お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

雲霧仁左衛門

G

池波正太郎原作による小説を鬼才・五社英雄監督が豪華キャストを迎え映画化した娯楽時代劇。

享保7年(1722)の江戸。怪盗・雲霧仁左衛門率いる盗賊団が相次いで豪商を狙う事件が頻発する。幕府の火付盗賊改メ長官安部式部は、捜査に全力を傾けるが手がかりはつかめない。やがて雲霧は、最後の仕事に尾張の呉服商・松屋を狙う。一方、式部も一味の企みを探知し尾張へ急行する。松屋襲撃の日、ついに雲霧一味対火盗改メ方の執念の激闘が切っておとされる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1986
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-06-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

雲霧仁左衛門の評価・レビュー

3.3
観た人
167
観たい人
103
  • 1.0

    tookーoさん2020/07/10 16:41

    凄まじいばかりの豪華キャスト揃い‼️同監督作品「十手舞」を、公開時観てあまりのエキセントリックな時代劇に、これが日本の実力派監督⁉️ッと、邦画はどうも…ッと思い知らされた。
    34年後この「雲霧…」見たがどうも私には、この演出肌に合わん。
    それにしても、映画会社枠を越えた出演者には、驚き成田三樹夫さん川谷拓三さん…懐かしい顔です(…で1.0)

  • 2.5

    mitakosamaさん2020/06/28 11:58

    スカパーにて。池波正太郎原作の時代劇で雲霧仁左衛門という実在したのかよくわからん盗賊を描いた物語。
    原作では貧乏人から盗まず・殺さず・犯さずを旨とする盗賊段雲霧一家と、火盗改めの安倍式部の頭脳戦が楽しめる話らしい。

    だが五社英雄にかかれば、こまけー事は良いんだよ!の精神。娯楽とはセックス&バイオレンスだぜ!と真逆に振り切ってる。

    お陰でなんだかよくわからん話になってる。

    冒頭、別の盗賊段の押し込み強盗で殺し犯しの暴虐が行われ、火盗改めと与力が乗り込む。その混乱に乗じて泥棒の上前を横取りする雲霧一家。
    切ったはったの血塗れのチャンバラにオッパイのサービスカット。
    馬が木戸を突き破ったり、銅の防具ごと袈裟斬りにしたり、固さの概念がないのかな?とにかく不穏なオープニングに色んな意味で鳥肌たつぜぇ。

    雲霧一家は、雲霧仁左衛門に仲代達矢。
    七化けのお千代(岩下志麻)、木鼠吉五郎(長門)、因果小僧六之助(あおい輝彦)、黒塚のお松(倍賞美津子)、州走りの熊五郎(夏八木)、山猫三次(川谷拓三)
    一々通り名が面白い。

    雲霧一家は社会に溶け込み盗む先に潜入して、準備万端で盗みに入る。
    七化けのお千代は丹波哲郎演じる商人に色仕掛けで近づき嫁入りし犯行に及ぶ。色仕掛けと言っても岩下志麻はダブルボディで本人は脱がないが。

    火盗改めの安部式部が先代の染五郎(幸四郎)で今の松本白鸚。イケメン。

    雲霧は実は元尾張藩で無実の罪で追われた
    過去がある。
    しかしそれと盗賊活動の繋がりが良くわからん。別に復讐の為の資金集めでも無いだろうし(実際ラストで単身殴り込むし)
    更に雲霧の部下が何故盗賊活動に仁義を通しているのかも良くわからん。別に義賊なわけでも無いもんな。部下の義侠心の理由がないよ。

    そもそも殺さずの雲霧一家だが、結構殺す。任務のために与力なら斬っても良いんか?
    あと雲霧がストリップ小屋を営んでいたり、人質交換が湯屋だったり、オッパイのサービスカットを無理やり入れすぎ(笑)

    組織は壊滅状態になるが、雲霧は最後の意地か尾張藩に乗り込み大立ち回り。
    ラストバトルなのに、因縁の相手の安部式部とは絡まず。何故だ?絶対ダメじゃん!

    やはり娯楽に振り切る方向が思いっきり間違えたんじゃなかろうか?

