お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ネクスト・ゴール! 世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦

G
  • 字幕

<実話>にしてこの感動!熱血監督がチームを変えた奇跡のサッカームービー!

2001年、FIFAワールドカップ予選にて0対31でオーストラリア代表に大敗(国際Aマッチ史上最大点差)、公式戦30戦では200ゴール以上の失点、全敗、10年以上にわたりFIFAランキング最下位、まさに“世界最弱”、それがアメリカ領サモア代表チームである。この島国は2009年に発生したサモア沖地震により、大きな被害を受けたことでも知られている。最弱と呼ばれた選手たちは、大敗で心に傷を負ったゴールキーパー、女性の心を持ったディフェンダー、家庭のために軍人になる道を選んだフォワードなど、アマチュアの寄せ集め集団。そんな彼らのもとに、米国サッカー連盟より命を受けたオランダ人監督がやって来る。優秀だが、昔気質で口の悪い監督は、瞬く間に島の反感を買うことに。しかし、その厳しい指導と熱意は次第に選手たちの意識を変え、チームは少しずつ強くなると同時に、監督自身も彼らから刺激を受けていく。そして迎えた2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会予選。津波で傷ついた故郷のため、支えてくれた人々のため、魂と誇りをかけて試合に挑む!彼らは過去を乗り越え、初勝利を掴むことができるのか―?南太平洋に浮かぶ小さな島で起きた、熱狂と興奮の感動ドキュメンタリー!

詳細情報

原題
Next Goal Wins
関連情報
製作:マイク・ブレット,スティーブ・ジェイミソン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2014-10-22 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ネクスト・ゴール! 世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦の評価・レビュー

3.8
観た人
490
観たい人
584
  • 3.8

    コブレッティさん2021/12/27 07:28

    サッカードキュメンタリー。
    オーストラリアに0対31で破れたアメリカ領サモア。サッカー協会はアメリカサッカー協会に頼んで予選突破の為にアメリカサッカーコーチライセンスがあるオランダ人を招集するが、いかんせん全員アマチュアで環境も充分とはいえない状況で当初はサッカー協会と対立しますが、徐々にサモアの文化を理解し、チームもまとまっていきます。果たして一次予選を突破出来るのか?
    コーチのサッカーに対する情熱、サモア文化でいわゆるオカマちゃんもサモア文化の中では普通に認められていて、ジャイアという選手が世界で初めて男子代表に選ばれた第3の性の選手なんだそうです。
     面白いドキュメンタリーなんで観る機会があればオススメです。

  • 4.8

    sasaさん2021/11/03 18:11

    サッカー世界最弱の国、ここにこそサッカーの全てがある。ナショナリズム、ローカリズム、パーソナリティ……何のためにサッカーをするのか、誰のために戦うのか。スーパープレーもスーパースターも登場しないが、メッシだろうがクリロナだろうがイニエスタだろうが、サッカーを愛する人間の魂の原点がこの映画にはある。

  • 3.5

    にしねっこさん2021/10/13 20:13

    サッカー好きに見て欲しい映画

    クールランニングのような
    実話を元にした映画かと思っていたら、
    完全にドキュメンタリーだった
    最初は皆、役者さんかと思っていた

    オカマちゃんかなと思ったら
    オカマちゃんだった

    もう少し選手何人かを
    クローズアップしても良いかなと
    思ったけれど、
    時間的にもこのくらいが良かったかも

    トーマス監督は就任して、
    わずか3ヶ月で試合に挑んだようだ
    それまでと明らかに違っていたんだろうな

    この後のアメリカ領サモアが気になる
    何年も追っていたら面白かったかも知れないが、
    監督によっては、とても写せたものじゃなくなるか

    こんなドキュメンタリーはもっと見たい
    結果どうなるか分からないから、
    作る方も大変だろうけれど。

    観賞後に得るものがある作品だった

  • 4.0

    いち麦さん2021/10/01 14:13

    ニッキーやジャイヤのメンタル面に踏み込む話やトーマス監督がプライベートな話で鼓舞する場面が胸に熱く迫った。米領サモアの気候・風土や文化まで香しい。

  • 3.4

    抹茶マラカスさん2021/09/28 21:49

    もうタイトルの通りです。
    米領サモア代表はアマ選手のみで構成されていて、当該試合の監督も酷い。そこに本国アメリカのサッカー協会が助け舟を出して監督を派遣。入隊してしまった代表資格のある若者をスカウトしてW杯予選で公式戦初勝利を迎える、そんなドラマみたいなことある?なドキュメンタリー。
    やってきた監督も、選手たちも、みーんな好人物に見え、そこにサッカーの面白さも見える。競技レベルだけが競技の面白さを担保している訳じゃ無いんだよ!
    原題も素晴らしい。次のゴールが勝利へ、でもあり、次の目標は2勝目(winsなので)でもある。
    ただ、肝心の試合のシーンはカメラワークが壊滅的、編集もクソなので大減点。だったらトンガ戦まで盛り上げて、トンガ戦90分実況付きで見せてくれればその方がいいってなった

  • 2.5

    Hipposkyさん2021/08/26 00:12

    アメリカ領サモアの風土が潤沢に描かれた良いドキュメンタリー作品。FIFAランクは最下位でも多様性を大事にする世界最先端の代表チーム。とても良い作品だけれど、肝心の試合シーンの編集がダメすぎ。

  • 2.9

    mochizさん2021/05/22 22:25

    手に汗握っちゃった。

    第三の性が認められてるなんて、すごい。そして知ってみると、それが当然な気がした。
    アメリカの協会が送り込んできたオランダ人監督が「上手い監督」なのだということがすごく伝わった。そしてまさかのバックボーン…飛び道具やわ…😢
    スポーツ心理学師だかの寒々しさに笑わせられたり、センスを感じるドキュメンタリーでした。

  • 4.2

    TakashiDoiさん2021/05/03 16:15

    これは映画か論争はあるかもしれませんが、ドキュメンタリー“映画”です👍
    見たい、見ようが先伸ばしになってました💦
    ヨーロッパの超絶スキルも素晴らしいですが、ここにあるのは超越スキルです👏
    サッカーに携わる全ての人に贈ります🎵

  • −−

    地雷さん2021/04/17 03:14

    スポーツ物をみたくなって

    人生初ドキュメント映画。
    ドキュメントをエンタメとして観られる年になりました。

    本当言葉の紡ぎ方が海外はストレートで詩的で心を揺さぶるなあって思う。
    奥ゆかしさとか相手のことを考えたりとかそういうの抜きにして、感じたことをそのまま出すことが感動につながるんだなあって思った。

    新しいものを見たはずなのにノスタルジーな気持ちに殺されそうになりました。
    既視感があるなあと思ったら部活でした。
    1日1日刹那的に生きてたなあ。
    みんな輝いてて素敵でした。


    面白かった。
    今後の映画選択の幅が広がった。
    ドキュメンタリー映画面白い。

  • 4.0

    hitomin44333さん2021/04/15 02:41

    歴史的背景や災害の中で選手たちが想いを持ちながら試合をしてるのが感動した。技術は正直日本の高校生くらいかもしれないが一生懸命で改めてスポーツの素晴らしさを知った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました