お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アンカーウーマン

G
  • 字幕

アンカーウーマンを目指すヒロインの仕事と恋愛を描くロマンティックサクセスストーリー。

ニュース番組のアンカーウーマンを夢見て、マイアミのローカル局に入社したタリーは、持ち前の明るさと粘り強さで、次第にチャンスをつかんでゆく。そして、ついに敏腕プロデューサーのウォーレンの目にとまることに。ウォーレンはかつて全国ネットに登場する名実共にNO.1キャスターだったが、ある事件をきっかけに現場から退いていた。ウォーレンの的確なアドバイスと激励が功を奏し、タリーの人気は上昇。ついに大きな仕事のチャンスが舞い込む。そんなタリーを優しく見守るウォーレンとタリーはいつしか愛し合うようになり二人は結婚、タリーは公私共に幸せをつかんだかに見えたが…。

詳細情報

関連情報
製作:ジョン・アヴネット,デヴィッド・ニックセイ,ジョーダン・カーナー 音楽:トーマス・ニューマン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1996
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-08-08 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

アンカーウーマンの評価・レビュー

3.2
観た人
906
観たい人
316
  • 3.9

    しゃわしゃわさん2021/06/13 13:14

    「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」を見てから、ミッシェル・ファイファーは素敵な女優さんだと思っていました。その後はキャット・ウーマンなどで大ブレイク。
    個人的には、彼女のキャリアのなかで「アンカー・ウーマン」のタリー役が最も好きですね。
    ウォーレン役のロバート・レッドフォードはちょっとかっこ良すぎの演出。セリーヌ・ディオンの「Because You Loved Me」が泣かせます。

  • 3.0

    琥珀さん2021/02/07 09:54

    お似合いのカップルだなぁ、、、
    ラブラブシーンは時代を感じるベタさだけど、私は好き♡
    しかしラスト、、、
    実は生きていた、のエンディングにして欲しい‼︎
    ご都合主義でもいーの!

  • 3.4

    Azminさん2021/01/26 23:32

    記録。

    ミシェル・ファイファーのシンデレラストーリー、というかレッドフォードのかっこいいところだけを全面に出した作品。
    ちょっと出来すぎかも。

    でも劇中に流れるセリーヌ・ディオンの「Because You Loved Me」はとても好き。

  • 4.0

    荒野の狼さん2020/09/13 11:17

    原題Up Close and Personalは「親しい、親密な」といった意味の1996年のアメリカ映画。1970年代に実在したアメリカではじめて女性ニュースキャスター(アンカー)を務めた草分けの一人であるジェシカ・サヴィッチの実話を基に当初映画は製作された。しかし、完成した映画は実話とはかけ離れてしまったためか、アメリカでの評価は低い。
    ちなみにサヴィッチは二度の結婚をし、薬物使用疑惑のスキャンダルなどもあり、36歳で交通事故死しているが、映画ではこれらの出来事は描かれていない。レッドフォードが演じた男性のモデルも存在するが、サヴィッチに暴力をふるっており年齢も3歳上と映画のイメージとは異なる。
    実話とは異なるが、映画としては無難な出来であり、とくにセリーヌ・ディオンの主題歌セリーヌ・ディオンが映画の内容にもあっており映画の内容以上に良い(アカデミー歌曲賞にノミネートされた)。まったくのフィクションでモデルなどいないとしていれば、評価はもっと高いものになったであろう。
    単なるラブストーリーに終わらず、命懸けでレポートするジャーナリストの姿勢がよく描かれており、そうしたジャーナリストをも「自己責任」などと非難する日本のマスコミとは対照的で、高いモラルで気骨のあるジャーナリストをレッドフォードは好演している。
    主演のミシェル・ファイファーは当時38歳であるが、本作で20代の若い頃を演じても違和感はない。一方、レッドフォードは60歳でスタイリッシュな初老の上司としてはよいのだが、ファイファーの恋愛相手となると違和感があり、皺やシミの多さが気になってしまう年齢で、これ以降、恋愛映画の相手役はほぼ卒業した感がある。

  • 3.0

    猫又鰹節衛門さん2020/09/09 21:48

    アメリカの労働市場を学べる映画。スキルと意欲と、チャンスがあればのし上がっていける。転職はポジティブ

    日本は未だに否定的

  • 3.5

    ジュン68さん2020/05/15 01:14

    2020/5/15 Paraviにて鑑賞

    主題歌⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    Because You Loved Me - Celine Dion

  • 4.0

    油淋鶏大盛りさん2020/05/04 13:51

    Rレッドフォードをみてほれぼれし、最初のダサさも一流、時間とともにあか抜けていく様も一流のミシェルファイファーを見る映画。

  • 4.5

    素揚げさん2020/04/06 21:55

    報道とは現状をありのまま伝えるだけでなく、その背景を理解して目に見えない真実を伝える事
    公共放送では中立な意見を求められるけど
    一人の人間として感じた言葉をを真摯に伝えられた方が心に刺さる。

  • 2.5

    ごとうさん2019/07/12 10:35

    途中とエンディングに流れる音楽が懐かしいなぁと思いつつ、でも誰が歌っているのか思い出せず。
    昔良く聴いた気がするけど私このCD持ってるのか?とどうでも良い事が気になり集中出来なかった。
    結局最後まで誰の曲か思い出せずウィキペディア先生に頼ってしまった。悔しい!
    結果セリーヌディオンと分かったが、私セリーヌディオンは持ってないな。当時そんなに流行ったのか?
    と、またどうでも良い事が気になっている。

  • 3.3

    ryodanさん2019/05/28 01:16

    2009-03-23

    R・レッドフォードとM・ファイファーの恋愛ドラマ。TV放送で見ました。まぁ、ハリウッドのよくあるサクセスストーリーでした。ミシェルがトントン拍子に出世していくのですが、あまりに早すぎて共感できないまま取り残されていくのが難点でした。レッドフォードはレッドフォードで政治ネタモノがお好きなようで、少しナルってました。。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す