お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

真・雀鬼14/プロ雀士秘話!オーラスの向こう側

G

恩人の莫大な借金のため、再び牌を握ることを決意した老雀士。だが、彼の前に現れたのは皮肉にも雀鬼だった!?

桜井章一(清水健太郎)の前に、牧野(長門裕之)という老人が現れる。現役の代走屋時代に相当の修羅場をくぐってきた牧野は、桜井との麻雀を純粋に楽しんでいる。桜井も凄腕雀士の過去を察しながらも、その人間的魅力に惹かれていく…。その頃、牧野は弟分の矢部(片岡弘貴)の会社が窮地に陥っていることを知る。

詳細情報

関連情報
原作:柳史一郎,神田たけ志 監修:桜井章一
音声言語
日本語
制作年
2002
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-11-19 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(ギャンブル)邦画ランキング

真・雀鬼14/プロ雀士秘話!オーラスの向こう側の評価・レビュー

3.6
観た人
23
観たい人
6
  • 3.4

    拘泥さん2019/09/23 14:00

    俺のモノマネのレパートリー、劇場版ミッフィー動物園で宝探しのパパと満ツモする雀鬼しかない。
    絵に描いたようなバカみてえな「粋」がホカホカでよろしい。俺の人生、まだ東場。じゃねえぞ確実に!別にそんないいセリフでもねえぞ!

  • 3.7

    Msさん2019/05/30 18:54


    麻雀映画の中で一番登場人物の粋な生き方を感じた作品でした。

    長門裕之さんの演技が鋭くかつ、要所で丸みを帯びていて優しい。

    最後のジェントルメンで4人で卓を囲むシーンは印象的です。

    「俺の人生まだ東場」
    というセリフがなんとも
    長門裕之さんの表情にマッチしていて
    とても好きな終わり方でした。

  • 5.0

    djangoさん2018/11/25 22:44

    始めのうちはどうか?と思ったが、なかなか味わいのある一品。
    麻雀版『鬼平』と言っていい映画。
    この空気の中心は長門裕之。
    抜群の演技力。
    ストーリーの格が1飜も2飜も上がってる。
    敗けるとわかっている戦いに、勝つために出る。引退した代打ちを好演。
    技使う時や、牌を置く時、眼球が動いていて、思考まで演技している。
    殺す眼も出来るし、いい役者だ。
    それに釣られて周りの役者のキレも良い。

    雀鬼の弟子が活躍するのも好感。
    後味も良く、綺麗に仕上がっている。

    追加
    桜井章一が長門裕之を気に入って、長門裕之有りきで作った作品のようだ。
    長門裕之の打ち方は、桜井章一も気に入ったようだ。
    メイキングシーン有り

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す