  • 3.5

    てつじさん2020/05/14 14:41

    七化けのお千代の濃厚な骨抜き艶技の妖艶さ。岩下志麻の圧倒的な演技のスキルが、雲霧一味の人間描写に奥行きを広げて深みを増している。芸達者な倍賞美津子、宮下順子、松坂慶子が束になっても岩下志麻には敵わない。

  • 4.6

    リックランさん2020/01/27 23:14

    凄い!仲代達也の立回りカッコイイ。この時代の日本刀のリアルな所作からくる立回りを観ちゃうと今のカンフーみたいな、つるぎの舞はナンなんだ?!

  • 2.8

    上海十月さん2019/08/14 02:21

    オープニングクレジットで木下大サーカスの綱渡りストップモーションシーン2ショットで嫌な予感。オープニングが今ひとつだとこの長丁場は、持たない。前半岩下志麻姉御の色気と殺しで持たせるが岩下志麻姉御に脱ぐのは気の毒で替え玉。五社英雄の岩下志麻愛のせいだろうか。予告編での松坂慶子の顔が色っぽくて観に行きたいと思って行けなかった。松坂慶子は、後半のほんのさわりだった。肩だけ出してたけど。殺陣は、残虐で延々と続き、雲霧仁左衛門のトリックがあまり描かれない。雲霧一家は、殺しが御法度なのに、結構殺してますね。フジテレビ辞めた後なので跡がないので下世話なエンタメにしたのかもしれない。大雑把な映画見せられた感じですかね。

  • 3.5

    Funさん2019/07/14 17:06

    男の生き様を気高く美しくエンターテイメントに昇華した作品。全てのシーンが映像として完璧に計算され尽くした見る者を魅せる作品となっている。
    当初ミスマッチにも思えた緊迫場面の音楽が、作品の進行と共に、鳴り出すとこちらの緊張感も一気に高まる抜群のBGMとなつていた。
    朱色の血糊は綺麗だが、もっとリアルな血飛沫を表現したら、立ち回り場面にもっと凄惨な美を感じられたのではないかと残念。
    あと、濡れ場がいかにも吹き替えで、少し冷めたかな。
    途中「ストーリーがよく分からないがまあいいか」と思ったが、最後で全てを解き明かしてくれて、消化不良にはならなかった。
    あ、一点あり。チヨのその後とお頭への愛はどうなったのか?

  • 2.7

    ベニーユキーデさん2019/05/25 00:13

    仲代達矢はかっけえんだけど、あいつの私怨の為に何人道連れにしてんだよ。いや恨むのは当然だけど部下達関係ないじゃん。

    原作はもっと知略、策略らしいけど血みどろの殺し合いメインでどこに知略があったのか分からない。

    そしてやっぱ長い。もっと短く出来ただろ。

  • 4.0

    1SSEIさん2019/01/25 10:49

    大盗賊雲霧仁左衛門一味VS火付盗賊改
    大チャンバラあり、大金持ちから金を奪うチーム強奪ものでもあり、男たちの執念の逃走劇・追跡劇でもあり、血しぶきあり、濡れ場あり…

    とにかく客を楽しませることを第一にした五社英雄作品が本当に大好きで楽しい
    時に物理法則も無視してまで血みどろにしたりとサービス精神満載
    ただ、そのせいで話がとっちらかっていく気はするんだけど楽しさ・面白さ優先なので

    また、この人の役者の演技を引き出す演出力ってのは凄まじいものがある
    もちろんいつだって名優である仲代達矢も五社作品での格好良さは破格。岩下志麻の妖艶さもズバ抜けてる

  • −−

    ShoMuroyaさん2019/01/01 16:55

    池波正太郎の原作を五社英雄が映像化した結果、血飛沫と女の裸が舞うダイナミズムの世界に。

    仲代達矢のいつものギラつき、岩下志麻ら女優の色気、松本幸四郎の冷静さ。そして丹波哲郎の大御所感。夏八木勲、宍戸錠、成田三樹夫、脇役の好演・怪演も光る。

    豪華絢爛な無惨絵のような映画。

  • 3.0

    MiYAさん2018/11/11 21:36

    時代劇ドラマの3時間特別バージョンというスケール感ではありますが、俳優の豪華さが半端じゃないですね。その中で成田三樹夫の怪演、岩下志麻の艶やかさがとりわけ印象に残ります。

    それにしても、びよよーんという音楽が奇妙だったなぁ。前衛きどり?

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す