お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

フランス外人部隊アルジェリアの戦狼たち

G
  • 字幕

戦うべき相手は国家か、戦友か。

アルジェリア独立の背後にあった友情と正義の本格ドラマ!!苦しい時をともに乗り越えてきた同僚が過激な武装集団に寝返ったと知った時、主人公のサイモンは友情と信念のあいだで苦悩する…フランス最後の戦争といわれたアルジェリア戦争を背景に繰り広げられる男たちの友情と信念のドラマは必見!!!

詳細情報

原題
Deserter
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2002
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2014-11-28 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

フランス外人部隊アルジェリアの戦狼たちの評価・レビュー

3.1
観た人
189
観たい人
140
  • −−

    mhさん2021/10/29 09:36

    なんだかんだで本数が多い、アルジェリア戦争を題材にした映画のひとつ。
    古くはナポレオンの頃にはじまった「フランス外人部隊」に着目したもの。
    主人公はイギリス人。
    仲間にはフランスの犯罪者もいてシェルターがわりに入隊している。
    序盤はブートキャンプ。しごきやいたずらなど。海水汲んでこい→小便でごまかす→飲まれてもバレなかったのプロットよかった。
    中盤は着任後。
    部隊のトレードマークは白い帽子か。アルジェリアをフランスが統治してることに疑問を持つ主人公。
    現地のひとに話を聞くもそれぞれが非合法な活動してる。
    「将軍たちの反乱(アルジェ一揆)」がクライマックス。退役軍人が裏で糸引いていたとのこと。日本の宮城事件みたいに短時間で収束する。こちらは6日で収束したとのこと。
    フランス外人部隊もクーデター側として駆り出されたけど、フランス軍VSフランス軍の対峙では犠牲者もなかったようで、こじれずに済んでよかった。その反乱を知らなかったのでとても勉強になった。
    トムハーディーのデビュー作とのことで、スキンヘッドのあぶないやつを好演していた。
    この映画単体だと微妙だけど、「涙するまで、生きる」「デイズオブグローリー」みたいに、「アルジェの戦い」を楽しみ尽くすために見るもののひとつという感じで許せる。
    面白かった。

  • −−

    へろへろさん2021/09/08 16:54

    出演者少ないし、演出がお粗末で訓練過程なんて笑っちゃうけど、だが、映画の主題はそこじゃないと我慢する。
    「縛りのない喜びを学べ」(アルジェリア人の言葉)
    この映画の主題は何か?外国人が何のために戦うのかを描きたいのだとしたら、なんかよく分からない。戦争の悲惨さだとしたら、外人部隊じゃなくてもいいと思うし。外人部隊が面白いというには、あんまり面白く描けてないし。
    でも、演出とかって、やっぱ重要かも。ある程度リアリティがないと、あまりにツッコミどころが多いと、話に集中できなくなる。
    後半部は少し面白くなってきた。
    アルジェリアも綺麗なところがたくさんあって、学びの場があって、人が暮らしてる。
    信仰は、仏教も神道も、美しい。
    ドゴールはアルジェリア独立を決め、対して独立を認めない一派は、クーデター。フランス対フランスに。
    外人部隊に入る人たちって、なんのために戦ってるのかな。

  • −−

    Hirokingさん2021/09/03 22:11

    〖実話〗
    実話を基に描いた戦争アクションらしい⁉️
    が…いまいちパッとしない作品でした😱💧

    2021年1,455本目

  • −−

    sunaoxoxoさん2021/08/11 14:47

    終始トムしか目に入らない!
    主役じゃないのに圧倒的イケメンでした。
    あの高い鼻を近くで拝みたい…
    すでに演技力も安定しておりました。
    申し訳ないのですが
    あとはどうでも良かったです。
    ただただトムが美しくてツルツルで…
    トムハ好きにだけおすすめしたいです!

  • 3.5

    666さん2021/08/07 21:16

    ナイジェリアのフランス外人部隊に入隊する若者達を中心としたナイジェリア戦争の話、イギリスの若者の1人がトムハーディ。
    主人公はトムハーディでなく、売り出し間違いだったような癖のない英国人で、役どころもイマイチ。トムハーディは親友だけど1番濃い役。

    虐待ばりの訓練とナイジェリア戦争において精神を病む仲間の中で、1人淡々と秘密軍事組に入ろうと考える恐れ知らずの細マッチョトムハ。
    B級風なジャケットにしては、臨場感もありなかなか面白かった。

    ブラックホークダウンではまだ声が高かったのにこの映画では既に低音かすれボイス。20代でアルコール中毒だったそうだから酒焼け⁈まさかね、、。

    半裸訓練シーンも多く、タトゥーは背中、腕、お腹に小さいのが一つづ確認。タトゥーの成長も見守りたい。
    鼻をすする癖すでに健在。こんなに聞いていたい鼻すすり音はかつてない。
    矯正前の悪い歯並び。笑った時に見える片前歯に母性がうずく。
    キャシャでまだ目立つ撫で肩も愛らしい。

