お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シークレット・パーティー

G
  • 字幕

キアヌ・リーヴス主演、クライム・ムービー!!

舞台はニューヨーク。コールガールのヴァイオレット(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)とミア(アデレイド・クレメンス)のドライバーをするジョン(キアヌ・リーヴス)は、ある時ビデオカメラを盗み、街を撮影していた。被写体を求め、ヴァイオレットとミアの元へ。はじめは戸惑っていたが、少しずつ自分のことを話し始める2人。レンズ越しに、等身大の女の姿があらわになる。そして2人は、男達が集まるホテルの一室へ消えていき…。

詳細情報

公開終了日
2022-02-28 23:59:59
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-05-30 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

シークレット・パーティーの評価・レビュー

2.3
観た人
472
観たい人
220
  • 2.4

    Atzさん2021/10/14 23:58

    ほぼ何もない日常。

    面白くないと言えないけど、面白いとも言えない。公園で撮影しているシーン好き。

    キアヌ・リーブスの名前や邦タイトルに期待して見てはいけない。

  • −−

    miaさん2021/07/26 00:31


    【記録用】 キキキキキキキキキアヌ?!こんな(失礼)変わった映画にお出ましを・・・?
    かの有名な『パパラッチのカメラを奪って走るキアヌ』の画像は実際はこれだったんですね😳
    って所まで鑑賞。多分続きは鑑賞しないです、、なんかネタバレ一応読んでも再び観たいとは思わなかった、、、


  • 2.0

    赤一族さん2021/07/17 16:19

    良く何かわからない映画。キアヌ・リーブス主演で、思わせ振りなタイトルなのだが。最初から最後まで、淡々と物語は進み、退屈だなぁと思って見てるうちに終わる。

  • 3.2

    スカイラーさん2021/07/14 20:16

    雰囲気は悪くないけど、特に何も起こらないシーンが多い。
    つまらないのだが、観てみるとものすごく悪いってわけでもない。キアヌがこの役をやりたいと思った理由は何なんだろう。

  • 1.5

    茱萸さん2021/05/05 13:12

    全体的に画が汚いし下品。その感じが別に作品の味やメッセージになってるわけでもない。
    ジョンは何がしたいのか分からんし、この映画自体何が言いたいのか不明。
    これが2010年代の映画とは信じられない(悪い意味で)

  • −−

    mekさん2021/02/21 20:05

    有名(?)な"キアヌがパパラッチからカメラを奪って逃走する画像"、実はこの映画のワンシーン、それがみたくて鑑賞(動機)

    コールガールとその運転手のおはなし。

    キアヌがベンチに座ってカップケーキをもっさもっさ食べるシーン、カメラを盗んで走るシーン(手足がなげぇーーーーーー)
    良かったです。
    エンドロールもすき

  • 2.5

    すずきりさん2020/09/25 12:39

    コールガール2人とその運転手。
    その生き様をビデオカメラを通して映す。

    カメラを通してその人の別の面が見える、というのは分かるけど、何かを映そうとして何も映らなかった。こういう映画って作るの難しいんだなぁとつくづく思った。

    そんなことより!
    一時話題になってたキアヌがパパラッチからカメラ奪うやつ!
    この映画のシーンじゃん!
    なによりそれが面白かったわ!

  • 2.9

    lalalalabombaさん2020/09/11 15:36

    『女霊館』というヘンテコなホラーを観てその映画に出演していた女優の出演作を眺めてたらなんだか面白そうな気がして観てみた。

    ショップに行かなくてもレンタルできるなんて便利な世の中だ。

    キアヌリーブスのような有名どころが出ているというだけのインディーズ映画。

    出来損ないの『ストレンジャーザンパラダイス』

    監督は所謂映像派なんだろう、時々ハッとするアーティスティックな映像があったがその映像だけでは保たせることもできなかった。

    よっぽど気分が良くて腹も減っておらず満腹でもない時、快適な季節、快適な時間に鑑賞したら3点以上つけたかもしれない。

    パンツ姿でソファにひっくり返っているだけで絵になるんだから女優とは大したものだ。

  • 4.9

    sakanaさん2020/09/03 06:06


    なんともないのに、ずっと見ていられる。
    NYの日常風景のなかに、コールガールとして働くヴァイオレットとミアの生活があって、ドライバーのジョンがビデオカメラで撮影していくうちに段々と見えてくるものがあった。

    「俺は魚の釣り方を知らない」
    何事にも基本があって、それを知らなきゃどうしようもないこともある。友情に基本なんてものはないけど、ジョンが2人に「友達」の定義を問い、最後は2人がジョンにそれを問いかけた。「この関係だ」って言えるジョン、ヴァイオレット、ミアの関係性がすごく素敵で感動した。

    なによりすごいのは、映画とは思えないほどの独特なカメラワーク。映像の一コマ一コマが情緒的で、何の変哲もない壁すらもなにかを物語っているかのような表現。ズームが多くて、物事を間近に観察しているジョンの心境と重ねて見ることができた。

    いや〜なんかすきだなあ、友情をこんなにも鮮明にうつしだせちゃうのって、すごい。ていうかもうね、冒頭からすき。ヴァイオレットとミアの"shit"のリズミカルな連呼wwww何回みても笑える、仲良すぎ。

  • 3.5

    もっちゃさん2020/09/01 02:09

    なんて言うかちょっと分かりづらい感じの内容だったかな💦

    流し見で見たからそんなに内容覚えてないけど
    お下品💦

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました