お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

裏切りの戦場 葬られた誓い

G
  • 字幕

マチュー・カソヴィッツが監督・主演を務める社会派サスペンス。フランス政府の黒歴史の真実を暴く。

1988年、フランス領の“天国に一番近い島”ニューカレドニアのウベア島にて、独立をもくろむカナック族の過激派グループが、警官4名を殺害し30名を誘拐するという事件が勃発。のちにフランス政府の黒歴史とつながっていく、この“ウベア島虐殺事件”を、『クリムゾン・リバー』で知られるマチュー・カソヴィッツの監督・主演で映画化した社会派サスペンス。フランス現代史の闇を赤裸々に暴く。1988年、フランス領ニューカレドニア・ウベア諸島で、独立を求めるカナック部族が、30人の警官を誘拐した。フランス政府はすぐさま軍の精鋭300人を送り、事態の収拾を図る。フランス国家憲兵隊のリーダーであるフィリップは、反逆者のリーダー・アルフォンスと対面したものの、交渉は極めて困難だった。そんな中、ある指令がフィリップの元に届く。それはあまりにも正義とは程遠いものだった。

詳細情報

原題
L’ORDRE ET LA MORALE
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2014-08-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

裏切りの戦場 葬られた誓いの評価・レビュー

3.1
観た人
70
観たい人
52
  • 4.0

    いち麦さん2021/03/07 07:49

    仏領ニューカレドニアの小さな島で起きた独立運動と人質救出に奔走した交渉人の苦悩と挫折。いつ殺されてもおかしくない緊迫感が何度となく襲ってきて実にリアルで生々しい。為政者の盲目さにやるせなさ一入。
    『アルゴ』と同じく人質救出作戦は見ていて緊張のしまくりだ。純粋な意味で「戦場」じゃないけど戦場さながらの緊迫感は見事だった。特にラストでカメラがカナック族独立派からふっと離れる辺りが巧すぎる。

  • 4.6

    おぐりさん2020/05/22 21:42

    ぽすれん
    ニュー・カレドニア、1988年5月
    仏・大統領選挙のさなかの虐殺
    日本では、ほとんど知られていない事件
    マチュー・カソヴィッツ 適役

  • 3.0

    私のことは遊びだったのねさん2019/11/23 01:34

    ★★★liked it
    『裏切りの戦場 葬られた誓い』 マチュー・カソヴィッツ監督
    L'Ordre et la Morale

    1988年、仏大統領選挙のまっただ中
    フランス領ニューカレドニアで起こった
    独立過激派とフランス政府の武力衝突

    撮影が迫力あった
    フランス政府が隠蔽した”ある事実”の
    告発でもあんねんけど
    ほんま、憤りを感じたわ

    二度とフランス行きたないわ
    行った事ないけどな

  • −−

    NMさん2019/11/21 14:27

    対テロと国家憲兵隊のリーダーかつネゴシエーターである主人公。
    フランスの美しい小島で警察30人が過激派に誘拐される事件が発生。島には他にも様々な組織が総動員され解決を目指すが……。

  • 2.5

    ゆかりさん2019/08/06 16:43

    非常に関心深い題材を扱っているにも関わらず、映画としては見所が微妙過ぎて退屈。
    必ず寝る、再鑑賞しても寝る。
    ただ、何でもそうだけど現場を知る指揮官が決断をすればなぁ、と。
    政治に自我を取り入れなければいいのになぁ、と。
    懸命に頑張る人が報われない。

  • 2.1

    霖雨さん2018/05/21 21:40

    この史実は知らなかったので、知れたという意味では良かったと思う。が、脚本や演出がいまいち。もっとコンパクトにまとめられなかったのかな。

    政治というのはやっぱりの現実とはかけ離れたところにある。彼らに攻撃のことを知らせて何とかできなったのかな?結局もやもやしながら上に従うだけの人

  • −−

    Chiecoconutさん2017/12/18 19:39

    難しい。
    でも映画的にはフランスの映画っていう感じの色合いや間が好き。いつの時代も政治はダメなんだね。
    最初の巻き戻しの所が好き。

  • 3.0

    のんさん2017/07/24 15:27


    1988年、ニューカレドニアのウベア島で起きた実際の事件(独立推進派の先住民族と暴動とそれを制圧する仏部隊による暴行とその隠蔽)を再現した話。
    「旧」じゃなくて現在進行形でフランス領だったんだ…。
    正直、イギリスやフランス、中国をはじめ海外領土をもつ国の事情がよくわからないんだけど、それにしてもこんな事件あったなんて…フランス嫌いになった。単純だけどさ。

    勉強になりました。

  • −−

    haniwakingさん2017/07/23 17:43

    中央と現場は違うんだよね、いつも言われてる様な事だけど。
    スゲー綺麗なんだよ、FFのCGの海見たいのがマジで広がってんだよな〜あそこ

  • 3.5

    ペコさん2017/07/11 19:05

    実話ベース。楽園のイメージ 美しい島ニューカレドニア。フランス国領から独立したい民族が治安部隊の大尉と交渉を続けて行くのだが…
    政治 権力 お金 板挟みになった大尉の心情を中心に話は進んで行く。最初から最後までとても丁寧に分かりやすく描かれていた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す