お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

あなたが寝てる間に・・・

G
  • 字幕

サンドラ・ブロック主演のロマンティックコメディ。

シカゴの地下鉄で改札嬢をするルーシー(サンドラ・ブロック)は身寄りのない孤独なシングル・ウーマン。でも彼女には毎朝決まって改札を通り抜けていく憧れの男性がいた。奇跡の到来はクリスマスの朝。不良に絡まれ、線路に落ちて気絶した“彼”をルーシーが間一髪で救出したのだ。昏睡状態でベッドに横たわる彼の名はエリート弁護士のピーター。ところが駆けつけた彼の家族達がひょんなことからルーシーを息子の婚約者と勘違い!?素敵な家族を前に真実を切り出せないルーシー。そんな彼女にピーターの弟ジャック(ビル・プルマン)が疑いを抱いた…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

あなたが寝てる間に・・・の評価・レビュー

3.7
観た人
5167
観たい人
3362
  • 3.4

    ももぷーさん2022/01/23 18:43

    【恋愛映画は、スマホがない時代の方が趣があって好き】


    離れてる時に連絡できずに、ただ相手を想う時間。
    会ってる時は、スマホなんて触らずにお互いだけを見つめ合う感じ。


    高校生の頃からスマホがあった私は逆に、スマホがない生活の儚さに憧れて、自分が生まれる前の恋愛映画を見漁っています。


    最近は毎日寒すぎて、夏が恋しいと思いつつも選んだこのクリスマス時期の映画。

    アメリカ映画のクリスマスは、家族の暖かさが伝わってくるから好き。

    この映画を観たら、冬もいいなと思ったし
    もうすでに次のクリスマスが楽しみになった🎄笑

    それくらい家族のポカポカが伝わってくる良い映画!

    そして、私的この映画の教訓は、
    「スノードームをプレゼントしてくれる男に悪い人はいない。」

    そんな優しい男の人と”家族になる幸せさ”を教えてくれる映画♡⛄️

  • −−

    yuuさん2022/01/21 10:51

    90年代サンドラブロック可愛すぎる〜🥰
    クリスマスから元旦にかけて観たい映画

    一緒にいて楽しい人しか勝たん!🥺

  • 4.0

    tuさん2022/01/16 20:51

    ラブコメ全盛期といっても良いだろう。
    現実離れはしているものの、ハートフルな構成やキャストの個性溢れるユーモアなセリフにほっこりと笑いを誘う。
    何といっても若きサンドラ・ブロックとビル·プルマンのチャーミングな笑顔は魅力的であり、家族を想う優しさや、純粋に人を愛する気持ちが伝わる。

  • 3.7

    オーウェンさん2022/01/13 16:45

    ちょっとした誤解があれよあれよという間にハッピーエンドというよくあるラブストーリーですね。

    サンドラ・ブロックが演じると実に親しみがもてて飽きることもなかった。
    この映画ははっきりいってサンドラ一人が支えている状態。よって彼女が嫌いな人はすこしも面白くないでしょう(笑)

    記憶喪失だったり妊娠騒動だったり都合のいい展開には苦笑い。まあそれもこれも楽しかったのでよし。

    タイトルの意味が分かったときはなるほどなと納得。
    しかしピーターは悲惨だね(笑)

  • 5.0

    Kuroitaさん2022/01/13 13:19

    ずっとずっと長い間、冬のシカゴにいって
    アチアチのシカゴドックを食べたいと切望してます。
    サンドラブロックもいい感じのゆるさでチャーミングだった。
    ザ、アメリカなラブコメ。
    安心するなぁ、この感じ。

  • −−

    Tsukamotoさん2021/12/29 09:19

    ザ・恋愛ものって感じではなく
    コメディ要素があって
    しかも少しほのぼのする。
    ジョーJr.が結構好き

  • 5.0

    めさん2021/12/27 19:44

    キャラがみんなイイ!
    どうなるんだろうと思ったらそうなるんですね〜
    惹かれあっていく描写にキュンとする

    ピーターも惹かれてるのは少し気の毒だけどその後も仲良さそうで、素敵なタイトル回収イイ

  • 4.0

    raintreeさん2021/12/27 13:32

    サンドラ・ブロックの容姿は、僕にとってはかつて幼少期に姉が持っていたお人形のなかでも、あまり共感できなかったあの人のように感じられてややつらいのですが、この『あなたが寝てる間に…』の彼女は掛け値なく可愛く感じられます。

    それはたぶん19世紀小説の1つの典型に数えられるチャールズ・ディケンズ著『クリスマス・キャロル』のスクルージ爺さんが、若い女性になって妄想を抱き、ひょんなことから成りすましのようになっていくような、ハラハラするけれど楽しいストーリー展開によるものだろうと思います。

    なぜスクルージかと言えば、彼女が求めたのは好きな人への好きよりも、むしろ温かな人の温もりのほうだったという方向へ、この作品は爽やかに突き抜けていくからです。ですからほんとうに欲しいものが何であるかを見定めることの難しさを、『クリスマス・キャロル』と同じようにこの映画は描き出してもいます。

    僕の実感としても、ほんとうに求めていたものは憧れの対象それ自身にはなかったということがよくありました。仕事にせよ人にせよ、意識的につかまえようと手にしたことよりも、ふと手を開いてみたときに感じられた何かにこそ、もしかすると僕たちの幸福はあるのかもしれない。

    この映画と裏表の関係にある作品として、『マルホランド・ドライブ』(デイヴィッド・リンチ監督, 2001年)や『ガール・オン・ザ・トレイン』(テイト・テイラー監督, 2016年)などが思い浮かびますが、そうした作品によって本作に描かれる主人公ルーシー(サンドラ・ブロック)の痛切さがよく伝わってきます。

    可笑しみと温もりと爽やかさを感じさせる映画ですが、その感動の裏側にあるものはそれだけではないことも同時に描き出しているように思います。

  • 4.4

    chaooonさん2021/12/26 20:44

    子供の時、大好きだったロマコメを再鑑賞💖
    🎄クリスマスからホリデーシーズンを描くのでこの時期にぴったり☃️❄️✨✨

    駅の切符売場で働く孤独な女性ルーシー(サンドラ・ブロック)🚉日々の楽しみは通勤で通り掛かる名前も知らない憧れの男性との未来を想像すること💭💍💕クリスマスの朝、その男性が線路に転落し、命の恩人となるルーシー🚃💥病院に付き添うも彼は意識不明、つい口から漏れ出た彼への想い(妄想)が勘違いを呼び、あれよあれよと言うまに彼のフィアンセということに…😳

    家族や愛に飢えていた孤独な女性を優しく包み込むようなほっこりする物語✨✨

    毎年見直したいと思いつつも、何年かぶりかの鑑賞✨
    というのも、『Dear Evan Hansen』と共通点があるという面白い書き込み見かけて、見直すきっかけになった😋
    確かに孤独を抱える主人公、嘘から生まれる人間関係の勘違い、嘘の対象の本人ではなくその家族との交流、と確かに似てる部分が多い🤔
    決定的に違うのはこちらはほっこりロマコメで、明るいハッピーエンドということ😍

    久々観たけどやっぱり大好きだなぁこれ🥺💕💕
    憧れの人ピーターの家族がとにかく賑やかで、ルーシーがタジタジになっちゃうくらいだけど、愛があってとってもあったかい🥰
    隣の家のおじいちゃんソウルもいい人🥺
    助けるつもりが事態を余計にややこしくしたりするけど🤣そんなところも可愛いおじいちゃん✨
    ロマコメだけど、恋愛がメインじゃなくて、家族や人とのヒューマンラブって感じがいいのよね💕

    と言いつつ、恋が芽生える瞬間も素敵にナチュラルに描かれてて、そこも好き☃️❄️💕
    嘘や嫉妬のジレンマでジリジリするのもいい🤤

    そしてラストの💍が最高に粋で、このシーン何回も観たなぁ🥺
    ルーシーの人物設定やピーターとの出会いにちゃんと即してて、もうこの脚本考えた人天才的過ぎる👏🏻
    子供心に理想の💍シーンNo.1だった😍
    気付けば私既に結婚してて軽くショックだわ…🥺www
    ちなみに再婚用の理想の💍は『ドリーム』😇
    やっぱり肝は家族ぐるみってとこなのかもしれない🤣

    そしてタイトルが実にお洒落🤤✨
    くぅ〜やられた😆💕ってなる💕💕

    これは私のロマコメベスト5に入るやつだわ💖

  • 5.0

    tbthbchanc3さん2021/12/25 21:41

    この映画大好き!しっかりコメディで笑えて、ちゃんとキュンとさせてくる💕ジャックからの結婚のプレゼントもプロポーズもハネムーンも最高。良いクリスマス映画🎄

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました