邦題のエンジェルウォーズ、これ全然ストーリーの趣旨分からなくなるのでほんとこういうのやめてほしい。原題でいいよ。

  • 4.1

    たけのこさん2021/09/07 18:47

    おーこれマンオブスティールとかのザック・スナイダーなのね。どうりでなかなか気合の入ったアクションです。
    というかこのアクションは最高峰と言ってもいいのでは。かなり気合が入ってるし、シチュエーションも多彩。撮り方も非常に面白い。流石のザック・スナイダー監督。

    お話はお伽話のようで捉えどころがないし、スッキリもしない。アクションはカッコイイものの想像の世界で意義はない。あ、あとかなり大きいのがこのダサい邦題。

    その辺が相まって微妙にB級っぽさが出てしまうんだけど、アクションがあまりにも超A級なので逆に居心地が悪い感じです(笑

    存外に楽しかったけれど、これが「存外に」と思わせてしまう非常に惜しい作品でありました。イイ作品なんだけどなぁ。

  • 3.4

    AQUAさん2021/09/07 17:50

    主人公のベイビードールは遺産を相続したことにより継父に妹を殺され、罪を着せられ精神病院に入れられてしまう、継父は看護士に金を掴ませロボトミー手術を受けさせようとするが、その瞬間、ベイビードールは別の世界で覚醒する。

    今作の見所はザック・スナイダー節によるエミリー・ブラウニング達のアクションシーン(300とかのスローモーションによるアクション)と脱出の為のミッションの成否。時間も場所も関係なく何と闘うのかをまさに視点を変えて描いた作品だと思います。

    考えるより慣れろってやつですね

    タイトルの天使要素は全くないのであしからず

    映画.com参照
    「300 スリーハンドレッド」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が描くアクションファンタジー。精神病棟に閉じ込められた少女が、現実から逃避するためにつくり出した鮮烈なバーチャル世界で、仲間たちと自由を勝ち取るための戦いに身を投じていく姿を描く。エミリー・ブラウニング、ジェナ・マローン、バネッサ・ハジェンズ、アビー・コーニッシュ、ジェイミー・チャンら若手女優が豪華出演。

    エンジェル ウォーズ
    Sucker Punch
    2011/アメリカ
    配給:ワーナー・ブラザース映画

  • 3.8

    ウィンプスハンターさん2021/09/02 20:50

    ザック・スナイダーの趣味と性癖丸出し!

    公開当時観に行って『なんだこれ!』と言う印象しか持たなかったと言う記憶しか残ってませんでした。

    で、それ以来に見返してみたらやっぱり『なんだこれ!』でした(笑)

    ここ最近ザック・スナイダー作品を良く見返して見てましたが、
    いやぁ中でも相当ブッ飛んでますね(笑)

    何かもう『俺はこれが撮りたいんじゃああ!』と言う映像のオンパレード。
    セーラー服!美少女!
    拳銃!刀!
    侍!ドラゴン!
    と言う要素だけ詰め込むだけ詰め込んで、
    そこにストーリー繋げたような映画。
    ゲームをプレイしてる気分になります。
    うん、もう褒め言葉ですよ、こりゃ(笑)

    精神病院に送り込まれた美少女

    次のシーンで急に売春宿

    ダンスする美少女

    目を開けると侍と戦う事に。


    ? ?
    ???
    書いててわけわかんないですがマジでこんな展開なので(笑)

    まぁとにかくキャストが皆美人ばかり。
    そりゃ文句も言えねぇぜ!

    のわりに中々意味深な終わり方をするのもまた面白いです。

    にしても邦題ダサいよなぁ…

  • 3.5

    みずきさん2021/08/31 22:09

    金髪とぷるぷるのくちびるに惹かれて見た……思ってたのと違うわ。
    世界観が好き!

    ダンサー・イン・ザ・ダークとパンズ・ラビリンスを彷彿とさせる作品。最初の曲ビョークだよな!歌から空想の世界に入るしさ。ダークファンタジーなのかな。お色気シーンあると思ってたけど間違いだった。

    導入の空想世界に入ったときビックリしたわ。え?ってなる、解説してくれるけど。

  • 3.8

    孤独の映画好きさん2021/08/10 15:17

    めっちゃ良かった!!
    ザック・スナイダー監督によるSFアクション超大作…ってことで観たけど凄く重い…。
    アクションは抜かりないし、厨二心くすぐる。
    その上で重くて感動できるドラマがあった。

    空想の世界はSFアクション!!
    世界観が本当にドストライク!
    設定、ビジュアル、綺麗なCGとアクション全部最高。
    どのシーンを取ってもカッコイイ!!
    薄暗い雰囲気やスローモーションといったザック・スナイダー監督の得意技も全編に活かされてた。

    現実の世界は重いドラマ…。
    もの凄く暗い不幸な物語で、その中で泣けるドラマがあって本当に感動した。
    ラストも余韻があるし、メッセージ性もあった。

    明るさや楽しさは 空想↔現実
    だけど現実が空想に反映されてて面白い。
    空想、現実どちらも世界観に合った音楽が映像を引き立たせてて良かった。
    ただのアクション映画でもただのドラマ映画でもない最高の映画だった!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す