お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

小森生活向上クラブ

G

個性派俳優・古田新太が初主演の暴走ブラック・コメディ! 自己チューな正義に目覚めた中年サラリーマンが、社会のダニ退治に奔走する。

毎日がパッとしないサラリーマン・小森は、ある日、駅で痴漢のえん罪をなすりつけて喜ぶ常習犯の女に出会い怒り爆発。思わず走ってきた電車の前に女を突き落とし、殺してしまう。不思議な爽快感と活力を覚えた小森は、自分なりの正義に目覚め、社会のダニ退治を名目に殺人を重ねていく。そしていつの間にか周囲には熱狂的な賛同者が集まっていた。

詳細情報

関連情報
原作:室積光
音声言語
日本語
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-11-14 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

コメディ邦画ランキング

小森生活向上クラブの評価・レビュー

2.7
観た人
166
観たい人
79
  • 4.5

    明石ですさん2021/06/05 02:10

    免許停止ならぬ一発死刑確定だな!ハハ。by古田新太

    部下にも家族にも舐められっぱなしの冴えない中年サラリーンが、痴漢冤罪をかけられてブチ切れ。冤罪女を電車のホームに突き落とす、、という夢を見る。それを機に人が変わり、銃を手に入れて日々の鬱憤を爆発させるべく世直し。街の無法者を始末していく話。

    キレたサラリーマンが滅茶苦茶に暴走するという、マイケル・ダグラスの『フォーリング・ダウン』みたいな設定の作品ですが、実際は、銃をぶっ放し人を殺して回る「掃除屋」が街の英雄として称えられる『タクシードライバー』のオマージュでした。もはやジャケット詐欺とも言えそうなかなり血生臭い映画。好き。

    もちろん表向きはコメディ調。全体的にドラマみたいなゆるい質感で、映画っぽくないと言えば映画っぽくない。よく言えば実験的な作風、悪く言えば個性のゴリ押しですかね笑。まあ話の構成自体も1話完結×4話といった感じなので、ドラマ感覚で見るのが無難そう。

    狂気に目覚めた小森課長(古田新太)が、銃を片手に世直ししていくタクシードライバー的展は中盤まで。中盤以降は、課長に感化された部下たちが殺人クラブを作ってしまい、会議によって誰を殺すか決めていくというサイコ展開に(その殺人クラブの名前が「小森生活向上クラブ」)。終盤は、サイコパスな部下たちに押されて殺人マシーンと化してしまう小森課長笑。

    この映画、俳優さんの顔をおでこの上から写したり、時間を止めて主人公だけを動かしたり、スローモーションを多用したりと、カメラアングルやら編集の仕方やらが特徴的ですね。効果的に機能してるかは謎ですが、前衛的な作風はけっこう好み。あとこれは狙ってやってることだとは思うけど、コミカルすぎるBGMがところどころ場面にミスマッチだったのは否めない。画面内で起こってることと流れてる楽曲の雰囲気が合ってなくて、置いてけぼり食らっちゃった。せめて殺人のシーンはシリアスな音楽を挿れて欲しかった。。

    古田新太の部下役は世界三大美女の一人栗山千明。ズレ眼鏡にセンター分けのひっつめ髪と、ちょっとダサめの新卒社会人みたいなルックスでご登場。当然お美しい。若い頃の栗山千明は、大杉漣しかり古田新太しかり、ひとまわり年上の個性派俳優に振り回される役が似合ってると思う。お顔は特徴的な美しさだけど、中身はストレートな栗山嬢が本作でも素晴らしいスパイスになってました。まあそれも前半までですが。

    中盤以降の彼女は、まさかのサイコパスキャラがむきだし。振り回され系部下かと思いきや、実は上司を振り回す系ワイルド部下。ホテルで上半身裸(背中だけ)になるシーンがありましたが、こういう妖艶な美女の役の千明様も大好き奥二重でキリッと目が細くて、なおかつエラが張ってた頃の彼女は、古代ローマの彫刻みたいに綺麗でした。絶世の美女なのはもちろん、この人にしか出し得ない魅力があったもの。「たとえ何人の男と関係を持っても、不倫だけはしない主義です」「人は殺しても不倫はしません」は後世に語り継ぎたい名言。額縁に飾っても良し。このお方、至極真面目な顔して面白いこと言うから笑っちゃう。

    もう1人の後輩(こちらの方が若干出番多め)は爽やかイケメンの忍成修吾。拳銃ぶっ放して世直しする小森課長に惚れ込み、彼の忠実な部下になった男。阿呆すぎてニコニコ顔で人を殺し、そして妖艶な栗山嬢のハニートラップに引っ掛かり殺人の証拠をすべて喋ってしまうお馬鹿殺人犯(私も栗山嬢にハニートラップかけられて情報吐かされたい、というのは全く関係ない話)。忍成さん、栗山千明と同じく『バトロワ』で出世した俳優さんでしたね、いつまでも応援してます。

