お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

オボエテイル

G

高橋克彦原作の傑作ミステリー小説を、香川照之、村上淳ら競演で映画化したオムニバス・サスペンス。

「遠い記憶」:新進作家の倉本雄二は母の明子とふたり暮らし。テレビの取材で盛岡を訪ねた倉本は、スナックで働く相沢世里子という謎の女性と出会い、子供の頃の記憶が突然甦る。「前世の記憶」:藤山修子は頭痛に悩まされていた。恋人の青柳の勧めから、精神科で治療を始める。しかし退行催眠で甦った記憶が、修子を前世の恐怖へと導いていく。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2005
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-10-17 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ホラー邦画ランキング

オボエテイルの評価・レビュー

2.6
観た人
69
観たい人
73
  • 1.5

    山ぶどうバニラさん2021/06/14 13:29

    香川照之に引かれて視聴。
    3話構成のオムニバス。
    ちょっとよくわかんなかった。
    ホラー要素は感じなかった。

  • 2.4

    aratakiさん2020/11/29 12:11

    どの話も不穏な空気の割に
    そこまでインパクトのある話ではなかった…

    全体的にジメッとした暗さ、
    漠然とした気持ち悪さがずっとあって、
    かなり湿度高めの作品。

    ん?と思う場面も多々あるけれど
    細かいところは気にせずに(笑)
    オムニバス形式なので、サクサク鑑賞した(笑)



    2020-050

  • 3.1

    ドラマ好きさん2020/08/29 14:33

    意外と評価は低いですが個人的にこういう世界観が好きなので楽しめました。ホラーのような世にも奇妙な物語のような不思議な話。
    3話目の子役の子が石橋杏奈ちゃん似ですごく美少女だったので、今は引退されてしまっているようで残念。

  • 2.6

    Yuyaさん2020/06/25 11:34

    ー記憶に時効はないー
      ー過去は未来に復讐するー

    歳を重ねるって嫌なものさ
    十代なんて 余裕で自由ぶって
    いつからでもやり直せるし
    自分の汚点にゃ目も瞑れるって
    安易に思い込んでしまえてたのに…

    社会人になって 守るもんができて
    ちょっと賢く だいぶ脆くなるとさ
    あの頃のいい加減な自分が犯した過ちや
    簡単に忘れられるって思ってた出来事が
    より鮮明に甦っては 償いさえできない焦燥で
    過去の自分が憎くて 耐えられなくなったりもする

    後悔のない人生を…なんて軽はずみな標語を唱えても
    後悔なく人生を過ごしてる奴って
    実際はただマヌケで孤独なだけじゃねぇか…
    誰だって 人を愛せば 自分が憎くもなるだろう
    自分だけを愛しては たぶん生きられないのさ

    原作は 結構好きだったんだけどな
    映画化して オムニバスで切り分けて観ると
    なんだか “隙”が目立ったかなぁ
    柄本時生から香川照之への成長は
    すごく合ってたと思う

  • 3.0

    いもさん2019/09/29 10:26

    「遠い記憶/前世の記憶/緋い記憶」収録
    かろうじて怖いホラーなのは緋い記憶だけかな
    二話目中村美鈴が静かな演技の時はなんともなかったのですがオチの狂気のシャウトが盛り下がりました
    緋い記憶はもっと緋のシーンが色鮮やかな方が良かったと思う

  • 1.5

    ジェイさん2019/06/13 19:35

    [感想]
    ただただ駄作。最後の「緋い記憶」目当てで全て見たが、どれも酷い。カメラ、脚本、俳優…もうボロボロよ。構造分析する気は到底起きないだろう。緋い記憶での香川照之、光石研、柄本時生は良かった。
    でも、これ見るくらいなら、もっと有意義に時間使った方がいい。

  • 3.0

    celicaさん2019/06/08 15:23

    怖いけどホラーではないです。

    原作を読んでるはずだけど、こういう話だったかなぁ?というくらいに記憶シリーズが頭の中でごちゃ混ぜになっている。

    当時衝撃を受けたオチが、最後まで出てこなかった。
    つまりこのお話の通り、記憶は曖昧で不確かな物っていう事かな。

  • 3.9

    くぅーさん2017/11/27 07:57

    我が盛岡市を舞台にした3話オムニバスのミステリー作品で、見たことある風景ばかりなのはもちろん・・・地元映画祭で御披露目した後、一度お蔵入りした作品だけに、これも半端ない思い入れがあります。
    まんまそれぞれ記憶にまつわるエピソードで、極めてオーソドックスではありますが、個人的には正統派の1話目とホラー的な3話目が好きですね・・・多くは語りませんが、是非ともご覧下さい。
    キャストでは、やはり香川照之と光石研の絡みにニヤリとし・・・ロケ中の光石研に遭遇した時は嬉しかったなぁ。
    【みちのく国際ミステリー映画祭鑑賞】

  • 1.1

    無塩バターさん2017/11/05 16:30

    ホラージャンルと銘打っているが全くホラーではなく、中途半端と言っても良い内容。
    オムニバス形式で4編の物語が進められるが、演技もチープ。最後の香川照之の話が一番見れた話かな〜

  • 5.0

    山田さん2017/06/30 03:45

    一番好きなホラーで一番好きなペドもの!香川照之目当てでみたけどもまさかここまで面白い作品がつまっていると思わなかった。おおたななみちゃんという子らしい子がとても好き。エロスと神秘と愛らしさと美しさすべてをかねそろえている。ここまで理想のロリはなかなかいない。ストーリーの世界観にもとてもあっている。
    ストーリーじたいもどれもキオクをテーマにしてて神秘的で不気味で怖くて最高だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す