お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

インビクタス/負けざる者たち

G
  • 字幕

苦痛と困難の中信念を貫き通し、南アフリカに平和をもたらしたネルソン・マンデラの感動の物語。

アパルトヘイトによる27年間もの投獄の後、黒人初の南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラは、依然として人種差別や経済格差が残っていることを痛感する。誰もが親しめるスポーツを通して、人々を団結させられると信じたマンデラは、南アフリカのラグビーチームの立て直し図る。マンデラの”不屈の精神”はチームを鼓舞し、団結させ、奇跡の快進撃を呼び起こす。それは、暴力と混沌の時代に初めて黒人と白人が一体となった瞬間だった。

お得なパック(1)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

インビクタス/負けざる者たちの評価・レビュー

3.8
観た人
25323
観たい人
11351
  • 4.4

    笹川パンダさん2021/06/19 11:04

    イーストウッドは、映画が面白いか否かしか気にしていない。演出が職人的で渋い。イカしてる。監督としての自分を表現したいという欲がない。かっこいい。
    一番最初に車が背後から近づいてくるときに、切り返しのようにショットを繋ぐのがもうたまらん。

  • 4.8

    Soutaさん2021/06/19 10:35

    素晴らしい映画でした。異なるフィールドで闘うリーダー同士の絆という感じ。
    優れたリーダーには信念と覚悟があり、
    故に「I」を「We」に変える力がある。
    苦しい時こそ変化を受け入れる寛容さと覚悟が必要ですね。

    改めてスポーツの素晴らしさも感じられる一本でした。マッドデイモンはじめ、キャストの演技も良かったです。

  • 3.0

    Taulさん2021/06/19 00:43

    『インビクタス/負けざる者たち』イーストウッドによる史実を取り上げた真っ直ぐな人間讃歌。ワールドカップラグビーのスポーツの力強さとマンデラの機知を重ね合わせる。やや感動を煽るようなところも感じるが映画の重みが違う。

  • 3.5

    ぶんさん2021/06/18 21:46

    スポーツを通じて和平を試みた良作🙂マンデラが、大統領になってからのお話。

    27年の投獄生活の中で得た言葉は、重みが違う。
    その影響力もさることながら、一人ひとりへの向き合い方がさすが。

    いまオリンピックの予定は未定ではあるものの、いつの日かスポーツを通し平和を取り戻せると信じたい

  • 4.0

    スーさん2021/06/17 20:34

    スポーツってすごいなって改めて思った。
    国だけじゃなくて世界が1つになってるもんね。
    不安要素ありまくりのオリンピックだけどやっぱり盛り上がるんだろうな。
    応援してるだけではわからないとてつもなく大きいプレッシャーや覚悟、計り知れない努力によって培われるチーム力やメンタル、そういうものを背負って戦うんだから何も知らずに応援してるだけでも心動かされるよなぁと思ったし、差別などの根強い問題もスポーツ、アスリートの影には霞むってすごいことだなと思った。

    最後のインタビューの言葉は重みも誇りも乗った最高の答えだった。

    やっぱり決勝戦はリアルタイムで見てるくらい興奮させられるし、感動もするけどチェスターコールから始まる子どもとのラグビーシーンが1番好きだったな。どんな言葉よりも説得力があったのはみんな認めざるを得なかったんじゃないかな

  • 4.3

    Kさん2021/06/16 23:33

    2度目。お気に入り映画見直し。

    アパルトヘイト撤廃、マンデラ大統領就任直後の1995年、アパルトヘイトの影響によりIRB主催大会から除名されていた南アフリカが本国初開催初出場初優勝を果たしたラグビーワールドカップを描いた嘘みたいな本当の話。

    過去は過去。未来を見る。許すこと。マンデラの言葉が沁みる。

    I Am the Master of My Fate, I Am the Captain of My Soul.

    人を排除することなく国を変えていくことができる。その象徴的出来事として描かれる物語にとても感動。

  • 5.0

    どすこいどすこいさん2021/06/16 22:43

    ※個人的な体験談が始まります。

    私はグラントリノやチェンジリングにとても感動したが、クリント・イーストウッドに詳しいわけではなかったし、またネルソン・マンデラに詳しいわけでもなかった。もちろん人並みにアパルトヘイトのことは知っていた(つもりだった)し、スペシャルズの曲でその名前は何度も聞いていた。
    で、今回プライムビデオに入ってたんで遅ればせながら視聴。初回の印象としては「立派な人がいたもんだ」くらいのものだった。で、その感想を友人に話したところ、ライムスター宇多丸氏の批評を聴いてみなと勧められた。

    そして聴いた。こんなに素晴らしい批評は今まで聴いたことがない(私の体験が乏しいせいもあるだろうが)。「表現」というものを信じていて、自分もそれに人生をかけて身を投じている人の批評だと思った。わかっていたつもりだったが、改めて挨拶をすることや名前を呼ぶことの大切さを再認識した。それをふまえての2度目、3度目の視聴は序盤から目頭が熱くなった。私にとってはライムスター宇多丸氏の批評と併せて、生涯フェイバリットムービーのひとつになってしまった。いやあ、映画って、映画批評って素晴らしいものですね。

    余談ではあるが、私はサッカーファンである。ただ、コロナ禍になり、その中でもなんとか開催されるゲームを観ていても以前ほど熱中できなくなっている自分に気づいた。その理由はおそらく「熱狂」や、その「波及」の欠如なのかな、と。

  • 3.7

    オムニ社さん2021/06/16 04:29

    人類史に名を残すイノベイターのひとりだなあー。

    ラグビーワールドカップの興奮を記憶してる人はより楽しめると思います。

    みんなこの映画を観て、最も憎い誰かを許そう!

  • 3.8

    Asukaさん2021/06/15 19:00

    授業課題のため鑑賞しました。

    鑑賞した目的こそどうであれ、心に響く名言は
    とても多く、実話をもとに作られたというから驚きです。

    「何事も成功するまでは不可能に思えるものである。」どんなことでも挑戦するまでは結果なんてわからないし、何より挑戦して成し遂げられることこそ誇るべきことなのではないかとこの映画を見ていて感じました。

    ラグビーを通して、人種や性別を越えて国民が一丸となれる姿は本当に素晴らしいものだと思いましたし、繋げてくれた選手やマンデラのような存在はとても偉大だと思いました。

  • 3.8

    ひとっちさん2021/06/14 20:09

    赦しが魂を自由にする。赦しこそ恐れを取り除く最強の武器なのだ。

    どんな神であれ感謝する。我が負けざる魂に。私は我が運命の支配者。我が魂の指揮官なのだ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す