お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ハンナ・アーレント

G
  • 字幕

ユダヤ人女性哲学者、ハンナ・アーレントの波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化。

かの有名なナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し、独自のレポートを世に発表、大スキャンダルを巻き起こしたユダヤ人女性哲学者、ハンナ・アーレント。その生きざまと現代にも通じるメッセージを、魂を揺さぶる重厚なるドラマとして描ききった傑作。
誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その衝撃的な内容に世論は揺れる…。「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。

詳細情報

原題
HANNAH ARENDT
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
ドイツ・ルクセンブルク・フランス
対応端末
公開開始日
2014-08-22 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ハンナ・アーレントの評価・レビュー

3.8
観た人
3796
観たい人
5120
  • 3.7

    neigeさん2021/11/28 17:51

    ナチに関する映画みたの初めてだった

    アイヒマンが反ユダヤかただの忠実な役人か、
    ユダヤ人は前者だと思うだろうからそりゃハンナが後者って主張するのは反感買うのも仕方ない気もする
    ただ何より、最後まで自分の主張を曲げないハンナがかっこよかったです

  • 4.0

    りんごの芯さん2021/11/23 18:57

    ハンナ・アーレントと彼女のニュルンベルク裁判の捉え方、それに対する世間みたいなものをメインに描いていた映画。

    いやぁこの時代にハンナ・アーレント活躍してるのすご過ぎでしょ。周りからは冷酷だの横柄だの言われまくってるけど負けない彼女強すぎる。しかもおんなじようなことを男性がやってたら奴らはそんなことは言わないんだろうなぁ。

    しかもこの世で最も最悪な悪は凡人が生み出す悪と言うのは本当にすごい視点だなと思った。システム的に悪が生産されるようになってるから考えなければ考えないほど悪が生まれてしまうという

    個人的に好きだったポイントは「クルトは家族」のところ。家族は選べない、友人は選べるの件をうまく回収してたし彼女とクルトの絶妙な関係を表してもいたと思う。

    この人ずっとタバコ吸ってるけど、授業の時に生徒に火つけさせてたのはやばいと思った。自分でつけろよ。

  • 3.8

    decaultさん2021/11/02 23:43

    映画の終盤のアーレントの講義シーンは、迫力があってよかった。野口雅弘『忖度と官僚制の政治学』第7章の最後も「アーレントとタバコについて」書いているが、特に講義シーンでのタバコは印象的だった。
    タバコ喫いながら講義するというのは、今や誰もが憧れる夢

    映画については、野口雅弘『忖度と官僚制の政治学』第6章、『エルサレムのアイヒマン』の評価については、同書第7章がよい案内に。「悪の陳腐さ」というテーゼそれ自体の評価は別として、アイヒマンがその適切な「事例」ではなかったとの指摘が有力になっているそう

  • 3.8

    gardeniaさん2021/10/28 21:12

    もう一回見ないとォ
    ちょと理解及ばず。でも面白かったです。
    人間の条件とか読むの時間かかりますが、アーレント入門?としてはとても良いのかも。

  • 4.0

    DORUPOLYさん2021/10/28 00:07

    人文・社会科学で参照され続けているアレントだが、本作ではもっぱら『イェルサレムのアイヒマン』について。
    ラストシーンの「悪の陳腐さ」に関する講義は必見。

  • 3.3

    scotchさん2021/10/23 13:59

    思考することの大切さ。それを棄てた者はもはや人間とは言えぬ。
    でもそんな人いっぱいいますよね。上司や政治家、そして宗教指導者の言を鵜呑みにする権威に弱い人間。
    気をつけよう…私は人間でいたい、そう思った。

    ラストの8分間の演説は圧巻。だが、映画として面白かったかと言われれば、私にはクエスチョン。また見たいか?…???なのだ。夫とやたらチュッ💋するのもウザい(笑)

  • 3.8

    たいがまんさん2021/10/17 21:52

    この作品は思考することの意味や理解しようとする姿勢が重要であると示していると感じた。パスカル曰く、「人間は考える葦である」さながらに。思考することは、非日常時にこそ求められるのではないかと考えた。作品中のような戦争などの非日常では、我々のような平凡な人は思考を放棄してしまうのではないか。それが時に巨悪をなす、「悪の凡庸さ」である。そんな平凡な人、どこにでもいるような人物がアイヒマンであった。街ですれ違っても気に留めないような、頭抜けた能力を持っているわけでもない人物つまり我々と同じ性質である。アイヒマンを理解できない、悪魔だ野獣だと形容し、普通の人ではなし得ないようなことをしでかした!と言いたくなるような出来事だった。しかし、我々と同じ性質のアイヒマンが行ったことは我々にも行われる、ひいてはそんなとき我々はどうすべきかというメッセージがあったのではと感じている。当時、ハンナがアイヒマンを凡庸、つまりただの一般人であると認識したことは目を見張るものがあると思う。ホロコーストを招いた当事者は、自分たちとは違う残虐で悪の権化のような奴に違いないとみなすのが一般的である。被害者といえるハンナがアイヒマンを1人の人間、自分たちと変わらないと公に発表すること事実を認定し伝える姿勢には畏敬の念を覚える。結局、ハンナが伝えた事実により、バッシングや中傷を浴びたが学生の耳には届いていたように思える。世間や周りの友人たちが批判しようともハンナの伝えた「思考の停止が凡庸な人間の性質や能力を問わず悪の片棒を担ぐ」という事実に、論理性や客観性に裏づけされたものであるからだと解釈した。根っからの悪ではなく、我々も状況に応じて悪になり得ることには共感できる。現在もあらゆる場面で思考を放棄し、事務的に悪をなすことがあると思う。2回目に視聴したところ、悪の凡庸さが招いたと認定したハンナだったが、決してホロコーストに対しての感情がないわけではないところが印象に残った。ハンナの人間性は、夫や友人とのやり取りで思慮深さや知的さが伺えた。人間味のあるハンナが、情と切り離し事実を認定したことに真理を追い求める人間の鑑であると感じた。我々も思考放棄により間違った方向に進んでしまうこともあった。考えることが、人間の尊厳や偉大さであると認識し呼吸と同じように思考もとめてはならないということをこの作品から受け取ることができた。

  • −−

    juriさん2021/10/16 17:25

    私たち日本人は「大量虐殺」については批判できても「ドイツ人」を批判できる立場にはいないと思う。
    原爆を落とされたにしても、加害者としての側面を忘れ過ぎている。

    それから、ユダヤ人についても何故?と思ってしまう。
    何故このような悲劇を経験しておきながらパレスチナ人の居住地を脅かすのか、と。

    ハンナの著書をAmazonで探していたら、なんと元オウム真理教信者が書いたレビューを発見しました。
    「悪と全体主義」という本のトップに出てくるレビューなので、気になった方は是非。

    わたしは日本に強く蔓延る全体主義的な思想がとても苦手です。出来るだけそれに遠いところで生きていきたいという想いがあります。そんな私にとってハンナの主張は納得のいくものでしたし、良いとか悪いではなく事実として凡庸な悪は存在するのだと信じます。

  • 3.8

    菅谷さん2021/10/12 20:49

    ハイデガーとの関係とかアイヒマン裁判とか、文字列でしか認識していなかったアーレントが映画になることで試練に合う一人の人間として浮かび上がってきた。

  • 3.5

    Lieblingsfilmeさん2021/10/09 12:02

    Evil deeds, the banality of evil
    私たちが普段捉える「悪」、その根本的なものは何なのか問いかける映画だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました