お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ハンナ・アーレント

G
  • 字幕

ユダヤ人女性哲学者、ハンナ・アーレントの波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化。

かの有名なナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し、独自のレポートを世に発表、大スキャンダルを巻き起こしたユダヤ人女性哲学者、ハンナ・アーレント。その生きざまと現代にも通じるメッセージを、魂を揺さぶる重厚なるドラマとして描ききった傑作。
誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その衝撃的な内容に世論は揺れる…。「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。

詳細情報

原題
HANNAH ARENDT
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
ドイツ・ルクセンブルク・フランス
対応端末
公開開始日
2014-08-22 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ハンナ・アーレントの評価・レビュー

3.8
観た人
3674
観たい人
4831
  • 4.5

    yokさん2021/07/25 09:07

    悪の凡庸さ、、アイヒマンに関して言えばナチス内での昇進を目指す野心もあるし逃亡していたりもしていたわけで決して凡人が何も考えずに気付いたら悪事に荷担していた、とはならないと思います。が、今の世の中でも『だって言われたから』『だってみんなやってるから』を言い訳に自分の頭で考えず人を傷つけたり結局悪い方向に社会を引っ張る力になってしまっている人は沢山いる。もちろん自分も。
    自分の頭で考えよう、、ありきたりで浅い理解かもしれませんがハンナアーレントからのメッセージだと思っています。

  • 3.5

    シャケさん2021/07/24 07:00

    ハンナの言ってることは正しいと思うしとても共感した。ちょっと人間の思考力や性善性を信じすぎてるように感じられたけれど(少なくともこの映画では)。
    アイヒマンをはじめとした、ナチの限られた人物だけを極悪人にして終わらせるのは、その場の人達の溜飲を下げるのには有効でも未来の人達の救いにつながる可能性が低い。
    ユダヤ人の尊厳を守りたい人々の気持ちはもちろん想像できるが、どうしたら「人間」を救えるか考えるなら民族性に左右されず仕組みについて考えることも絶対必要。とはいえ民族で区切って考えることも人種差別なんかの場合によっては有効だし、やっぱり思考をあきらめないことは大事なのだろうな。
    …などと、気安く言ってられるのは自分がユダヤ人でもドイツ人でもなく、特に苦労もなくのほほんと生きてきたからかもしれない。

  • 3.8

    chiさん2021/07/21 12:11

    アイヒマン裁判とハンナ・アーレントについては大学1年の時に一般教養の社会学概論で学んだ。この授業が一番好きで毎週楽しみだったことを思い出した。

    凡庸な悪。ユダヤ人大虐殺を企てた人物はどんな極悪人かと思ったら、普通の人だった。この衝撃は全人類にとって大きなものだっただろう。私もあなたも彼も彼女も、アイヒマンと同じ立場にいたら世紀の大虐殺を起こしていたかもしれないのだから。アイヒマンは自分だったかもしれないのだから。

    一つの民族を愛したことはないわとハンナは言った。この公平性、客観性が彼女の優れていた点なんだと思う。

    最後の講義に立ち見が出るほど学生たちが集まっていて、関心や学びの尊さを思い出した。また学びたい。やっぱり社会学と哲学が一番興味ある。

  • 5.0

    このセリフに脱帽さん2021/07/18 14:20

    政治哲学の教授であるハンナは大勢の学生たちの前で話し始めた。これからアイヒマン裁判を傍聴し報告をしたことを話します。その法廷の関心事は正義を守ることのようでした。しかしこれは法典にはない罪でした。しかし裁かなければなりません。判例や主義や反ユダヤという概念もなくです。被告人アイヒマンの主張は人間を否定したものでした。彼はこう言って検察に反論したのです。ただ命令に従っただけで自発的なものは何もなく、善悪を問わず自分の意思はなかったと。ここまで話すとハンナは次のように自説を問いたのである。世界最大の悪とはごく平凡な人間が行う悪です。その人間には動機や信念、邪心、悪魔的な意図などがなく人間を拒絶した者なのです。私はこの現象を”悪の凡庸さ”と名付けました。そして平凡さと残虐行為を次のように結び付けて考えたのです。”理解を試みる”ことと”許す”ことは別物です。私は”理解する”ことを選び報告しました。ソクラテスやプラトン以来、思考は”自分自身との静かな対話”だと考えます。その結果思考が出来なくなると人間は残虐な行為に走るのです。そしてこの”思考の風”がもたらすのは知識ではなく善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力なのです。人間は考えることで強くなります。そして危機的な状況下でも考え抜くことで破滅に至らぬようになるのです。それを聞いていた学生たちは一斉に拍手をしたが、聴講した一部の大学教授たちは彼女を睨むようにして席を立ったのである。この作品は2013年に公開され、その後多くの日本人にも共感の輪が広がった。この国の政治環境の醜悪さに嫌気がさした国民感情なのかもしれないとの評論家の意見だったが、それは今日にも言えることなのである。

  • −−

    あっこさん2021/07/09 11:32

    凡庸な悪
    思考をやめた平凡な人間が良心より義務を重んじて残虐的な行動に走る
    って、
    大なり小なりありふれすぎてない?
    なんで今この映画たどり着いたかわからないけど
    思考をやめた人たちがうじゃうじゃいて破滅していく様を見せつけられてるの、今じゃん、、悪って気付かせないようにして、、きもちわる😫

  • 4.3

    おそば屋さんのカツカレー丼さん2021/07/05 22:48

    真の知識人。熱と理を兼ね備えた彼女の愚直な思考で紡がれる思想とそれを体現するかのような人生には血が通っている。好きな哲学者は多くいるけれど、憧れる哲学者は数少ない。

  • 3.0

    にしりゅうさん2021/06/30 14:45

    思考を捨てると倫理的な判断ができなくなる。罪の大小はさておき「誰それに言われたから従っただけ」というのは1番考えないですむし、罪悪感も感じないもんね。

    周りもそうだから、指示されたから、言われたからそうするのではなく、自分の頭でその行為の是非を考えること。考える癖をつけること。犯罪に加担しないためだけでなく、自分の行動に責任を持つために。このコロナ禍で特にそう思う。

  • 3.9

    haruyさん2021/06/20 11:23

    タバコ吸いすぎて大丈夫?😅て感じだけど、題材はとても興味深くて、映画もよくできていたと思う

    人間は考える、ユダヤ人も人間、凡庸な人間であったが故思考ができなかった
    この問題は今でも残っている
    テロなど残虐的な行為がある場合、命令されただけで行う人がいる

    劇中では凡庸な人、悪についてハンナは言及するが、ナチスとユダヤの関係もあって大批判を喰らう。しかし彼女は自分を貫く

  • 3.3

    horsetailさん2021/06/17 11:41

    アイヒマン裁判の傍聴から、「イスラエルのアイヒマン」をニューヨーカーに寄稿、バッシングにさらされるまでを描く。途中、若い頃のハイデッガーとの師弟・恋愛関係が挿入されるが、中年夫婦の愛情表現過多、ハグやらキスやら、に飽きた視聴者へのサービスでしかない。
    「イスラエルのアイヒマン」の結論、〈凡庸な悪〉は裁判でのアイヒマンの態度だけで導かれたのであろうか。アーレントの主著、『全体主義の起源』から直接つながっているのではないだろうか。アーレントを哲学者として見れば、主著との関係を考えるのは当然なのに、裁判だけに限るのは彼女が女性だからだろうか。
    ふと思い立って、イスラエルのニュースを検索してみた。イスラエル空軍は昨日もガザ地区を空爆している。空爆した飛行機の操縦士も彼に司令を与えた上官もまた彼を飛行場まで運んだ運転手もまた〈凡庸な悪〉人でアイヒマンに連なる、と書くと話が大きくなりすぎ、曖昧になる。

  • 4.2

    しまけいたさん2021/06/17 01:13

    複数からなるテーマを本当に本当によく描き切っている。こんなに人間の本質をうまく描いている映画って滅多にないと思う。キャラクターとしての旦那や友人の使い方、小物としてのタバコの使い方どれをとってもめちゃくちゃうまい。そして最後の演説はきっちり映画的カタルシスまである。全体を通してかなり良くできすぎている。

    個人的には自虐しかできないドイツがこのアイヒマン裁判を題材にした映画を製作してどう着地するんだろうって思って見始めたんだけど、きちんとナチス時代の反省に着地してるところに感心した。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す