お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

わたしのハワイの歩きかた

G

脱出しちゃう?仕事、恋愛、人間関係…、上手くいかない現実から脱出!泣いて、笑って、恋する、爽快エスケープ・ラブ・コメディ!

出版社で働く26歳の女性編集者・小山田みのりは、仕事や人間関係に苦労する毎日で、イライラが募る日々を送っていた。そんなある日、ハワイで挙式する友人の愛子から2次会の企画を頼まれる。これまでに何冊もハワイの関連書籍を出しているにもかかわらず、一度もハワイ取材に行ったことがないみのりは、新しいハワイ特集の企画取材という口実をでっち上げ、会社の経費でハワイへと旅立つ。現地で茜、勉、知哉という新しい友人と知り合い、毎日飲んで遊んで楽しい日々を過ごすみのりであったが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2014
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-09-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

わたしのハワイの歩きかたの評価・レビュー

2.8
観た人
3516
観たい人
1206
  • 1.0

    あかつかさん2021/05/23 14:05

    あろはうぇ〜

    私の中では伝説的カルト映画である。たびたびネタにしながらしっかり向き合ってこなかったので、ここらでちゃんと向き合わないと。えいっ!アマプラ標準画質300円!

    昨日『宮本から君へ』見て、『インスタント沼』見て、これである。『宮本』で得たテンションがどんどん削られていくと思ってたら、まさかの宮本でてきた。宮本ぉーっ!お前ハワイで何やってんだぁーっ!

    この映画のしようもなさはお歴々のレビューが優秀すぎるので付言しようもないのだが、ラスト30分は追い込みかけるようにホントしようもない。120分で米5合くらい食った。

    つーか最近の邦画でありがちな女性雑誌編集者=負け組働きマン的な記号がなんかイヤだわ。原作者の思いこもってそうだけど。

    本間ちゃん役の宇野祥平に1.0加点。

  • −−

    Nさん2021/04/23 17:04

    キャスト目当てで観たから気づかなかったけど、ヴィジュアルデザイン誰が指示出したんだ!再生したらパケと中身違うDVDだったくらい違うじゃん!後輩池松の夢見ながら加瀬亮に飯作られてーよこっちも

  • 2.0

    キリンさん2021/04/22 14:45

    榮倉奈々の演技が凄いという事なのか
    この主人公嫌いだわ。。。

    それに付き合う池松壮亮は凄いわ。。

    作品中でのヒエラルキー、階級というものは
    凄く気になったな、嫌いだわ

    この作品で良かったのは、「適当さに振り切った」
    鶴見慎吾かな
    あ、宇野祥平の、物おじしない空気読めなさも良かった

  • 3.5

    ミカンセイさん2021/04/03 13:58

    疲れたとき、なんだかなぁって思ったとき何度か観てた。
    旅行行きたいとか、気分転換したいとき、
    肩の力を抜きたいときに。

  • 3.0

    Miiさん2021/04/03 12:29

    ハワイの景色に癒される♡

    ハワイに行ったら
    そんなに出逢えるの?!(笑)
    夢がいっぱい( *´艸`*)

    ハワイの話、というより。
    ハワイを借りた恋愛のお話…?

    まぁ開放的な気分にはなれる。

  • 3.2

    Hazuさん2021/03/20 09:37

    き ろ く 🌺


    Hawaiiっていいわよね♡

    行ったことないけど


    行ったかのように思わせてくれる

    大人の恋愛って難しいけどシンプル

  • 3.7

    romaneさん2021/03/14 16:27

    観光地のキラキラしたハワイだけじゃなくて、ちゃんとネイティブの血を引き継いだ人たちが出てたのが好感持てた

  • 4.0

    11464さん2021/03/12 11:48

    榮倉奈々のスタイルやべぇ
    それぞれ幸せを見つけてく感じが良かった!

    世間や他人の目を気にしない、
    自分だけの生き方をしたいもんだ。

  • −−

    DONさん2021/02/07 14:49

    ラブコメをやりたいという設定がまずありきでの見切り発車感。

    身分違いの恋愛という設定は、1930〜40年代ハリウッド黄金期のロマンティック・コメディの定石だが、それを日本映画においてどう描けるのか。そこに果敢に挑戦しつつ、見事に失敗している。カジキマグロのハリボテ感が笑いではなく、作り手の自虐に見えてしまう点がそれを証明している。

  • 2.0

    ルネさん2020/12/21 21:04

    邦画コメディの金字塔、『婚前特急』の前田弘二監督作品。

    『婚前特急』にあったマジックが完全に消え去っていて、笑えるポイントも
    ほとんどなく、コメディというよりは女性の生き様ドラマといった感じ。

    監督の次回作に期待したい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す