お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヘルアイランド

G
  • 字幕

フィリピンの無人島を訪れた撮影クルーに、恐怖のプレデターが襲い掛かる戦慄のクリーチャー・パニック!

『タイタニック』のビリー・ゼインが主演を務めるクリーチャー・パニック。フィリピンの無人島を訪れた撮影クルーが、人間ではない何者かの視線を感じ、動物の声とも違ううめき声を耳にする。脱出不可能な閉ざされた島を舞台に、正体不明のプレデターと対峙させられた人々の恐怖のサバイバル・ゲームを描く。実際にアフリカのジャングルで撮影されたリアリティ満点の映像は必見!

詳細情報

原題
Surviving evil
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2009
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2015-04-22 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

パニック洋画ランキング

ヘルアイランドの評価・レビュー

2.4
観た人
26
観たい人
16
  • 3.3

    爆裂BOXさん2020/12/23 02:58

    サバイバル番組撮影の為フィリピンの孤島を訪れたTVクルー。撮影を進める彼らだがジャングルの木々に紛れる不気味な影が彼らを襲い…というストーリー。
    ビリー・ゼイン主演のモンスター・ホラーです。登場するクリーチャーはフィリピンの伝わる土着の吸血鬼伝承でありいまだに目撃例があるUMAアスワングですが、この作品では見た目「恐怖と戦慄の美女」に登場するインディアン人形みたいなルックスをしていて変身能力を持っており、犬に変身して犠牲者を追いかけたり、翼をはやして飛行したりします。また、妊婦を攫って胎児に種を植え付けて自分たちの同族に変えるという設定も気味悪くて良いですね。繭みたいな物の中から出てきた血まみれの胎児は変身途中だったのかな?終盤の巣の中も気味悪くて良かったですね。
    ビリー・ゼインはベア・グリルスの様なサバイバル番組のホスト役ですが、いざ、緊急事態になるとヘタレるかと思ったら終始頼りがいのある男でした。片腕噛まれて負傷して戦線離脱かと思ったら弓矢や相棒のマチェーテでアスワングと戦って倒す姿は中々カッコイイ。最期もカッコよく決めてくれましたね。「ディセント」のジュノ役だったナタリー・メンドーサも出演してますが、最初の方は昆虫や自然が好きな純粋な女の子という感じでしたけど、襲ってくるアスワングを棒でぶん殴って槍で突き刺したりダイナマイトで吹っ飛ばす姿はジュノを彷彿させましたね。主題歌も歌ってるんですね。プロデューサーのレイチェルはウザい役かと思いきや、終盤は猟銃ぶっぱなして中々の活躍見せてくれました。最後に漢気見せてくれたカメラマンもそうですけど、本当に嫌な奴はいなかったですね。皆を巻き込んだジョーイも奥さんを助ける為でしたし。
    前半一時間くらいは撮影隊の恋愛がらみの人間ドラマが続いてアスワングは中々姿を見せませんが、アスワングが姿を現して本格的に襲ってくる後半からはロクな武器がない状況での戦いになるので中々楽しめましたね。
    ラストのオチも中々不気味な余韻を残してくれます。あそこはアスワングの牧場の様な村なのかな?
    前半一時間は淡々としてますけど、モンスター・ホラーとしては結構楽しめた作品でした。

  • 4.0

    yuuukさん2019/06/06 05:55

    サバイバルの番組の撮影クルーがUMAに遭遇する映画

    UMA(アスワング)吸血鬼伝説として土着神話
    吸血鬼とは富豪(国王天皇を含むの連中)が赤十字を使いバンパイアビジネスにしていることを意味している
    フィリピンに渡来人がきて臓器売買などを行なってきたのではないか

