お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

コーチ ラドスール 無敵と呼ばれた男

G
  • 字幕

連勝記録が止まり、亀裂が生じたアメフトチームを再び復活させることは出来るのか?

1979年、舞台は米カリフォルニア州コンコードのデ・ラ・サール高校。若きボブ・ラドスールがコーチに就任し、151連勝というとてつもない記録を打ち立てた。全てが順調な中、持病の悪化や中心選手の事故死等、度重なる苦難に襲われチーム内には徐々に亀裂生じ、ついに連勝がストップしてしまう。果たしてラドスールはばらばらになったチームを復活し、再びチームを勝利に導くことが出来るのか。熱い男の挑戦が今、始まる…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

コーチ ラドスール 無敵と呼ばれた男の評価・レビュー

3.7
観た人
212
観たい人
241
  • 3.0

    Kさん2021/04/19 20:24

    前人未到の151連勝を成し遂げた伝説のデ・ラ・サール高校アメフト部の伝説のコーチとアメフト部を描いた物語。

    このコーチ、まるで牧師のように教えを解く。

    成功も重ねた、挫折も経験した。

    戦うのは、隣のブラザー、周りの家族のため。

    いわゆるスポ根ものとちょっと淡々としてます。

  • 3.8

    じゅんやさん2021/04/09 00:07

    ジム・カヴィーゼルはパーソンオブインタレストで知った俳優だけどやっぱりカッコいいなぁ。

    スポーツ系の映画は熱くなれるから好き。
    実話だし余計に暑くなる。

    あまり観てる人いないみたいやけど、結構おすすめ。

  • 4.0

    ミッシーさん2021/03/04 22:33

    敬虔なカトリックで私生活では病気を持つ中国人の子2人を養子にしているジム・カヴィーゼル。この役柄にピッタリだと思いました。

    アメフトは分からないけれどスポ根というより人生観を問う感動する良い映画でした。

    人生の早い時期にこのコーチのような人格者に出会えるとはラッキーですね。実話です。

  • 4.0

    おえんさん2020/10/24 01:13

    週末、スポーツ物を観たいと思って選んだ。

    何となく選んだんだけど、ジム・カヴェーゼルは「オーロラの彼方」に出てたじゃん!!!と最初にテンションが上がりました。

    スポーツ物で「実話ベース」の話は良作が多い。スポーツに限らないことだが、技術・スキルは当然高くなければ実績を上げることは出来ない。ただ、スキルだけでなく最後に必要なのは「ハート」だろう。

    好きな映画「リプレイスメント」で、監督演じるジーン・ハックマンが「必要なのはハートだ」と胸を叩くシーンがある。

    仕事や関わっているボランティア活動でも感じることだが、技術や熱意、経験など必要な物は色々ある。そこでも「ハート」がないとダメだと強く感じる。相手を思いやり、献身的に、誠実に、前向きに、明るく、決してあきらめず。真面目なだけではだめだ。そんな人がいる集団は強く、たくましい。

    忙しい日常生活の中で忘れてしまいそうな事、つい意識の外になってしまっていることを、映画は思い出させてくれる。映画を観て良く泣いてしまう。そういう映画を観た後は心がすっきりしていることが多い。

    この映画もそうだった。

    今日も良い映画を観ることが出来た。感謝だ。
    さぁ、明日も一日がんばろう!!!
    おやすみなさい。


  • 3.4

    nagisaさん2020/05/23 00:36

    弱小チームが努力して勝ち上がっていく映画は今まで何回も観たことあったけどこれは連勝を続けてた強いチームが初めて負けてからどう成長していくかっていう話であんなに勝ちを当たり前としてたチームの最後の選択がすごいよかった、エンドロールの実際の映像泣ける

  • 3.2

    Yukiminさん2020/05/03 09:15

    んー良いんだけど、ルールを知らないからイマイチ入り込めない、コーチがクリスチャンだからチョイ宗教的?悪くは無いけどハマらなかった

  • 3.3

    犬さん2019/10/14 17:16

    限界

    実在する伝説の高校アメフト部コーチ、ボブ・ラドスールを描いたニール・ヘイズの同名小説をトーマス・カーター監督が映画化した感動のスポーツドラマ

    苦難の連続

    生徒たち
    それぞれの想い

    チームワーク
    連勝記録に翻弄される

    ストーリー展開はまあまあかな

    実際の映像ありです

  • 3.8

    ToMoさん2019/08/13 01:25

    “誇り高くある時だ”
    『コーチ・カーター』同様、人格者であるコーチがチームに変化をもたらす過程を実話に基き描く。優れた指導者は人生をも導く。若きスポーツマンたちが「誇り」を得る瞬間が素晴らしい。

  • 4.0

    みさん2018/08/23 02:27

    私全人類にジム・カヴィーゼルの魅力を知って欲しくてたまらないんですけどこの映画もめっちゃよかったです
    なんていうか善人の演じる善人は紛れもなく善人なんですよ ジム・カヴィーゼルを観ろ

  • 3.9

    熊谷卍丸さん2018/01/25 22:23

    本格的なアメフト映画で個人的には満足してます

    記録にとらわれないスポーツ精神素晴らしい!

    なんかじぶんがやってた時のことを思い出し、いいなぁと思いました
    気温が高すぎる試合の過酷さ、両面のつらさ、トレーニングの厳しさ、色々込み上げてきました

    それにしてもこのコーチすごいですね!
    本当の人格者という感じがします

    この手の映画は部員が死にがちです

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す