お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

デッド/エンド

G
  • 字幕

この道は人を狂気に変える。

ミッチェルは妻と幼い息子の為に夢を諦めた元ミュージシャン。彼には無職のライターで車での生活を強いられているカーターという親友がいたが、疎遠になっていた。カーターに誘われ、ミッチェルは彼の車で久しぶりの2人旅に出る。ミッチェルの沈黙に不満を抱いたカーターは車が故障したふりをして2人で過ごすことを強制する。いざこざのあと、カーターは車を発車させようとするが、いつの間にか故障してしまっていた。そこから、砂漠に取り残された2人の狂気を帯びた対立が始まる。

詳細情報

原題
Scenic Route
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-09-19 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

デッド/エンドの評価・レビュー

3
観た人
154
観たい人
97
  • 3.0

    彦次郎さん2021/08/05 18:29

    夢を諦めて人生が上手くいった男と夢を追って人生が上手くいかない男という対照的な親友同士が砂漠の果てで体験するサスペンス。
    ジャケットにはロードスリラーなる名称がつけられています。所謂ロードムービーと違って本当に道の周辺で話が展開していきます。かなり退屈な進行ですが終盤の騙し絵的なところは注意しないと見過ごすところで光るモノを感じました。
    原題は多分、見通しの良い経路という事立ち往生した道とミシェルの人生を踏んだものになっているようです。

  • 3.0

    お前にランが救えるかちゃんさん2021/08/04 22:30

    燃えたり冷めたり忙しい。
    夢オチだったらめっちゃ怖いんだけどどうなの

    カーターの月のTシャツ良いな

  • −−

    degさん2021/08/04 22:28

    アマプラ配信終了滑り込みで視聴しました。
    色んな要素のある映画でした。
    ヒューマンドラマであり、スリラーであり、最後は…

    物語の大半がアメリカの広大な砂漠地帯で男2人が罵り合ったり罵り合ったり罵り合ったりなので途中で飽きてしまう人もいそうです。
    最後の終わり方、結構好きでした。ゾクゾクしました。

    あれ?ダン・フォグラーってファンタスティック・ビーストのジェイコブ…!?

  • 2.0

    Hirokingさん2021/08/02 18:27

    砂漠でエンストして取り残された男二人の…なんだろう…
    ほぼ砂漠での二人劇なんだけど、途中寝ます‼️寝たら見失います‼️ラストは…見失うとわかりません‼️
    気を付けてください‼️な作品でした😱💧

    2021年1,265本目

  • −−

    nickさん2021/08/02 02:38

    2021/08/02
    Amazonプライム

    配信のアイキャッチ画像が「睨みつけるモヒカン男」で、解説文に「夢を諦めた元ミュージシャン」とあるので、ヒャッハーなパンク野郎が主人公かと思ったら…。

    原題 “Scenic Route” の scenic は「風光明媚な」とか「絶景の」とか。 本編中でカーターが「観光ルートだろ」と言ってるのがこのタイトル。

    移動しないロードムービーかと思った。

    3・3・3の法則: 空気がなければ3分、水がなければ3日、食料がなければ3週間、が生存の限界。
    何にしても、砂漠地帯は何が起きるかわからないから可能な限り速やかに通り抜けるべき。

    墓穴を掘り墓穴で眠った、二人仲良く。
    鳴るはずのない電話。 砂に埋もれてく。
    結局、移動しないロードムービーだった。

  • −−

    Miyukiさん2021/08/01 21:46

    ミッチェルとカーターは久々の再会で旅に出ていたが砂漠地帯で車が故障に🚙したと思わせたカーター。ミッチェルはジョアンという妻がいてカーターはじっくり話したかったのだった。しかし本当に車が🚗故障してしまい寒い夜を迎えることに。

    うわ、一番最後の5分間で一気には?ってなる…

  • 3.1

    kjmさん2021/07/31 22:30

    夢を諦めて社会的な成功を得たミッチェル、夢を追って売れない物書きをしているカーター。久しぶりに車で旅行に出かけた2人だったが、道中で車が故障し、砂漠の真ん中で立ち往生する羽目になりーー

    腹の中に抱えてたものぶち撒けてバチバチに罵り合うシーンとても良かったし、その後、仲直りして、また喧嘩して殺し合うあたりまでは引き込まれたが、その後はなんだかそれまでの描写(それぞれの現実とリアル、葛藤と懊悩)が後景化した単なるサバイバルものになって興醒めした。
    そしてあのラスト。ガッカリ。

    「どちらの選択が正しいかなんてわからない」、「選択は正しくても些細出来事やちょっとしたミスで駄目になる」という通底したテーマは伝わったし、それ自体は悪くないので、もう少しうまく作れたはずだと思うと残念。

  • 2.5

    saさん2021/07/27 04:01

    ジョシュ・デュアメルのモヒカン姿が拝める作品。だと思う。

    1時間半ずっと砂漠のシーンでちょっと退屈だけど良き。

  • 2.5

    Pnoriさん2021/07/26 20:06

    砂漠でサバイバルする羽目になって散々…な、お話。

    ほぼほぼ2人きりの会話劇。
    お忙しい方はラスト20分ほど手前までは2倍速で観てもOKかも(ごめんなさい)

    通常再生後に訪れるジワリとするラスト。
    てっきり平凡に終わるのかと思っていたから余計ゾクっときた。

    順風満帆な人生じゃなくて良かったと思える瞬間(笑)

  • 3.1

    鹵簿六田さん2021/07/25 10:08

    ほぼ二人芝居のサバイバルもの。いかにもアメリカな荒野の一本道で車を停車し、ふと友人として忠告する男。やがてふたりは口論となり挙げ句殴った蹴ったでは済まないトンデモな状況へ。そこからはもうゴロゴロと転がっていく二人の絶体絶命な状況を指咥えて観る映画。設定なんかはどうでも良くて別に期待して再生ボタン押したワケもなく、単にジョシュの出演作だから観ただけ、という割にはサクッと観れて良かった。なんにしても程々にってことで。
    2021.7.23.
    Amazon prime video

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す