    アスワングは、猿に実験(遺伝子組換え技術など)を施した事による犠牲になった猿の突然変異では
    天皇の金塊を守る為に埋め込まれた猿の変異体

    話が進むに連れて
    天皇の金塊の事が解き明かされるが
    戦時中中野陸軍学校の山下大将をはじめとする輩が捕虜を使ってフィリピンの地に金塊を眠らせたと、そしてミャンマーにもある
    東南アジアの地域に天皇の金塊を隠すために攻めていった事態とんでもない金額に相当する金塊が眠っている

    その天皇の金塊はというとイエズス会(カトリックを語る戦争屋カバール)に金が流れ武器を買う金と言われている

    ミャンマーの通訳の外交員が先日亡くなったが、取り立たされてるのは、ミャンマーの外交で何を密約を交わしてきて内容を知っていたが故に殺されたという話が

    日本財団(笹川893)も東南アジアとは密接でフランスと共に財団を設立している日仏財団もある
    カバールの連中は天皇の金塊を元に金を武器に変えて戦争紛争を起こしてきているのは事実で
    麻生太郎が関わる麻薬シンジケートも加わる
    金塊を使って麻薬取引をしていた
    ミャンマーからモンゴル経由でロシアのヒラリー絡みのロシア疑惑でも繋がるのか
    それがトランプに麻薬シンジケートがバレた為に日本を訪問した、そしてポンコツのF35をお買い上げになったヨイショ安倍
    天皇の金塊はどこまでも戦争紛争に使う金として溜め込んだ金塊を回収し、全世界の貧困層にばら撒かねば!

    この話を盛り込んで作品にした映画でした。楽しい作品でしたよー

  • 2.6

    怨念大納言さん2017/10/24 04:47

    フィリピンの島に住むアスワングというUMAから逃げるサバイバルホラー。

    サバイバル番組の撮影に訪れたという設定で、本作の被害者は調子に乗った若者連中ではなく、非常にサバイバル慣れした撮影クルー。

    序盤のサバイバルがあまりにも長く、アスワングとの攻防は30分程度。

    前半で飽きてしまいかねないが、後半は面白い。

    アスワング自体はオリジナルではなく、本当にいる(かはわからないのか(笑))UMAらしいが、妊婦を好むという悪趣味設定のみ本作オリジナルとのこと。

  • 3.5

    R亀仙人さん2017/04/01 09:18

    どこかで見たと思ったらタイタニックのビリー・ゼイン、彼がサバイバル番組の活動家としてロケ隊を率いてフィリピンの孤島でジャングルに挑む
    しかしその島には伝説のUMA、アスワングが居て撮影隊を襲う..
    これまたラストが意味深でfin、あの女性はどうなるのだろうか..
    ジャングル怖い。

  • 3.4

    トルーマンバロウズさん2017/03/07 22:24

    サバイバル活動家のセブ率いるテレビ番組撮影隊は無人島で6日間滞在するという企画のロケを行なっていた。
    しかし島に着くなり謎の不気味な声などが聞こえはじめテレビクルー達は少しずつ違和感と恐怖を覚えた。
    実はこの島には伝説の魔物アスワングが棲みついていたのだった・・・・。

    タイタニックのビリー・ゼインが主演したサバイバルモンスターアクション映画。
    前半は特に盛り上がる場面もなく淡々と進んでいくが後半からアスワング達とセブ達の戦いがそれなりに盛り上がって描かれているので全体的には悪くはなかった。
    アスワングのデザインはビッグフットにスピーシーズのエイリアンを合体させたみたいな感じで良かった【CGをあまり使わず着ぐるみで表現していたのも悪くなかった。】
    ビリー・ゼインのファンの人は見ても損はしないかな。

  • 2.5

    夢一路さん2016/08/07 18:49

    また期待ハズレか、と思いきや中盤戦から一気にきました(^^;; 化け物自体はキモいことはキモいけど、私には耐えられる程度だった。もしかしてこの手の映像に慣れてきたかも‥‥血や肉がブシャブシャ飛び散る様なシーンに自分としては慣れたくない気がするが、辛い料理に慣れて、さらに辛いものを求めるスパイラルに陥ったかも。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す