お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

フューリー

G
  • 吹替
  • 字幕

たった一台の戦車で、300人ものナチス・ドイツの大軍に立ち向かった5人の兵士の勇気と絆の物語!

1945年4月、戦車“フューリー”を駆るウォーダディー(ブラッド・ピット)のチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー”の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていくのだった……。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
220
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

フューリーの評価・レビュー

3.8
観た人
33207
観たい人
13803
  • 3.8

    ボブさん2021/04/22 22:40

    強さって何なんやろな
    他の隊員の酷いドイツ人への仕打ちは、ノーマンを悲しませないためだったんやろなぁと。そんで髭剃るシーンかっけぇな
    神なんているんだろうか、、、、、

  • 2.5

    adeamさん2021/04/22 01:10

    戦車を使った戦闘シーンが話題となった、第二次大戦末期を舞台にした戦争アクション。
    戦車を物語の拠点にしていること自体が新鮮でしたし、戦争映画での戦車というと破壊力はあっても機動力に劣るイメージでしたが、今作では華麗な動きを見せてくれて楽しかったです。
    アクションシーン以外での見どころとしては新兵の精神的変化を描いたドラマだと思うのですが、前半は極端なヘタレとして描かれていたのが、中盤に突然豹変してしまうので困惑しました。
    自分のミスで味方が死んでも腹が据わらなかった男が、ついさっき出会って関係を持った女性が絡むと急に人が変わってしまい、仲間たちからも一目置かれるようになります。
    終盤にドラマとしての焦点が兵士たちの誇り高き闘いに移行するので、その為の駆け足な展開だったのだと理解できましたが、結果的に兵士としての成長も、戦争の狂気も、男たちの熱い想いも、全てが中途半端に終わっているのが残念でした。

  • 4.0

    千年女優さん2021/04/20 11:25

    第二次世界大戦末期1945年4月のドイツを舞台に、ドン・コリアーが指揮官を務め各々が愛称を持つ歴戦の猛者が集うアメリカ軍のM4中戦車「フューリー」隊に、死亡した副操縦士の補充として着任した新兵ノーマン・エリソンの、敵地最前線での初陣で起こる様々な経験とそれによる変化を描く、デヴィッド・エアー監督による戦争映画です。

    戦争というおよそ一般社会とはかけ離れた空間の中で起こる様々な出来事と、それによって戦争空間仕様へ変わりゆく人間性を、多くの観客と同様に敵兵を殺すことに躊躇する所から始まる若き新兵の1日を通して描くストーリーは、やや性急に過ぎて不自然な印象は否めないものの、非常に手際が良く最終盤に至るまでそつがありません。

    第二次世界大戦はナチス・ドイツという絶対悪を相手に勝利を収めたとあって、連合国側がヒロイズムと共に描かれることが多いですが、現実に人と人が対峙したときに生じる共感による苦悩や、大義や目的の為にそれを捨て去り狂気へと走らざるをえない実情は他の戦争と同じように存在していたのだと、改めて感じさせる一作です。

  • 4.4

    としさん2021/04/19 08:38

    まず、通信隊を希望していた信心深く人を殺したこともなく心優しいノーマンがドンたちと共に戦う中で変わっていく様に見入ってしまった。 それだけだとよくあるものかもしれないが、単なるアメリカ軍万歳映画ではなく女だろうが、子供だろうが、戦意がなかろうが、丸腰だろうがドイツ人はぶっ殺せ、若い女なんてタバコや食料を与えればすぐヤレるぜといった具合に兵士たちがとても野蛮に描かれているのがポイントが高い。それと、なんとか生きながらえたノーマンが戦車の下に隠れていたところを一人のドイツ兵に発見されるが見て見ぬふりをされたシーンも効果的。 はっきりと見せてはいないが頭が吹き飛んだり、死体が戦車に轢かれたり、死体の山が転がってたり、ほどよいゴア描写もリアリティがあって高ポイント。 「私は戦争に行くのを拒否した卑怯者です。」という首吊り(たぶんSSに殺された)死体も不気味で良かった。 惜しいのはエマの家に入ってからのくだりに時間を割きすぎていないかというところとドンがドイツ人になぜあそこまで恨みを持っているのかの背景が見えなかったこと。 エマに関してはノーマンとお互いに惹かれあったが爆撃によって彼女が無残に死んだことでこれが戦争なんだという説得力を持たせるために必要だったとも考えられるが…。 ドンが最初に言った誰とも仲良くなるなという一言の意図がよくわかる結末になっている。

  • 4.3

    煙巻さん2021/04/17 23:18

    汗の臭いまで感じられるほど脳筋漢達の暑苦しい関係描写が延々と続く
    いや最高だろ!戦車で過ごすストレスと極限に生きる兵士の友情と信頼が熱い!
    デヴィットエアーは信じられる監督です

  • 3.9

    あおいのさん2021/04/17 01:21

    観終わった後に最後までエンドロール眺めてたい。
    そんな感じの映画だった。

    メインなはずの人達を中盤で人間的にかなり酷く描いてたりしたのが、これが戦争なんだなって実感を持たせてくれた気がした。

  • 5.0

    BEHAさん2021/04/16 19:20


    ・戦場とは
    ・自分に言い聞かせろ!間違ってない!
    ・大人映画
    ・1人でじっくり見るのがオススメ

    鑑賞感想▶︎最近戦争映画観てたので気になって見ました。最初から釘付けになりました。戦場の恐ろしさ厳しさを感じることができました。この男達を忘れる事は出来ない。間違ってなんかいない!戦場では戦って勝つ事が平和だと信じて。だけどそれまではとても残酷。最初から過酷な戦場で最後まで釘付けで目が離せなく、なんかすごいなって思いました。傑作です。素晴らしい映画でした。

  • 3.5

    おーいこっちださん2021/04/15 15:12

    敵も味方も一般人も俺たちもあまりにも皆命が軽すぎる映画。

    戦車乗ってたらめちゃくちゃ強いんちゃうの?と思ってたが全然だった。めちゃくちゃあっけない。意外とすぐ死ぬ。
    戦車同士の戦いで味方が弱すぎてオイオイなった。
    シャイアラプーフがヤケクソ感すごかった。トランスフォーマーを失ってこんなんなっちまって…

    ブラピが粗野な上官役だったが顔がぼっちゃん顔つうかかわいいからあんま怖さ出ないよな。無理してワイルドやってる感じ。
    全編見所あって楽しい映画。ラストも好き。

  • −−

    リヴァーxxxさん2021/04/12 22:02

    一人一人にしっかりと焦点を当てた最期がとてもよかった。外ではなく家の中で終わらせる。 胸糞の食事シーンとか米国兵でしか撮れないと思うし、ブラピの弱さを見せるシーンとかめっちゃ響いた。

    ノーマンがLv1からLv100(マシーン)になる早さえぐい

  • 4.5

    ヤムヤムさん2021/04/08 20:40

    1000レビューに向けてブラッド・ピットマラソンしよーかなーと思ってみたり。

    新兵ノーマンの配属先、戦車フューリー号。戦闘未経験のノーマンに不服を見せるクルーたちだが、新たな任務が言い渡され、フューリー号は次の戦場へ。悲惨な現実を目の当たりにするノーマンの成長ストーリー。

    フューリー!
    ブラッド・ピットが魅せる戦車、フューリー!戦闘シーンが結構エグくて楽しいです!首吹っ飛ぶし、キャタピラにプレスされたり、、、!ちゃんとブシャッて血が吹き出るし。戦争映画だけど思いのほかエンタメしてて楽しいです。迫力もよし!後半の十字路手前の戦車バトル、ラスト5人vs300人ナチ兵。熱いです。そしてかっこよかった、、、実際のティーガー戦車使ってるのもありますよね。

    ブラッド・ピットの親父肌?兄貴肌?しびれますねぇ!ガタイもいいし、頼れるし。さすがにうまくて相変わらず見せてくれるカリスマ感に目がキラキラしてしまいます、、、。ゆえにもうちょいカリスマゆえの細かいキャラクターの深掘りがあるとなお良かったです。友情劇でもあるし、、、

    メイキングも大変だったようで!
    当時ブラッド・ピットは50歳。実際の新兵プログラムに全て参加したとか。。。タフだなぁーと思ってたんですけど、さらにすごいなぁと思ったのがシャイア・ラブーフくん。役作りのために歯抜いて、クリスチャンになったとか、さらに自分で顔に傷つけてリアルな傷口を作ったとか(笑)ねぇ、ほんと?!wペーニャはどうしてたんだろwww

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す