お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued (劇場版 第1弾)

G

全力で走り続ける彼女たちの現在、そして未来をも描き出す、ドキュメンタリー!

つぎつぎと記録を塗りかえては進化し続けるスーパーアイドルグループ、AKB48。その栄光の舞台裏に隠された、夢を追う少女たちの知られざる“成長と苦悩”を追ったリアル・ドキュメンタリー。5年前、観客はたったの7人という状態からスタートした秋葉原の弱小アイドルグループが、シングル100万枚を超すまでにブレイクした激動の2010年。突然の人気にとまどいつつも、自分を見失うまいと誓う初期メンバー。努力が形になって表れるその手ごたえに自信をつける次世代メンバー。そして、あこがれのAKB48に加入できたと思った直後、過酷な生存競争に茫然とする新入生たち……。選抜メンバーに選ばれて踊り出したいほどうれしくても、肩を落とす仲間を気遣うことで育まれてきた“絆”。雑誌の隅に自分の顔が載ったと言ってはよろこび、立ち位置が30cm下がったと言っては悔し涙を流す少女。いつ見せられるともしれない振り付けを黙々と練習する孤独なメンバーに、チャンスの女神は果たして降臨するのか?横浜アリーナ、代々木第一体育館でのコンサートをはじめ、シングル選抜総選挙、シングル選抜じゃんけん大会、そして海外での公演などなど、カメラはAKB48の歴史が凝縮されたこの一年間の全活動に密着。さらにメンバーの個人密着撮影を敢行し、ひとりの少女としての喜び、葛藤、成長、夢を、日常風景を通して描き出す。収録されたテープは1000本以上。AKB48の“現在と未来”、あなたもその目撃者となる!

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2011
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-06-05 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,320
販売終了2016-06-04
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
販売終了2016-06-04

キャンセル

その他邦画ランキング

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued (劇場版 第1弾)の評価・レビュー

2.9
観た人
717
観たい人
69
  • 3.0

    じゃがしゃがさん2020/11/02 23:22

    今の自分があるのは10年前にそこで頑張っていたからだって思えるような人生を歩まなければいけないって思えた。

  • 3.0

    たつみさん2020/08/30 00:46

    サブタイトルの10年後も気づけばもうすぐ。
    メンバーが今この映画を観たら、一体何を思うのか、今だからこそ続きが観たいと感じた。

    卒業して女優やタレントとして活躍してる人、結婚した人、芸能界を引退した人、未だに現役アイドルとして活躍する人。

    インタビュー当時には、誰も予想できなかったであろう未来と照らし合わせながら観られるので、非常に感慨深かった。

    AKBのブームもついこの間という感覚だったので、時の早さそして、変化の早さを実感する作品だった。

  • 3.5

    ぷりんさん2020/08/02 01:18

    いつ見たのか記憶にないけどとりあえず見た記憶がある。
    10年って長いようで短いな。
    あれから10年たった今もゆきりんが現役でいるのが嬉しい。

  • −−

    かねこねかさん2020/07/06 13:37

    ドキュメンタリーではないけど、メンバーそれぞれの色の出た良映像

    ギャルギャルした板野友美が韓国料理屋で「こういうのってあんま食べないほうが良いのかな?まいっか、食べちゃお!」って言って、食べまくってるの最高に好き

  • 1.5

    もりかさん2020/05/27 00:07

    小学校の時に友達と映画館に観に行ったけど、あまりのつまらなさに前に座ってたDQN達が途中退席したことしか覚えてない
    観賞した当時も今も彼女達の辛いですアピールに首を傾げたくなる

  • 3.0

    さとりさん2020/03/17 21:08

    4月に欅坂のドキュメンタリー映画が公開されるにあたって、私が前好きだったAKB48のドキュメンタリー映画を見ようと思った。

    偶然にもサブタイトルが「10年後、少女たちは今の自分に何を思うのか」
    これのアンサーを見てみたくなったが、このインタビューに登場するメンバーの中でまだAKB48であるのはみーちゃん・ゆきりん・ゆいだけなので、映画としては観るのは厳しそう。。

    プロモーションという意見の人もいるが、私から見れば結構素ではないかと。彼女たちが1ステージに立つことの努力と大変さが垣間見えました。

  • −−

    まこーさん2020/02/04 13:12

    ドキュメントとしては非常に中途半端。インタビュー中に「素」の瞬間は少なく、プロモーション要素が強い。
    冒頭の食事シーンは最高。神7の中のまゆゆの立ち位置が素晴らしい。やべー先輩達に食事を誘われてしまった感じ。

  • 1.0

    はんさん2019/09/07 18:24

    これみた後何故かオタ卒した。

    友達に持ってたグッズ全てあげたなあ。
    この映画見るまでぷっちょめっちゃ集めてた。

    前田敦子→指原莉乃
    ちょっときたりえ推し

    だったなあ。

    AKB好きな人にはたまらんと思う。

  • 3.5

    chickenheartさん2019/07/04 13:55

    泥臭く闘うアイドルの誕生を映す。誕生に至る歴史の検証というよりは「自己紹介」とでもいうべき構成で、次作の荘厳さと比べるとかなりあっさり感。乃木坂の初ドキュメンタリーが重々しい「告白」のシーンから始まるのに対して、AKBは軽やかな「ランチ」のシーンから始まる。

  • 3.2

    おさしみまんじゅうさん2019/06/03 17:06

    高橋みなみさんは 偉大な人ですね。

    篠田さんが言っていた
    初期のメンバーは 女優とか夢がある上でAKBになったけど、
    今 入ってくる子たちはAKBに憧れて入ってくるので 見ている場所が違う
    難しいけど 大きな差だよなと思った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す