お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

日本やくざ抗争史 絶縁 第二章

G

誰がこの戦いを止めるのか…。全国1万人を越える巨大組織・丹波組を脅かす新興勢力が押し寄せる!

日本最強最大組織へと成長させた三代目丹波組々長・山台(白竜)。山台率いる丹波組傘下、夏梅一家の相良(小沢和義)は丹波組若頭補佐郷野組々長・郷野(史朗)の威光を笠に勢力を拡大する。それによっての丹波組若頭補佐・金森との戦争が起こる。やがて郷野は丹波組自体を脅かす勢いで膨張し、若頭の牛窪(小沢仁志)との軋轢が生まれ始める。これを発端に、極道社会最大の絶縁事件へと発展していくのだった。小沢仁志、白竜主演による、日本やくざ史上を揺るがす抗争事件、第二章。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

日本やくざ抗争史 絶縁 第二章の評価・レビュー

3.5
観た人
10
観たい人
1
  • 3.4

    Thomasさん2021/04/24 21:42

    主役だと思っていた小沢和義の展開やら、宮崎貴久の衝撃的ねシーン。良い意味で期待を裏切られ、あっという間の約80分。
    ま、良いところは白竜&小沢仁志が持っていくよね〜。

  • 5.0

    能戸淳さん2018/06/22 01:42

    巨大組織における史実に残る大物幹部の絶縁劇を描いたシリーズ内シリーズの完結編。

    いつもどおりストーリーから。
    史郎さん演ずる大物幹部の組織内における存在感の大きさに懸念を抱く小沢アニキを始めとする組織の幹部の面々。
    そのような状況をよそに、引き続き史郎さんの配下で暴れまわる和義アニイ。
    しかし、その行き過ぎた行動は懐が大きい大物史郎さんさえも止めることができず、とうとう和義アニイは・・・って感じ。

    白竜サマ、小沢アニキ、和義アニイ、史郎さんの4人の、余りに迫力ある演技に最後まで見逃せないシーンばかりの本作品、本当に見応えがあった。
    でも、やっぱり、パッケージの表面には、「白竜✕小沢仁史」ってだけじゃなく「✕小沢和義✕史郎」という文字も入れて欲しかったね。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す