    仲間の死に怒る、バーの女性に花をプレゼントするふざけ顔、仲間を裏切った後の冷酷な表情、今程の凄みはないが、25歳トムハの演技力は群を抜いていて、トムハ抜きにはこの映画成り立たないレベル。

    若いトムハーディの魅力満載、たまらん、可愛すぎる。。個人的にグリーンベレー姿が萌えポイント。あと3回は観たい。

  • 2.8

    くんちやんさん2021/08/04 21:40

    トム・ハーディ出てるので鑑賞。

    ポスターやらDVDのジャケットにデカデカとトム・ハーディと書いてあるからてっきり主役なのかと思ったら違うんすね。

    なんか薄ーーいなという印象だった。時代背景とか勉強してれば印象変わるのかな?

  • 3.0

    なつみさん2021/04/02 23:37

    別にトムハが主人公ってわけでもなかったんだけど、つるんつるんのゆで卵のようなトムハが拝めて最高!ミリタリー映画初心者にはそれくらいしか言うことがねぇ…

  • 4.5

    のんchanさん2021/03/05 12:10

    『カポネ』では円熟した役者魂を魅せつけたトム・ハーディだったけど...
    ちょっと不完全燃焼だった私は、やっぱりカッコイイ😍トムハを求めてこの作品をチョイス❗️

    コレ、凄い⚡️超めっけもん的な🤩
    まだトムハがメジャーになる前の、当時25歳のトム・ハーディの演技と細マッチョな身体と数え切れない魅力が詰まってる作品だった〜🌟

    なんか評価低いけど、Filmarksの評価は本当に当てにならない‼️自分の感性を信じるのみ✊

    トムハはまだ歯も整えていなくて、前歯が少し重なっていたんだね、そこがまたチャーミングだったけど...あ、そんなどーでも良い情報は要らないね💦

    必ず有名になることが予感できるキラキラと輝くものが隠し切れないの✨
    表情の作り方が抜群😉全裸の後ろ姿も見れます💫
    そして、帽子の似合うトムハだけど、グリーンのベレー帽の被り方が絶対に周りと違うんだよね🥺そんな細かな事から、タトゥーの場所とか...うふふふ(๑・̑◡・̑๑)ファン必見の作品でした🥰


    ストーリーは、フランス外人部隊に在籍していた英国人実業家サイモン・マレーの実体験を基にした内容で、それはそれは厳しい軍隊の訓練と過酷な環境が描かれています。 反乱軍との銃撃戦があったりと緊迫する場面もあるけれど、激しすぎない演出がかえって現実的で恐怖感が湧きます。
    フランスとアルジェリアの歴史を知ることもできます。独立問題における人々の感情の逼迫感が伝わりました。

    話の内容は歴史的にも重要な事、日本人には難しいところもあったけど、歴史を垣間見れて、戦争🪖の激しさ、そして男たちの友情、逞しさ、孤独感、色々詰まっていて見応えは十二分にありました👏

    トムハは主役じゃないけれど、主役がまた正統派なお利口さんタイプでなんか面白味がないので、準主役のトムハの凄さが際立っていて、これは間違いなく出世作なんだろうなと感じる逸品🌟

    オススメ〜〜🌟


  • 3.5

    ーcoyolyーさん2021/01/28 15:36

    フランス外人部隊もフランス人の精神性がよく現れている存在だと思うのでずっと気になってました。植民地の現地人に英語を使わせないであくまでも自分たちとは違う存在と扱うイギリスと違い、植民地を徹底的にフランス語で同化して(二級市民とはいえ)フランス人扱いするフランス外人部隊の公用語が完全に英語だったけど、私は1960年代のフランスに何故か無性に惹かれるので、街角に貼られているB.B.のポスターなんかでいちいちブチ上がりなかなか楽しめました。

    アルジェリア独立戦争とかピエ・ノワールとか予備知識ないと、もしかしたらちょっとわかりにくいかもしれないです。「シェルブールの雨傘」とかもほぼ同時代でアルジェリア独立戦争が思いっきり影響してるストーリーだから、1960年代のフランスが好きだとめちゃくちゃ重要。でもそうじゃない人にとってはどうでもいいよね。

    初々しいトム・ハーディが観られるのでそちらがお好きな人も楽しめるのではないですかね?

  • 2.0

    ヨシミさん2021/01/18 16:11

    戦闘シーンで誰がどの地点で誰を撃ってとか非常にわかりにくく、カメラワークが問題点だった。
    話の整理の仕方も微妙。ただ、辻褄よりも出演者の芝居に目がいったので、それもまたよし。20代前半の俳優陣が見せる、この時期でしか見られない演技は貴重でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました