お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

カラー・パープル

G
  • 字幕

スティーブン・スピルバーグ監督・製作、ウーピー・ゴールドバーグ主演。

1909年。南部ジョージアの小さな町で、まだ少女のセリーが二人の子供を出産する。その後、ミスターと呼ばれる横暴な男のもとに嫁いだセリーには、召使い並みの扱いを受ける辛い日々が待っていた。心の支えだった妹のネッティも消息を断ち、セリーの苦悩は深まるばかり。そんなある日、ブルース歌手のジャグが訪れ、セリーが彼女を世話することに…。ジャグを通じて人の愛に初めて触れたセリーは、ようやく明るい未来を予感する。

詳細情報

原題
THE COLORPURPLE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1985
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-07-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

カラー・パープルの評価・レビュー

3.7
観た人
3752
観たい人
4279
  • 5.0

    はなちゃんさん2021/06/11 08:04

    スピルバーグ、こんな映画も作れるのか……
    1900年頃の米国黒人差別女性差別社会の中で希望を捨てずに力強く生きるおんなたち素敵すぎる 女性の衣装もとっても素敵
    妹から手紙が届くシーンは涙…
    夫のゴミ男が最後妹の移民受け入れ手続きをしたのは罪滅ぼしのつもり?男マジで許さない
    超おすすめ

  • 3.6

    うみないびさん2021/06/08 07:23

    えぇー。アフリカ系アメリカ人って家族の仲がすごく良いってイメージだったのに。。。うそー。なにこれ?ツラすぎる。。が当時の感想。
    差別の中の差別?いやいや愛する女にはそんな事しないよね?そっか。愛なんてないよね最初っから。
    差別って相手を忌み嫌うというよりは自分の虚栄心を満たしたい、存在を知らしめたい。ってこともあるのか?臆病者だ。。

    この頃スピルバーグが賞狙いで、作った。ってよく耳にした。。
    ヒット作を出してファンも多くて成功を納めた監督でも、やっぱアカデミー賞は違うのかなぁ。。

  • 3.7

    ねぇ素晴らしいさん2021/06/05 16:10

    調べても出てこなかったけど『お嬢さん』はこれにかなりの影響を受けているはず。テーマと形式が合っているかは検討の余地があり、実際シャグの登場までは冗長ぎみである(でもその長さに意味がある面もあるから難しい)が、真っ当な映画には違いない。

  • −−

    おにわばんさん2021/06/04 20:23

    オプラとウーピーの初映画出演作品だそうだ。
    昔の映画には黒人さんが平気で近親相姦したり、幼女好きみたいな描写があるけど、事実なんだろうか。マスターが徐々に変わっていく様子を見ていると決して彼も順風満帆なわけではなく、古い慣習や男らしくあることに必死だったのかと
    思う。

  • 3.9

    yukarasuさん2021/05/29 22:54

    スピルバーグ=エンタメ、のイメージが勝手にあったので、こういった社会派的な作品もあるんだと驚いた。
    全体通してみるとやっぱりエンタメだったけど。あと何気に市長の奥さんが1番苦手かもしれない。

  • 2.9

    nanaco888さん2021/05/19 15:12

    これ、賞狙いで作ったって当時批判されてたんだっけ?南北戦争が終わって数十年経っても、女の人は相変わらず自由がない。黒人女性の大変な人生を描いてるのは感じるけど、最初の30分くらいで限界…。なんかダラッとした展開な気がする。オプラ・ウィンフリーが出演してたのは驚き。

  • 4.0

    パピヨンさん2021/05/19 08:38

    アカデミー賞からハブられてきたスピルバーグ監督の素敵な作品ですね。ウーピー・ゴールドバーグと云う“未知との遭遇”もありました。その後、映画業界にも影響を与えた差別の歴史に向き合う一つの道筋的な物となりましたかね。受賞より記憶に残る成功です。

  • −−

    りばさん2021/05/16 22:10

    素敵だった〜〜🥺🙌
    前半苦しくて苦しくてどうしようかと思ったけど、やっぱりスピルバーグの映画はエンタメだった。
    そしてまさかのオプラが出演していた!ソフィアすごくいい味出してて廃人みたいになっちゃったとき悲しかった〜。

    これを観ながら主人公に幸せが訪れることを切に願ったのだけど、人はシンデレラみたいな善良な人が不幸だったり貧しい暮らしているのをみると、より良い暮らしがこの人にはあるはずって考える、っていう話を思い出した。
    ラストの大団円を観ても、この作品がアカデミー賞に絡んでないのはスピルバーグが社会的弱者の黒人女性をひたすら可哀想に描いていたからなのかなって思った。

    それでも私は好きだったし観てよかったと思える作品でした!

  • 4.1

    ひゅーぽんちさん2021/05/01 22:08

    スピルバーグが作った、初めて社会映画。当時意味不明な理由で叩かれたらしいですが、紛れもない大傑作ですね!
    黒人であり、尚且つ女性という弱い立場の主人公が様々な出会いの中で1人の人間として目覚める話です。
    ラストが物凄く感動的で、非常に美しい作品でした。
    ウーピーゴールドバーグはETに見える...

  • 4.8

    まりぴっぴさん2021/04/29 21:38

    とっっても良かった😭
    一言で良い映画と言える内容ではないかもしれないけど、本当に本当に観て良かった!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す