お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ハイ・フィデリティ

G
  • 字幕

ポップなユーモアと極上のロックがブレンドされた音楽ネタ満載のラブロマンス。

音楽を心から愛し、辞典なみの知識をもつロブ・ゴードンは、シカゴで中古レコード・ショップを経営する30代の独身男。女に振られてばかりの人生を送ってきたロブだが、現在は弁護士として成功しつつある彼女ローラと同棲中。とりあえずウマくいっていると勝手に思い込んでいた。 そんなある日、ローラは理由も告げずに家を出ていってしまう。好きなレコードに囲まれ、それなりに生活も安定していて、30代にしてはワルくない暮らしぶり。それなのにナゼ?自分には何か重大な欠陥があるのではと思い悩んだ末、ロブはある決断をする…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

ハイ・フィデリティの評価・レビュー

3.7
観た人
4287
観たい人
3829
  • 3.7

    sasaさん2021/09/27 13:27

    男のキモいところが存分に出ていて最高……すぐ元カノとの思い出にすがるし、そのくせ自分はすぐ浮気するし、無知をバカにしてオタク知識をひけらかす。男のしょーもなさは全世界共通である。
    アメリカ映画なのに設定やストーリーがなんとなくイギリスっぽいな、と思っていたら原作はやはりイギリスだった。サントラはもちろん、エンドクレジットまで音楽への愛が溢れてて良い。

  • −−

    Emaさん2021/09/25 16:43

    サントラがさいきょう 割と単調な感じの映画だったけどそれが逆に良い味出しててしんみりしながら見れた、ジャックブラックの歌声ほんとすき 面白かった〜💥

  • 3.9

    oisさん2021/09/21 11:39

    ジョン・キューザックがすっごいカメラに向かって話しかけてくる
    情けねえけど人間臭くて好き
    音楽知識でマウントを取り合うウザいけどどこか憎めない店員たち
    バリーの最後のライブ良すぎた…

  • 4.0

    セバスチャンさん2021/09/20 04:14

    レコード店を営む男の失恋から始まるストーリー。
    女々しい主人公が過去の失恋を振り返り原因を探っていく中での心情の変化がテンポ良く描かれていて見やすかったです。
    イケてる挿入歌やコメディチックな描写なども多く軽く流し見するにもちょうど良く面白い映画だと思います!

  • 2.5

    たろさん2021/09/19 19:00

    自分のサブカルレベルは全然だなって思った

    あんまこういう語りかけて来るやつ好きじゃないかも

    全体的に趣味じゃなかった
    普通に主人公がキツい•••

  • 3.0

    hrdさん2021/09/18 13:33

    ポップでさくっと見られる
    ジョンキューザックの自分探し以外の部分がよかったので最後まで見れた
    ジャックブラックが出てなかったら見きれなかったかも…

    ガキで傲慢で感傷的ないい歳したモラトリアム男子が過去の恋愛を通して自分探しをして現実に戻ってきたように見える話


    なんだろうね…ガキで傲慢で感傷的ないい年した人間のモラトリアムものって嫌いじゃないんだけど…
    ジョンキューザックにいまいち魅力を見出せなかった…

    なんだろうね。都合がいいから? いいとこどり? なんか軽いというか…もっと恥かいて泥被って、自分という人間のちっささを感じてくれれば愛嬌を感じるのか…?

    ローラの元に戻って、いいこと言ってるんだけど、全然説得力ないと感じてしまう
    いや、お前は今はそう思ってるかもしれないけど、また三年たてば浮気してるよ? と感じてしまう軽さ…

  • 3.6

    シュンさん2021/09/13 22:03

    とにかく女々しい!
    こんなに女々しいやつ見た事ないってぐらい女々しい!
    でも、そこが良い!!

    主人公ゴードンは、レコードショップを営むロック好き。
    そんな彼の店には、超内気なディック、
    傲慢✖️傲慢のバリーといった個性的な奴らが日々、集まっていた。

    そんななか、ゴードンは現在付き合っている彼女ローラと別れる事に。
    深く傷ついたゴードンは、過去の歴代彼女と連絡をとり自分自身を見つめ直そうとするが。。。。

    という感じのストーリー。

    歴代のよかった彼女ベスト5とか、
    元カノとあわよくばなど、実に男あるあるが気恥ずかしい。
    さらにところどころ出てくる音楽小ネタが最高!!
    グリーンデイに影響を与えたバンド、
    クラッシュは知ってたけど、もう一つは知らなかった〜。そして、カッコイイーー!

    そして、そんなこの映画の1番の見どころは、ジャック・ブラックのバンドシーンだったりする。

  • 4.0

    カイリエイガさん2021/09/13 03:49

    恋人に振られたことをきっかけに
    歴代で辛かった失恋トップ5の元カノ達に会いに行くという話。主人公が音楽オタクなのが良いー!
    自分語り目線で進む話も入り込みやすい。
    緩くてあったかくてコミカル。

  • 3.6

    湯っ子さん2021/09/05 04:32

    音楽マニアのレコード店主ロブが、同棲中の彼女ローラから別れを切り出され、悶々とする話。
    20年ぶりに再鑑賞。

    映画化が決まる前に原作を読んでいて、この主人公とは同世代。その頃恋愛中だった夫みたいだと思ってた。といっても、この主人公みたいにDJをやったり切れ目なく彼女がいるとかじゃなくて、この映画にもあるセリフ「人の価値は人間性じゃなくて好みで決まる」みたいに思ってるフシがあるってところが似てた。
    この主人公ロブは、いつまでも居心地のいい安全地帯にいて、自分たちが勝手に作ったルールで他人を評価してる。
    同棲中の彼女ローラは堅実な人生を歩もうとしていて、ロブには「君は変わった」みたいになじられるところは、男女逆転してるけど、「花束みたいな恋をした」を思わせた。

    ロブが「なんで自分はいつも女にフラれるんだろう?」って、過去の彼女に次々会いに行ったり、寂しさを紛らわすために憧れの歌手と寝たり(このくだりは都合良すぎるけど)、魅力的な女優がたくさん出てくるのは楽しいし、こんな風にフラフラしてグタグタ泣き言を言うのは面白いんだけど、やっぱりイライラした。笑
    でも、結局彼はローラとの別れを受け入れられない。ローラも本当は彼が好きなんだけど、この後もずっと人生を共にするには頼りないと思ってる。そんな葛藤や2人の間の揉め事を、彼女が女友達に話す時、彼女の言い分と彼の言い分が微妙に違うところも面白かった。

    20年前の当時は、こういう男の情けないところを責める気持ちもなく面白がって、最後のハッピーエンドもあー良かったね、って思ってた気がするけど、今となっては「こんなダメな僕ちゃんかわいいでしょ?許してちょんまげ💕」みたいなのはちょっと鼻につくかなぁ…

    キューザック姉弟共演、ティム・ロビンス変な役、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの圧倒的イイ女感、リリー・テイラー久しぶりに見た、ジャック・ブラックは安定の面白さ。そして…ボス‼︎

    ロブのオリジナルレーベルでレコードを作るスケーターの若者たちは、先日観た「ミッド’90s」に出てくるみたいな子たちだったな。
    「彼女のためにカセットテープを作る」ってことがラブレターのかわりになるみたいな感じなのも、この時代ならではだなぁと懐かしかった。

  • 3.5

    タブちゃんマンさん2021/08/31 14:47

    私自身も音楽とレコードが好きなので見てみた。
    にしても自分の歴史順にレコード整理しようって、そんな苦しいやつ思いつかないよ…よく整理終わったな。。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す