    また要所要所でモヒカン頭にグラサン&ミリタリージャケットのトラビスもどきが出てきたり、ブヨブヨボディの古田新太が鏡に向かって”You’re talking to me?”と語りかけるシーンがあったりと、『タクシードライバー』へのオマージュがけっこう気合入ってる本作。オマージュのクオリティが高いかどうかはともかく、こうも意識してるとニヤニヤしちゃう。タクシードライバーのファンにウケるかはわからないけど笑。

    小学生の娘がいる家で、奥さんと猛獣みたいなセッ○スする古田新太は最高!部下をハニートラップにかける妖艶な栗山千明も最高!!文句なしの高評価です。

  • 3.5

    くぅーさん2021/02/18 19:47

    この妙なタイトルで、くせ者怪優の古田新太主演と、それだけでニヤリなのだが・・・いやいや、まさかのあの『タクシードライバー』にオマージュか?

    そう、モヒカンなランディ・トラビスが背中を後押しする的な超ブラックなコメディ…賛否は必至か(笑)

    惜しむらくは痛快な前半に比べると、後半にグダグタと失速しちゃた感。

    うん、これも深夜枠のドラマで見てみたくなったけど。

  • 3.2

    睡眠欲さん2021/01/17 16:16

    挨拶する駅員さんの顔が好き
    栗山千明の顔も好き

    あんだけ殺して捕まらないのすごい。
    周りサイコパスすぎん?

  • 2.5

    クーベルタンはなさん2020/07/09 20:06

    不満が多かった小森課長。ある日、痴漢されてないのにされたと豪語するどうでもいい女性をホームから突飛ばし殺害。それから正義に目覚めうっとおしい人たちを次々殺す話。

    うっとおしい人たち殺しまくるけど何故か警察には捕まらない。ふっしぎ~。

    タイトルはいいんだけどな~。"生活向上クラブ"で嫌な人殺しまくるとはタイトルからは想像できない。でも、殺して生活は向上してんだよね。

    第九も随分軽く演奏してるな。

  • −−

    知佳さん2020/07/02 21:20

    横目で流し見するくらいのンションでみるぶんには全然苦じゃなかったかな
    なんじゃこれってはなったけど
    なんかつまらんおもんないとはならんかった
    チープっては感じたけどなんか
    ちょっと好きかもしれんってなった
    また見るかって言われると困るけど

  • 1.8

    半ライス大盛りさん2020/05/17 23:04

    つまらなかった!
    B級感満載と評価が低いがその通りだった。
    笑えるシーンもないし、思いつきであっち行ったりこっちきたりしている感じ。
    本当に見ても見なくてもいいような、というかむしろ見ない方がいいのではないかというくらい内容もない。
    原作があるようだが未読。
    あらすじは面白そうに思えたのにな。

    こういうのって、作り手側はつまらない作品になるなと思いながら作っているのだろうか。
    それとも最高の映画だなこれはと思いながら頑張って作っているのだろうか。

  • 3.0

    ポピーさん2018/10/29 19:36

    一目見ただけでB級だと分かるパッケージを手に取ったが最後。

    KSCの行動に一点の曇りなし!全てが正義だ!!

  • 2.0

    FHさん2018/10/02 13:22

    古田新太主演だからDVD借りてみたけど、なんだこりゃ?観なくてもというか観ない方が良かった。
    最初の勘違い女は本当にムカつくけど…。
    出演者豪華だったりするけど、B級感満載。

  • −−

    hotkeikoさん2018/09/24 15:37

    これは確かにPG12だ。子供には見せられない。

    自分に関係ない人まで殺すのはやっぱりつらい。ここでつらいと思うから、人間でいられると思うんだけど。

    もうちょっとストーリーに展開があったら面白かったのに。

  • 3.7

    Ridenoriさん2018/08/09 07:07

    古田新太初主演ってだけで面白そうだから観た笑

    B級ブラックコメディー映画

    内容は、
    鬱憤のたまる毎日を過ごしていた小森課長がある日ゴミみたいな女を殺したことをきっかけに正義に目覚め、生きてても害になるような人間を次々処刑していく話。

    「小さな幸せが積み重なれば人一人救えるくらいになるけど、逆に少しの悪でも積み重なれば人一人殺すのに値する」

    言うなれば「デスノート社会人版~死神も出てこないし、頭も良くないけどバージョン」
    なのになんで足がつかないのかは謎。
    所々チンケな演出やいかにもはめ込み映像みたいなとこはあったけど、それは良し。

    でも下田の妻は最終的にどうなったんだ?
    最後そこだけ下田の善悪も含め明らかにしていただきたかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す