お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY

G

星矢伝説はここから始まった―。10年の時を超え、聖域十二宮編がついに復活!

遥か神話の時代、闘いの女神アテナを護る戦士たちがいた。彼らこそ、この世に邪悪がはびこる時、必ずや現れるという希望の戦士・聖闘士〈セイント〉。長きに渡る「聖戦」より時は経ち、現代。自らの持つ不思議な力に思い悩む少女・城戸沙織は、突如刺客にに襲われ、青銅聖闘士<ブロンズセイント>の少年・星矢に救われる。そこで自らの運命と使命を知った沙織は、星矢と仲間の青銅聖闘士と共に聖域〈サンクチュアリ〉へと向かう決意をするのだった。だがそこには教皇の罠と、聖闘士の中でも最強を誇る伝説の黄金聖闘士〈ゴールドセイント〉たちとの死闘が待ち受けていた―!

詳細情報

関連情報
原作:車田正美 製作総指揮:車田正美
音声言語
日本語
制作年
2014
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-12-16 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARYの評価・レビュー

3
観た人
581
観たい人
110
  • 2.0

    Kanataさん2020/04/24 05:05

    CG、声優、EDの曲はいい。その他はえ?は?の連続。

    原作ファンとして1度は見ておきたくて見たけど予想以上に酷かった。
    キャラ変更とそれに伴ったキャラ崩壊、聖衣のデザイン、ストーリー、その他もろもろ別の作品として見てもカッコイイと思うこともワクワクもしませんでした。
    聖闘士星矢の派生作品が多々ありますがその中でも断トツに面白くなかった。

    そもそも聖闘士星矢の内容を映画の尺でまとめるのは難しいし向いてないと思います。

  • 3.6

    映画浪士さん2020/04/14 17:15

    常にクライマックスで美しい映像にドキドキしたんだけど、後半の原作解離と巨大化展開、クレジット後のナンパな小話についていけず。

    カッコよく登場してきた一輝の顛末にはとくにがっかりで、魚座の人は激怒して投書しても許される展開。肩に水瓶をのせたカミュはプレデターみたい。

    とにかくやっぱり、主題歌はペガサス幻想かソルジャードリームじゃないとのれないで候。

  • 4.0

    bonbon222さん2020/03/27 00:52

    おもしろい解釈で表現された星矢の世界観。普通のアニメの方が圧倒的におもしろいけどとにかく聖衣が美しいので観てくれ。山羊座の聖衣が光に透ける様を観てくれ。そして通常アニメもぜひ観よう。

  • 3.2

    Mojaさん2020/03/08 22:50

    最近、何故か聖闘士星矢を観たくなりNetflixでフルCGの作品をおっかなびっくり観てみたけど、沙織さんと黄金聖闘士の美しさは満足。
    ただ、青銅聖闘士の見た目がな〜

