お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

真・雀鬼10/雀鬼vs黒の雀鬼!悪夢の麻雀勝負

G

“黒の雀鬼”と呼ばれる男が率いる謎の軍団。雀鬼を指名してきた奴らに、真の麻雀を見せつける!

ある日、桜井章一(清水健太郎)は冷酷な麻雀を打ち“黒の雀鬼”と呼ばれる若者の存在を知る。同じ頃、雀荘「ジェントルメン」のマスター村本(高橋和興)は、昔の知り合いの組長・笹山(高杢禎彦)を訪れていた。その直後、笹山の事務所が何物かに襲撃を受ける。村本は“黒の雀鬼”が頭になっているグループの噂を聞き…。

詳細情報

関連情報
原作:柳史一郎,神田たけ志 監修:桜井章一
音声言語
日本語
制作年
2002
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-11-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(ギャンブル)邦画ランキング

真・雀鬼10/雀鬼vs黒の雀鬼!悪夢の麻雀勝負の評価・レビュー

3.5
観た人
11
観たい人
3
  • 5.0

    djangoさん2018/11/16 00:11

    ロシアンルーレット麻雀再び。
    8、9、10と話が繋がっている。
    8作目のロシアンルーレット麻雀が引き起こした悲劇。
    雀鬼史上最も過酷な死闘。

    魂震えた。涙も出た。
    弱かったストーリー面を強化してきた。
    振り込んだらロシアンルーレット。
    ツモられたら、指名ロシアンルーレット。
    東風戦で弾は1発。
    運が良ければ誰も死なない。
    しかし、だいたい死ぬ。

    凡人が天才と同じことをしたらどうなるか?それを突きつけた映画。
    桜井章一の業。
    今まで曖昧にしてきた桜井章一の罪。
    取り返しのつかないことになっていて、微笑みデブを思い出した。

    この数日、雀鬼シリーズについて考えてきた。何が自分をここまでこのシリーズに引き寄せるのか?
    うっすらとだが、見えてきた。
    桜井章一という人間は、ワイアット・アープに似ている。
    生き残った伝説。
    自身の伝説を売っている。
    荒っぽいことが許された混迷の時代を生き、死闘に勝ち続けた。
    馬鹿げた伝説が残り、生き残ったことが小さな裏付けとなっている。
    その伝説に惹かれているのかもしれない。
    このシリーズを全て見終わった時、答えが出るのか?
    何十年後か、桜井章一の孫や子孫が主人公の麻雀漫画が製作される。
    そんな気がしてならない。
    伝説は終わらないんだよ。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す