お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

預言者

G
  • 字幕

第62回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。フランス全土を震わせた、フィルム・ノワールの最高傑作!

無学で身寄りのない19歳のアラブ系青年マリクは傷害罪で禁固6年の判決を受ける。送られた中央刑務所の中は様々な民族や宗教が入り混り対立し合うモザイクの様相を呈していた。ある日、マリクは刑務所内の最大勢力であるマフィアのボスから囚人の1人を殺すよう依頼されるが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

預言者の評価・レビュー

3.7
観た人
1259
観たい人
1705
  • 4.0

    桂日之石さん2021/09/18 19:55

    朱に交われば赤くなるというけれど、周りが悪いやつだらけで関わりを持たざるを得ない状況にあれば、人間というのは否応なしに影響を受けるものなのだろう #UnProphète

  • 3.5

    Johnsteedさん2021/09/12 16:08

    刑務所内での勢力図
    チャプター形式のようにポイント、ポイントで人物や出来事をタイトル形式に出してわかりやすい作り
    フランスでの移民差別とかの点も盛り込まれてて非常に丁寧なつくりの映画でした。

  • 4.0

    tamita3さん2021/09/01 09:52

    カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した本作。

    刑務所映画かと思っていましたが、近年稀に見る犯罪映画でした。

    6年の刑で服役した無学で孤独なアラブ系青年マリク。
    しかし刑務所内は犯罪組織の大物セザール率いるコルシカ系の囚人が支配し刑務官も手懐けていた。
    コルシカ系とアラブ系の対立という構図が浮かび上がり、マリクはセザールの指示で序盤から最大のピンチを迎える事になる

    マリクはセザールの指示に従い、アラブ人ながらコルシカ系勢力のセザールに認められ仲間になる。

    マリクはセザールから犯罪知識を、刑務所がらは勉学を真面目に学ぶ。

    マリクの背後にセザールがいるので他の囚人は手を出す事ができなくなる。

    マリクは密かにアラブ人に親友を作り、アラブ系とコルシカ系の問題を上手く対処していくのであった。

    刑務所内で犯罪組織の大物に成り上がるのは新鮮でしたね。

    淡々と描かれて、リアリティが凄まじく余計な描写が一切ない。
    他の犯罪映画とは一線を画す傑作です。


  • 3.0

    ルーさん2021/08/22 18:41

    思っていたのと少し違った!もっと主人公マリクの多方面での成長(?)が観られるかと思ったけど、一部分だけだった。学び続けているんだろうけど、どれくらい物事を知らないのかや、どのように知識を増やしていくのかをもう少し観たかった。
    一方で仕事の方はセザールのもとで要領よく学んでいく。忠誠を誓うわけではなく、学べることだけ学んでっていう感じで、うまいことやってるな〜という印象だった。

    マリク役のタハール・ラヒムの演技がよかった。この人、『消えた声が、その名を呼ぶ』でも主演してたんだ。あの映画もすごかったな…感情が常にぐらぐらして安定しない、難しい映画だった。

    雪が降ったら雪合戦する囚人たちがかわいかった(笑)

  • 3.6

    icemanさん2021/08/13 14:48

    モキュメンタリーチックなフランスの長編。

    閉ざされた牢獄に、そのストレスの捌け口は誰に、そして何処へ向かうのか…

    仲間に入りたく無くとも、この場所であるが故のクズ集団の掟、それは非情にも生き延びる術と言うべきか…

    選択肢は無い…
    深みに嵌り理性は吹き飛び感情は暴走する。

    ゴッドファーザー以来のインパクト…
    その生々しさは途中棄権も考える程…

    若造の顔つきは、ラストに一変するのです…

  • 3.9

    シネマドリンクさん2021/08/10 07:52

    預言者

    🇫🇷フランス?
    6年の服役する事になった19歳主人公のマリク。刑務所の派閥の中で生きていくのは難しい。ゲイ、恐喝、脅し、殺しの依頼などを経て刑務所で成り上がっていく!

    ◉78D点。
    🌀なんか地味にリアル感ある成り上がり映画。主人公の前半と後半の表情の違いが良い。


    🟡見所5!
    1️⃣刑務所内での圧倒的な上下関係がヤバい!
    2️⃣本当に地道なゆっくりとした成り上がり◎
    3️⃣フランスは刑務所内でもフランスパン🥖
    4️⃣立場が逆転する時の地味な描写が⭕️
    5️⃣なんか好き!ナイス👍な終演。


  • 3.8

    303030さん2021/08/08 18:37

    終始霧がかかったようなモヤモヤした展開。生々しい視点。
    霊が見えなくなる事がそうした鬱屈したところからの脱却表現。
    相棒との友情はよかった。

  • 3.9

    みんとさん2021/08/01 13:27

    なんだかスピリチュアルなタイトルが違和感でしかない今作。
    刑務所ものイコール脱獄って刷り込まれてた分、意表を突かれる物凄いお話だった。

    同監督作品は『ゴールデン・リバー』『リード・マイ・リップス』(コチラは今一歩ハマりきれず未レビュー)と3作目だけれどコレは面白かった。

    レビューで目にする『ゴッドファーザー』感は、ストーリーはもとよりエンドロールで流れる重厚且つ沁みる音楽による所も大きいのかも。

    19歳のいわゆる若造が頭脳と豪胆さでのし上がる、言葉にするとありがちなんだけど、何せ描き方が物凄い!抉さ!生々しさがとんでもない。
    とりわけ序盤、アレを口に隠し持つシーンは見ていられなかった。とてもじゃないけど有り得ないし痛すぎる!

    主人公を演じたタハール・ラヒムの良くも悪くもフレッシュさ、若者らしさをビシビシ感じる。それが頗る魅力的でもある。
    今作がデビュー作と後で知って更に驚き。

    赤ちゃんに見せる優しい表情、ひととき漂う穏やかな時間からガラッと一変する緊張感。クライマックスに至っては呼吸する事すら忘れるくらい尋常じゃない緊迫感だった。

    多少ついて行けないシーンを差し引いても凄まじく見応えのある作品だった。
    通してキレのある演技とキレのある映像?そして語弊があるかもだけど、カッコ良い作品だった。

    ただ、やっぱりタイトルの違和感。

  • 3.5

    rmhチョコがけさん2021/07/31 10:42

    これ好きだな。
    主演の役者さんが良いね〜…

    マリクは11歳までしか学校に通っていない孤児で、良く言えば何も知らないピュアな青年。
    そんな彼が傷害罪で6年間に入所しなければならなくなった刑務所で、計算なしでどんどんのし上がって行く姿が面白かった。

    ピュアさ故に、できたことかな。

    タイトルの"預言者"の使い方が若干甘いけど、面白かった。
    あと中途半端な映像加工が気になったが…
    主演の役者さんの演技で帳消し! https://pedia.watcha.com/ja-JP/comments/8n92VoyrxoMAJ

  • −−

    appleraichさん2021/07/04 22:30

    【世界シネマ大事典】ミレニアム後のフランス映画
    【みんなのシネマレビュー】平均5.7点/7人 https://www.jtnews.jp/cgi-bin/sf_rev.cgi?T=20255

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す