お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

プライズ~秘密と嘘がくれたもの~

G
  • 字幕

お母さんに褒めてほしいの。

第61回ベルリン国際映画祭、銀熊賞受賞作品。社会に背を向け、母親と2人きりで孤独な生活を送る7歳の少女の姿を通して、軍事政権下のアルゼンチンの人々の不安と恐怖を浮き彫りにし、世界各地で数多くの映画賞に輝いた秀作。

詳細情報

原題
El premio
音声言語
スペイン語/フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
メキシコ・フランス・ドイツ・ポーランド
対応端末
公開開始日
2015-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

プライズ~秘密と嘘がくれたもの~の評価・レビュー

3.3
観た人
509
観たい人
454
  • 3.5

    びっぐはぐさん2021/11/23 17:50

    『蜘蛛女のキス』にもあった
    アルゼンチン軍事独裁政権時代の
    ことを描いた作品のようです。

    劇中音楽はほとんど無く、
    海辺を吹き付ける風音と
    浜の砂がザラザラと
    肌に張り付いてくるよう。

    主人公の女の子の
    勝ち気で聡明な顔つきと
    良く動く活発な体の動きが
    救いでした。

    個人的にスペイン語圏の
    映画に興味があり、
    舞台、背景は違いますが、
    スペインの
    『ミツバチのささやき』
    『蝶の舌』
    『バンス・ラビリンス』
    などを思い出し、
    また見返したくなりました。

  • −−

    ぶぶすけさん2021/11/21 14:58

    子どもたちが、演技とは思えないほどリアルでした。表情とか仕草が絶妙!
    鑑賞中は、セシリアの感情を擬似体験している感じでした。

  • 3.5

    nockさん2021/10/20 18:59

    駆け引きなしの子どもの行動。
    ギリギリの精神状態の母親。
    主人公セシリアはまだ7歳。母親から伝えられることの重さがわからない。
    派手な音楽もなく、浜辺の海からの強風の音がBGM。
    とにかく風が強くて寒そうな風景。

    大人が演技をしているのは、なんとなく分かるが、子どもたちはセリフだけ覚えてあとはアドリブかと思うほど自然。
    叱られているのにクスクス笑ったり、駄々をこねる姿など素だ。

    母親がどうしうもなく当たり散らすシーンがあるが、それもなかなか迫真の演技。セシリアに暴力は振るわず周りの物に当たるシーン。
    これもアドリブかな?と思うほど、ありがちで生々しい。

    ジム(犬)のここほれワンワンもジムの本能がよく現れている。

  • 3.0

    いち麦さん2021/10/01 14:24

    アルゼンチンの寂れた砂浜に建つ小屋に身を潜める母娘。幼い少女の自由な心が軍政と教育にねじ曲げられる様が静かに迫り胸が締め付けられる思い。

  • 3.0

    海風さん2021/09/25 10:45

    1970年代の軍事独裁政権下のアルゼンチンで少女時代を過ごした体験をもとに作られた半自伝的な物語。

    うーーーーー。。。子どもは悪くないし、ただ此処に生まれてきたことで守っていかなきゃならないものを強制的に強いられる。建前と本音を使い分けて生きていくことを知らなければならないんだね。
    褒めたいけど素直に褒められない葛藤が軍への抵抗感を表していて、なかなか生々しかった。
    ママに褒めて欲しかったのにね。
    子どもは家庭に育てられるものっていうのがとてもよく表現されていてよかったんじゃないかな。
    複雑だったけど、犬ジムで癒された。

    最後が嫌いー。しょうがないやんセシリア自身受賞すると思ってもなかったし、意図的じゃないんだから。。母親ももう少しな〜と思ってしまった

  • 2.9

    Tinscowさん2021/09/25 00:09

    サブタイトルのイメージで期待して観ると残念かも。
    自分はその期待はなく、そこそこ陰鬱で重めのヒューマンドラマを期待していた。確かにそういう系だったけど、なんかずっと淡々としてて、見所があまりなく終わってしまった。

    グレーの空と海、不穏なBGMは良かった。

  • 3.8

    ラストシアターさん2021/09/24 17:59

    1970年代の軍事政権下のアルゼンチンの海辺の片田舎が舞台

    社会から身を隠すようにして海辺のボロボロの海小屋でひっそりと生きる母親と7歳の少女

    監督が少女の時に軍事政権の不安と恐怖を感じた実体験を静かに情緒的に描いた作品

    #映画好きと繋がりたい

  • 4.5

    Atsuiさん2021/08/02 19:39

    映像がきれいでドライで見ていて心地よい。一方で内容は、子供が少しずつ状況を理解して変化していく様子があまりにも丁寧に描かれていて、閉塞感ややるせなさで最後はもう見るのが忍びなくなってくる。とても良かった。ただし邦題の意図はよくわからない。

  • 4.2

    らまんさん2021/07/26 17:49

    なんとも言えない作品です、時代背景、政治情勢がわからない私にも、なんだか重くのしかかる、辛い世情があるのだろう、国のなかで、まだ良し悪しのわからない、家庭環境もりかいできていない少女のストーリー、最後までモヤがかかったままでおわります。

  • 3.3

    tenさん2021/03/20 00:10

    難しかった。背景ほとんど知らないからかな…。人の反応の意味が時折分からなくて、ただただ落ち着かない気持ちになってしまった。セシリアの無邪気さが切ない。最後はずっしり重いものが残りました。
    空気はとても好きな映画。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました