お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ボーイズ・ドント・クライ

G
  • 字幕

第72回アカデミー賞主演女優賞に輝いた、ヒラリー・スワンクの演技に注目!

アメリカ、ネブラスカ州。無邪気な笑顔で女心をくすぐる美少年のブランドンは刑務所帰りの二人の男と知り合い、仲間として受け入れられていく。恋人もでき、万事順調と思った矢先、昔の事件がもとで彼の秘密が暴かれてしまう。本当は「女」であるという事実──。人々の態度は残酷なまでに豹変、そして惨劇は起こった…。

詳細情報

原題
Boys Don’t Cry
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1999
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-07-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ボーイズ・ドント・クライの評価・レビュー

3.7
観た人
5917
観たい人
6170
  • 4.0

    taiさん2021/06/04 17:57

    トランスジェンダーとバレてからの展開は胸クソやった…
    時代も時代やけど田舎町ということでああいう人たちも多かったんやろな。
    今はエレン・ペイジとかトランスジェンダーも増えてきたし少しは時代も進んできてるんかなぁ。

  • 3.5

    りこさん2021/06/01 04:02

    きつかった。
    ブランドン自身も過去に悪いことしたりしてるから一概に可哀想とは言えないけど、これが現実。今でもLGBTに対する理解なんて大したことないのかもしれない、考えさせられた。

  • 3.8

    広島カップさん2021/05/31 18:29

    女性の身体に生まれ男性の心を持つ主人公(ヒラリー・スワンク)の短い人生。
    LGBTへの社会の無理解から21歳という若さで死に追いやられた人生。
    実話がベースの辛過ぎて堪らない物語。

    ヒラリーの熱演に目をやっている暇もないくらいのストーリーですけれど、だとしてもそれに見事に応えたヒラリーは1999年の主要な映画各賞の主演女優賞総なめも納得です。

  • 4.8

    Mmmmさん2021/05/27 08:25

    あまりに残酷すぎる

    昔の話じゃない
    2020年は過去最多44人以上のトランス女性が殺害されてる
    信じたくないけど、これが現実
    本当に胸が痛い

  • 4.2

    pyonceさん2021/05/26 12:35

    女性が見るのは注意してほしい。
    これがほぼ実話という点が非常に胸くそ悪い。結末があまりにも酷すぎて、悲しすぎて号泣したし食欲を無くした。

  • 3.8

    chipさん2021/05/21 23:17

    アカデミー賞主演女優賞を二度受賞しているヒラリー・スワンク。
    どちらの作品も重そうで…
    なかなか手を出す気になれなかった。。
    やっと「ミリオンダラーベイビー」を観て…
    彼女が思い切り好きなことをやって生きたから
    良かったんだ、
    決して悲しい結末じゃない、と思いました。
    それから3年…
    やっとこの作品にたどり着きました。


    1993年に実際に起きた事件をもとに作られたと…
    1999年制作当時、トランスジェンダーを主人公にした作品は珍しかったようで…主人公の友達がゲイってよくある設定ですけどね~
    今はLGBTもの、たくさんありますけど。
    当時25歳のヒラリースワンク
    体当たりって感じです。
    胸にサラシのような布を巻いてパンツの中も膨らませて…
    派手に友達と飲んで騒いで、、
    女の子にときめいて。。
    嘘ばかりなんだけど、全く悪びれていない、
    自分は男であることが現実だ、って思いこんでいるんだろうな~
    ティーナじゃなくてブランドンだって。


    そんなウソの生活が長く続くわけはなくて。。。
    事件が起きてしまう!

    重い、やっぱり重かった。
    でも…
    ラストに運転するラナの表情が決して暗くなかったことが救いになりました。
    ブランドンの手紙が彼女の支えになったと思う。
    彼が男でも女でも関係ないって…すごいな、本当の愛って…




  • −−

    よるさん2021/05/18 01:49

    レイプされるところ本当にキツくて怒りとやるせなさで泣きながら見た。レイプってマジで何?この犯罪が存在してる世界線辛すぎて辞めたくなりました。窃盗とか殺人とかはどうしてもしないといけない理由のあるケースもあるかもしれないけど、レイプだけは人の体を傷つけて心を壊して自分は愉しむ(本当に汚い)ような下劣な行為でしかなくて、本当に許せないと思った。

    トランスジェンダーの存在も、自分は中学生くらいまで知らなかった気がするし、アメリカ中部だって本当に認知も理解もなかったんだろうなと思う。21歳の若者が普通に生きていく為に嘘を塗り重ねないといけないような状況で、ただただ社会と偏見だらけの隣人たちだけが悪。

    ラナが最後までブランドンのことを男として愛してくれたのが唯一の救いだった。でも、この前会ったアメリカ人のバイの子から聞いた話で、日本は性転換が難しいからトランスだけどボイのレズビアンとして生活してる子が多いというのがあってなるほどと思ったんだけど、それは相当負担も大きいことなんじゃないかと思った。今の社会で見えていないことにされている多くの人たちに、自由に生活するためのスペースが与えられないといけないな。

  • 3.5

    Sakuraさん2021/05/13 18:37

    セクシュアリティについて多くの議論がされた時代、今度は大丈夫だと言って故郷を離れたブランドンと、その先にある不寛容な現実に胸が苦しくなりました。
    女性である事実を静かに受け入れるラナ、傷だらけのブランドンに優しく触れる女医師のような、異なる境遇を共有できる人たちが、今の時代を作ってきたんじゃないかとふと思いました。

  • 3.6

    ひな鳥ピヨーさん2021/05/03 04:09

    キッツい…

    トランスジェンダーで《男→女》は認知度高いけど《女→男》はあまり議題にのぼらず重要視されていない感じがする

    同じLGBTQの中でもレズはグループ内に入れてもオナベは疎外されているイメージで一番生きにくいと思う

  • 4.0

    もんたさん2021/04/20 12:21

    嘘つきな部分は無くていいと思うねんけど。なんせ惨い。
    こんな扱い受けてまでも一生懸命生きて行こうとするのが素晴らしい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す