お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

インビクタス/負けざる者たち

G
  • 字幕

苦痛と困難の中信念を貫き通し、南アフリカに平和をもたらしたネルソン・マンデラの感動の物語。

アパルトヘイトによる27年間もの投獄の後、黒人初の南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラは、依然として人種差別や経済格差が残っていることを痛感する。誰もが親しめるスポーツを通して、人々を団結させられると信じたマンデラは、南アフリカのラグビーチームの立て直し図る。マンデラの”不屈の精神”はチームを鼓舞し、団結させ、奇跡の快進撃を呼び起こす。それは、暴力と混沌の時代に初めて黒人と白人が一体となった瞬間だった。

お得なパック(1)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

インビクタス/負けざる者たちの評価・レビュー

3.8
観た人
25376
観たい人
11366
  • 4.0

    抹茶マラカスさん2021/06/22 22:37

    100Markごとに名監督。いよいよ御大にご出馬願うことにしました。ご存知!イーストウッドです。

    まあそりゃ単純にいい話を映画化してるもんな、とは思うけどそれにしても流石である。
    聖人化されきっているネルソン・マンデラとほぼ同一視していいレベルのモーガン・フリーマンは別格。
    アパルトヘイトだった時の状況の提示をする冒頭、上手ではあるんだけど、そこをもっとやっとかないと融和だけになっちゃうのは勿体無い。
    ラグビーの描き方は、イーストウッドが興味ないんだろうな、というとにかく横か後ろにパスしろ、というルールと肉体的なぶつかり合いにフィーチャーしてる。まあでも強いオールブラックス相手にこのしたたかな試合運び、上手くやってると思う。

  • 3.3

    治部少輔さん2021/06/22 11:57

    政治的な分断でギクシャクしていた国がスポーツで一つになるというノンフィクション映画。

    とても感動的な作品だが、正直、南アの政治事情をよく知らなかったので、置いてけぼりをくらった感はある。

    勉強不足と言われればそれまでだが…。

  • −−

    ゆういちさん2021/06/21 11:06

    インビクタスは、征服されない、屈服しないの意。
    1995年南アラグビーW杯の物語。南ア初の黒人大統領となったネルソンマンデラ。彼はラグビーを通じて、南アと世界に、南アは白人と黒人が共存していく、南アには他国に負けないパワーがあると言うメッセージを発信していく。

    劇中に登場したウィリアム・アーネスト・ヘンリー(英)の詩、
    「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」
    (原文)I am the master of my fate,I am the captain of my soul.
    正に、誰にも屈しない強い志が描かれている。

    ・警護班は公の場で国民の目に触れる。私を象徴する存在なのだ。”虹の国”は君たちから始まる。和解のあり方を見せるのだ。
    ・もちろんやめることはみなさんの自由だ。もしどうしても新政権のもとで働きたくないなら、やめる方がいい。今すぐに。だが、荷造りする原因が言語や肌の色の違いを恐れるせいであったり、前政権の職員だったからクビだと思うなら、そのような恐れはないと言おう。過去は過去。過去は過去なのだ。われわれは未来をめざす。皆さんの力が必要だ。協力してほしい。残ってくれる者は祖国に多大なる貢献をすることになるだろう。私が望むのは皆さんが全力を尽くし、まごころを込めて仕事をすることだ。私もそうしよう。

  • 3.7

    とるるさん2021/06/21 00:24

    クリントイーストウッド得意の実話モノ。

    といいつつも他作のような重い展開はなく気軽に見れます。
    はっとさせられるセリフが多く、マンデラ氏のような生き方をしていきたいなと思いました。

  • 4.5

    ボヤンボヤンさん2021/06/20 21:44

    ちょっとちょっとこれはいくらなんでも出来過ぎでしょと大声出してしまいそうなぐらいドラマチックな実話映画。
    実話だしクリント・イーストウッド監督だし間違いない太鼓判のやつなのです。

    なので感動に次ぐ感動…のはずだけど、モーガン・フリーマンのマンデラ大統領がどうしてもノーベル平和賞の人というより何か裏で企んでそうなちょっと悪い感じに見えてしまってそこだけが残念なり。

  • 4.0

    りっちゃさん2021/06/20 16:05

    これが実話なのが何よりもすごい(飛行機の話まで含めて!まじ?)
    穿った見方かもしれないけど、リーダーシップとPR視点でも面白いなと思った。アパルトヘイトの終わりの象徴として、国民的スポーツの機会を活かす。白人の象徴だったチームの名前も、大切なものを奪ったら怒りで分断が深まるリスクがあるから、あえて変えない。キャプテンに大きなミッションを託す。開会式はスーツで登場するけれど、決勝は自国のユニフォームとキャプテンと同じ背番号、帽子をかぶって登場。チームメンバーの名前は全員覚える。などなど。
    モーガンフリーマンほど含蓄のある言葉が似合う人はいないね。

  • 3.9

    係長心得さん2021/06/20 11:12

    ラグビーワールドカップの時期に観ようと思っていながら、観れていなかった作品。

    1995年、南アフリカ🇿🇦。前年に実施された初めての全人種参加の選挙で勝ったネルソン・マンデラが大統領に就任してアパルトヘイトが制度上撤廃される。

    民族融和🌈には程遠く、分断が進む情勢下、自国開催のラグビー🏉ワールドカップ🏆が迫る。

    ラグビー🏉は白人のスポーツ。サッカー⚽️は黒人のスポーツ。

    白人の伝統と誇りであるラグビーを守りながら、ラグビーに冷ややかだった黒人の支持を集めるために仕掛けた見事なPR作戦。

    国を一つにまとめるため、国家代表スポーツの祭典を最大限に活用して、分断を融和させようとするネルソン・マンデラの熱い思いと政治手腕🤝

    モーガン・フリーマン演じるマンデラのスピーチの説得力が素晴らしい。

    今も現実は一足飛びに改善となってはいませんが、あの瞬間において民族融和の大きな希望が拡がったことはしっかりと伝わり鳥肌が立ちました。

    やはり、スポーツの力は偉大ですね。

    2年前のワールドカップのあの熱狂が再び味わえるその日を、今は楽しみに待ちましょう🇯🇵

  • 4.4

    ろぎさん2021/06/20 10:08

    ネルソン・マンデラもフランソワ・ピナールも、すごいリーダーだなあ ラグビーのキャプテンはこんなに責任があるのか
    護衛の人も誠実でかっこいい。

  • 3.9

    greenhealthさん2021/06/19 23:54

    意外と知られていないCイーストウッドの作品。アメリカ人がラグビーの世界を監督しているのが意外。
    序盤の描かれ方が南ア政体の脆弱さ、アパルトヘイト後の国民間での対立の状況が丁寧に描かれています。
    南アのマンデラ大統領の誕生とラグビーワールドカップの招致、そして南アの奇跡的な優勝🏆のこの3つが揃わなけてば、この国は今頃内戦に逆戻りしてたのではないかと思う位です。
    ラグビーの試合は観戦経験がないと間延びするかも。。。でも当時の実写に基づきプレーを再現しているように作っています。日本も予選3連敗での敗退ですが、2016年に急逝された平尾誠二さんがバックスのポジションで活躍した大会でもあります。
    2019年の熱戦が懐かしい。

  • 3.9

    せきだいすけさん2021/06/19 23:12

    学校の授業でマンデラとか勉強すると思うけど、これをみたら一生忘れない人物になると思う。
    ラグビーやってる人からしたらみんなに見てほしい一本

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す