  • 3.2

    Yasuさん2020/02/14 03:05

    原作は全く知らない。
    アニメを全て観れる気がしないので映画で鑑賞。

    すごくまとめてるんだろうなぁとは思っ。
    戦うシーン鎧(聖衣)はカッコよかった。

    声優がすごい豪華だったけど
    個人的に佐々木彩夏の声は違和感感じた。

    Instagramやってます。
    よろしくおねがいします。↓
    https://www.instagram.com/hero_yas_inka

  • 2.2

    ぱきらさん2020/02/03 03:38

    いつの間にかオンデマンドでみられるようになっていたことに気づいたので視聴してみました
    聖闘士星矢好きだとまあそこそこ楽しみつつそこそこ以上くらいは微妙な気持ちにもなりつつ、くらいの感覚でした。
    グラフィックのそんなに素人目にもお金をケチられてはいなさそうな豪華な雰囲気と、この時間内で十二宮を当然駆け足とはいえすっきりとまとめてあったことは、よかった点とはいえるのではないでしょうか。キャラクターデザインも女性だけでなく男性キャラもそれなりに繊細さのある造形にしようという雰囲気は伝わりました。
    ただ、作った人が力を入れたい派手なアクションシーン出せそうなところに尺割くのは当然でしょうが、いくらなんでも十二宮でも省きすぎじゃないかと思うわせる極端な部分があったのは残念な部分ではありました。
    しかし3Dアニメになるとキャラクターの表情や身振りなどの動きもかなりアメリカンになるのは何故なんでしょうか。お手本にできるモーションなどがそちらのほうのものしかないからなのか。表情や身振りはもう少しオリジナリティある動き方を追求してほしいと改めて思わされました。この作品に限らずのはなしで、和製(いまどき国内だけで作れもしないことがほとんどでしょうが、あくまでも日本の映画として出すならという意味で)3Dアニメを作ろうというならばというか。
    あと正直すごーく残念だったのがなにゆえ一輝の「惰弱な」を「軟弱」にしてしまったのかなあーとは。なんかもう反射的にすごく残念な気持ちにさせられてしまいました。惰弱な(蛇足ですが「だじゃく」です。いまどきだと見間違えそうですが「じょうじゃく」ではないです)、は割とリメイク作品などにおいても一輝登場時に待たれている台詞かと認識されているので、うるさく細かいところだけは言いたくないですが、定番や抑えるべきところを変更するならそれなりの理由は欲しいという気持ちにさせられました。現代風に分かりやすくする、だけなら理由として弱すぎる印象が否めないというか。
    長く愛される作品だからこそこう繰り返して映像化の機会も得られるわけでしょうし、踏襲すべき部分と新鮮さを取り入れる部分が熟考された新しい映像化がみたいです。
    聖闘士星矢好きすぎる人が作ってもいい作品になるとは限りませんし制作した人がその原作なり作品なりを大好きである必要もないのですが、あまり作品に情というかは無さそうかなというのが伝わってくるのもそんなに楽しくもないのは正直よぎった思いでした。

    でもつまらないだとか不快だとかまでの後味もないので、このスコアにさせてもらいます。駆け足なだけにそれぞれの聖闘士やアテナの立場や背景を省くことになったのは結構やはりあっさりしすぎてしまうのは否めませんが。

  • 3.0

    ゆうきさん2020/01/30 22:51

    十二宮編を2時間で詰め込んだのは
    すごいと思う。
    一応初めてみる人にも
    内容はわかるようにはなってる

    だけどもうちょっと
    各々の使命や想いを
    詳しく描いて欲しかったってのもある

    いや、2時間では無理なんだろうけど

    みんなに原作もおすすめする
    ほんと読んで

    ただ蟹座が好きな私にとっては
    今回、彼の楽しそうな姿が見れて嬉しい
    すぐやられるけどね笑

  • 1.5

    YOSHIキZATOさん2020/01/12 21:03

    ただただCGが凄いのと主題歌のHEROだけが素晴らしい映画。

    本当に名曲。

    聖闘士星矢の十二宮編までを2時間でやろうとしたのは褒めてあげたい。が、結果何も伝わってこなかったなー。


  • 3.4

    モツさん2019/12/19 12:26

    最早キャラの面影はうっすうすです

    デスマスクに至ってはぶっ飛び過ぎててセブンセンシズどころかエイトぐらいまで目覚めてんじゃないの?ってくらいに原作とは違います

    原作だけではなく蟹座生まれの方がちょっと可哀想

    CG自体は綺麗で技の表現の仕方も格好良いし、スピード感もあります

    ただ!やっぱり!キャラがっ!

    ムウ!ミロ!好きな黄金聖闘士も違くて…

    アフロディーテよ…なんの為にでてきた

  • 3.8

    あやとさん2019/11/25 00:57

    聖闘士星矢の世界をフルCGで描かれていてとても素敵でした。
    沙織役の佐々木 彩夏さんがとても演技が良くて本当によかったです

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す