お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

許されざる者

G
  • 字幕

イーストウッドの最高傑作…そして過去20余年に作られた中で最高のウエスタン。

『許されざる者』は“私がウエスタン映画について思っていたこと全てを要約した”現代の古典作品だ、と監督/主演のクリント・イーストウッドはかつてthe Los Angeles Times紙上でこう語った。アメリカ映画協会の選出したアメリカ映画ベスト100に名を連ね、1992年のアカデミー賞(R)では作品賞、監督賞、助演男優賞(ジーン・ハックマン)、編集賞(ジョエル・コックス)を含む4部門を受賞。イーストウッドとモーガン・フリーマン演じる元アウトローのコンビは、その手に再び銃を持ち、最後の追跡の旅に出る。リチャード・ハリスは名の知れた殺し屋を、ジーン・ハックマンは如才ない魅力…そして残忍さを併せ持つ保安官を好演した。『許されざる者』こそが“我々の世代を代表するウエスタンである。”(Kenneth Turan, Los Angeles Times)

お得なパック(1)

詳細情報

原題
Unforgiven
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1992
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-05-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

許されざる者の評価・レビュー

3.8
観た人
9644
観たい人
6516
  • 4.1

    クロキさん2020/07/13 22:15

    かつて名を馳せた人物が再び武器を持つ、ブランクはあるが徐々に勘を取り戻し敵を討つ。よくある話だが、この物語の主人公は中々そうはならない。完全に老い、馬にも上手く乗れない。特に雨に濡れた場面は波乱万丈の昔話もすべて嘘だったのではないかと思わせる。

    しかし眠りは死と酒と共に呼び戻される。最初の彼と、最後の彼は正に別人と言える豹変ぶりだった。いや元に戻ったという方が正しいかもしれない。結末的には成功を手にしたらしいが、元の殺人者に戻った彼が真の平穏を手に入れたかどうかは難しいところだ。


  • 3.0

    vivoさん2020/07/13 01:47

    人の数だけ正義があるから、人の数だけ許されざる者がいるのだろう。誰の目線で見るかによって物語はまるで変わってしまう。つまり、全ての物語には、並行する幾つもの物語が存在しているのだ。そんなことを意識せずにはいられない作品だった。西部劇の勧善懲悪フォーマットを真正面から否定しているような。

  • 2.4

    mmmkkkさん2020/07/12 14:52

    【第65回アカデミー賞作品賞】
    微妙だった。

    殺しから手を洗って平凡な暮らしをしてた男が、若者から賞金稼ぎの話を持ちかけられてノる話。

    勝手に相棒連れてきたくせに、分け前は3等分にしろなんて随分勝手だな〜と思った。

  • 4.0

    とどのまつりさん2020/07/11 23:39

    どこまでも反西部劇。これを見てもなお『リオ・ブラボー』みたいな映画を楽しめるんだろうかと考えてしまった。

  • −−

    藤澤悠人さん2020/07/11 18:11

    いくら自分に真人間に戻ったと言い聞かせても、過去の罪からは逃れられない。罪の意識に苛まれながらも生きていく事は出来ないのだろうか。報復に次ぐ報復。報いの連鎖は「皆殺し」でしか止める事ができないのか。決して二項対立的に簡単に解決できるものではない。そこには犠牲が付き物で、無償の癒しがなくてはならない。

    やはり、ここまで西部劇が似合う人はいない。イーストウッドのそれまでのキャリア、物語に一つの終止符を打つ作品である。

  • 4.0

    KOUさん2020/07/11 17:30

    【物語】10点満点中7
    【人物】10点満点中8
    【音響】10点満点中7
    【映像】10点満点中8
    【雰囲気】10点満点中10

  • 4.2

    ジョニーkさん2020/07/11 00:46

    映画製作者としてのクリント・イーストウッドの名前を不動にした映画ではないでしょうか。
    オスカーの作品賞、監督賞は伊達ではない。

    人の業の深さ、悲しさ、感情を巧みに描いた映画だったと思います。
    舞台が西部劇というのが良かった。

    かって名を轟かせたイーストウッドが
    ガンマン志望の血気にはやる若者を諭す言葉がいい。
    人を殺すと言うのは大変かもなことだ。
    その人間の未来も人生も奪ってしまうのだから。

  • 4.0

    Junさん2020/07/08 20:03

    クリント・イーストウッドがセルジオ・レオーネとドン・シーゲルに捧げた作品。

    西部劇で監督賞受賞はイーストウッドらしい。

    他の西部劇も観てみたくなった。

  • 4.2

    SHUNさん2020/07/06 23:50

    クリントイーストウッドがカッコ良すぎる。
    正義とか悪とか、友情とか愛とか、色んなものを考えながらもひたすらにクリントイーストウッドがカッコ良すぎた。

  • 3.6

    Leoooona20さん2020/07/02 21:28

    出てくる女性以外は基本許されざる者。
    お腹が空いたと言って、夕飯食べたのにマクドウーバーイーツしてる自分もまた許されざる者。明日走るから許してくれ。

    こういうのって日本で言うとどういう映画を観た時の感情に近いんかな。
    地味にあと4本で600本やから慎重に600本目を選ばネバダ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す