お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ジョンQ 最後の決断

G
  • 字幕

彼は病院を占拠した。要求はただひとつ「息子の命を救うこと」。運命に立ち向かう男を描く、感動のサスペンス超大作!

ある日突然、最愛の息子が心臓病を患い、昏睡状態に陥った。適用されるはずの保険が利かない。会社が社員に知らせずに保険ランクを下げていたのだ。仕事はリストラされ、パートタイマーに格下げされていた。国の補助も受けられない。その間にも、息子はどんどん弱っていく。信じられるのは自分だけど。男は決断する。「俺が助けてみせる。息子は死なせない」男の名はジョン・クインシー・アーチボルド、通称ジョンQ。拳銃を手に、大病院の救急病棟を占拠。医師、看護婦、患者らを人質に立てこもった。要求はただ一つ、息子の命を救うこと…。
ついにアカデミー賞(R)主演男優賞を手にしたデンゼル・ワシントンが息子のために決断する父親役を熱演。そうそうたる名優が集結し、全米初登場No.1を記録した感動ストーリー。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ジョンQ 最後の決断の評価・レビュー

3.6
観た人
7428
観たい人
2436
  • 3.5

    塔の上のカバンツェルさん2021/06/21 20:09

    アメリカのバカ高い医療制度に追いつめられたデンゼル・ワシントンが病院に立て篭もる話。

    デンゼルのイメージが威厳を持ったキャライメージだったから、キャップを被る姿に違和感があった。

    人質の人々とのストックホルムシンドロームの話でもあったような…

  • 3.4

    666さん2021/06/21 14:56

    アメリカの医療、保険の問題を扱った、分かりやすくて王道のアメリカ映画。
    子供思いの良いお父さん、デンゼルワシントン適役。
    レイリオッタ相変わらずの悪徳警官。
    予告観るだけで全てが分かるくらい驚きシーンはゼロだけど、何か時代を感じる懐かしさがあった。

  • 3.8

    ゆきさん2021/06/20 22:38

    命懸けなのはすごく分かるけど、冷静に考えると良くないよなーと思ってしまう、でも応援してしまう。結局、主人公と同じくらいこっちも葛藤している。

  • 3.4

    ディープなつまみぐいさん2021/06/20 09:10

    デンゼル・ワシントン主演作品。アメリカの医療制度、保険制度の問題を描いたヒューマンドラマ。ストーリーは単純だが、子を思う気持ちがすごく伝わった。

  • 4.0

    HikaruTaguchiさん2021/06/20 08:52

    素晴らしい映画だった。
    大切な人を守りたいという気持ちと、非常な社会システム。

    そして邦題はどうしてこうも…
    余計なサブタイトルをつけないでくれ。

  • 3.8

    あわしさん2021/06/19 17:13

    親子の絆が見られるかつ、すごく革命的

    ただ息子を助けたい一心なので基本的にはアットホームなのがいい

  • 3.8

    pachicoさん2021/06/16 21:04

    社会派映画

    デンゼルワシントンは
    どんな役を演じても
    胸に響かせるものを持っている

    貧しさゆえの不平等に
    理不尽な哀しみを怒りを…
    息子へ愛を捧ぐ父を
    深く演じている

    日本とは違うアメリカ社会が
    映画を通してよく見えたような気がする

  • 4.2

    ぷぎゅさん2021/06/13 15:10

    アメリカの医療保険制度の風刺がテーマ。
    息子の心臓移植のために病院をハイジャックする善人の父親。
    ドナーがいないなら俺が自殺する。
    ハラハラしたし、泣けるシーンもあり。

  • −−

    ほやさん2021/06/12 03:34

    未公開シーンも絶対に観た方がいい、そして監督・脚本家の解説付きで。
    より面白さが増すから是非こちらも観てほしい!

  • 3.6

    うみないびさん2021/06/11 06:37

    デンゼルワシントンが父親として子供の為最終手段を取って闘う。
    闘ったのは警察なのか病院なのか保険会社なのか政府なのか。よく映画でもアメリカの保険制度がチラッと垣間見る事ができるけど、ほんと、日本に生まれて良かったなぁと思う。ちょこっとした盲腸の手術でも、何十万。。救急車も実費でしたっけ?それは違う?たとえ、保険に加入しててもなんだかんだで保険金が降りないし。。←「ソウ」でいちゃんもんつけて保険金を出さない保険会社のやつらがジクソウに捕まってた。うちの父親は喉のガンで手術、入院リハビリで2ヶ月ぐらい病院にいたけど後期高齢者、高額医療の助成で、結局10万弱だった。
    オバマケアってやっぱ無理なんかなぁ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す