お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

愛に翼を

G
  • 字幕

全米の批評家が絶賛した、美しい映像で綴られた心に深く訴える感動作品。

心を閉ざしたふたりに少年が勇気と希望を運んだ忘れられないある夏の日々。 夏休み。内気な少年ウィラードは、田舎町に住む母の古い友人リリー(メラニー・グリフィス)の家に預けられる。リリーと夫のベン(ドン・ジョンソン)の間には、辛い過去のために深い溝ができていた。傷口に触れることを避け、心を閉ざし続けていたふたりの冷めた生活に、幼いウィラードの滞在は徐々に変化をもたらした。当時トップスター・カップルだったメラニー・グリフィスとドン・ジョンソンが初共演。

詳細情報

原題
PARADISE
関連情報
製作:スコット・クルーフ,パトリック・J・パーマー 音楽:デヴィッド・ニューマン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1992
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-06-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

愛に翼をの評価・レビュー

3.2
観た人
73
観たい人
57
  • 4.4

    akrutmさん2020/12/30 02:12

    ある悲劇のせいで心を通わせることのできない夫婦と、帰ってこない父親を待ち続ける少年が、夏休みの交流を通じてお互いの困難を克服していく様子を描いた、メアリー・アグネス・ドナヒュー監督のハートフルドラマ映画。ジャン=ルー・ユペール監督の映画『フランスの思い出』のリメイクであり、当時実際の夫婦だったドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスが田舎町に暮らす夫婦を、その夫婦にあずけられる少年をイライジャ・ウッドが演じている。

    『特捜刑事マイアミ・バイス』や『刑事ナッシュ・ブリッジス』で個人的には大好きなドン・ジョンソンの数少ない主演映画ということで鑑賞したが、とてもとても心に染みる掘り出し物の映画であった。ストーリー的にこうなることはわかっているとはいえ、なかなか感動的である(歳をとって涙腺が弱くなったせいもある)し、お互いに父親に会えない寂しさを抱える少年と隣の家に住む少女が心を通わせていく様子も印象に残る。元のフランス映画は未鑑賞であるが、アメリカ的スケールの大自然の中でのアメリカ的おおらかさが良く似合う脚本なのかもしれない。

    もちろん、出演者たちの演技に依るところも大きいであろう。ドン・ジョンソンは刑事役とは違ったキャラを好演していて好感が持てる。この頃は、マイアミ・バイスが終わって映画に主軸を移そうとしていたことを考えると、とても良い役だと思うのだが、世間的にはあまり評価されなかったようなのが、実に残念である。でも、映画での仕事があまり成功しなかったことでナッシュ・ブリッジスが誕生したことを考えると、ちょっと複雑な気持ちであるが。そして、傷ついたまま、夫に心を開くことが出来なくなってしまった妻を演じるメラニー・グリフィスの迫真の演技がこれまた素晴らしいし、魅力的である。もちろん映画と現実が異なることはわかっているが、こんないい夫婦が実生活では別れてしまったのは残念でならない。

    少年・少女を演じた子役のイライジャ・ウッドとソーラ・バーチの演技も秀逸だった。少年ウィラードなしに本映画は成立しないので、これだけの演技ができる子役が選ばれたのは当然であるが、ソーラ・バーチのちょっと変わり者の少女の演技も、本作にさらなる味わいをもたらしている。

    心が温かくなる映画を見たいときにおすすめである。

  • 3.3

    犬さん2019/07/25 19:20

    ミシン

    子供をなくした夫婦と少年の一夏のふれあいを描く
    フランス映画のアメリカ版リメイク

    家族
    子どもというもの

    過去に何があったのか

    雰囲気良い
    2人の大冒険もあり

    イライジャ・ウッドが幼いです

  • 2.0

    hideharuさん2018/07/11 04:30

    2018.6.4 DVDで再見。
    日本劇場公開時には映画館で鑑賞。
    大好きな「フランスの思い出」はアメリカでもそこそこヒットしたらしく、アメリカを舞台にリメイクされた。

    夫婦役に当時本当に夫婦だったメラニーグリフィスとドンジョンソン、この2人にひと夏の間預けられるとこになる少年にイライジャウッド、近所の女の子にソーラバーチとかなりの力の入れようでしてがオリジナルの足元にも及ばない出来でした。

    舞台となる時代を現代(撮影当時の)にしたがあまり良くなかった気がします。なんだか全てがイマイチな感じです。

    ソーラバーチがラスト近くで出会うバアさんに全然必要性を感じない無駄なエピソードを付け加えるならもっとイライジャウッドとソーラバーチの友情を深く描けよって思う。

    アメリカだからデカイ車が普通に家にあって雰囲気台無し。
    やはりこの物語は戦後間もない時代のフランスの片田舎だからこそ成立したのかも。

    リメイクとして見なかったどうかと想像してもやはりそれほどいい映画ではないと思う。

  • 2.6

    のんさん2016/01/12 20:26



    D・ジョンソンとM・グリフィスが夫婦で共演している。

    少年のひと夏の成長と彼の周りの人たちの心の交流~再生のおはなし。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す