お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

チスル

G
  • 字幕

1948年4月3日。世界遺産・済州島で何が起きたのか?心揺さぶる鎮魂の実話。

「海岸線5Kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、無条件で射殺せよ」。1948年10月、韓国軍から突然に発表された布告文に島民たちは恐怖で右往左往する。噂に翻弄されて、ある者は山に逃げ込み、あるものは銃を取って抵抗しようとする。抵抗しながらも、島民は明日には全てが終わり、いつもの暮らしが始まるものと信じていた。しかし漢拏山(ハルラサン)の麓にある村を占拠した韓国軍は村人の虐殺を開始。家を焼き払い、女・子供を問わず人々を追い立てる。家に戻れないことを悟った人々は、洞窟に立て篭もり、生き延びようとする。

詳細情報

原題
Jiseul
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2015-05-27 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

韓国映画洋画ランキング

チスルの評価・レビュー

2.9
観た人
117
観たい人
187
  • 3.2

    07さん2021/03/11 00:02

    済州島4.3事件を取り扱ったお話。

    この作品を手に取るまでこの事件を知りませんでした。

    第二次世界大戦後、済州島の島民3万人が韓国軍!?によって虐殺された事件。

    日本軍の侵攻でも生き延びたんだから大丈夫感を出していたり、そこまで危機感なく洞窟に隠れている島民のシーンはちょっとリアルな感じがしました。

    こういうこと、あちこちで起こっていたんだなと改めて戦争は嫌だなと思いました、

    2021-110

  • 3.6

    Kajikさん2020/09/10 10:09

    モノクロの映像が極めて美しいが、島内で起こる事の陰惨さたるや。 


    この映画、スタッフまでチェジュ島出身者で固め制作されたそう。

    この時の弾圧から命からがら逃げた人々がいま、在日韓国人として日本にいる事も知ってほしいし、北南の分断のみならず、韓国内でイデオロギーによる弾圧がここまで激しかったのかと、、考えさせられる硬派な社会派映画だった

  • 3.5

    しずくさん2020/06/08 07:37

    タイトルの“チスル”とは、じゃがいものこと。

    「海岸線5Kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、無条件で射殺せよ」韓国済州島で本当にあった大虐殺事件を全編モノクロ映像で描いた人間ドラマ。状況を把握できていないまま殺されていく村人たち。事が起きたら、きっと私もこちら側になるんだろうな。オ・ミョル監督は済州島出身だそうで、こういう事件があったことを知ってほしいという強いメッセージが伝わってきました。少女に銃を向ける兵士と、洞窟の中で身を寄せる村人たちが描かれているポスターを、映画が見終わった後に見返してみると、何とも言えない切ない気持ちになります。(2019年鑑賞@wowow)

  • 2.0

    じにさん2020/04/07 06:01

    ㆍ이해도 3.0🌕🌕🌕
    ㆍ제주도4.3사건에 대해서 좀 알아보고 나서 봤더니 이 영화는 좀 그랬다
    ㆍ내가 글로 본 자료들, 그리고 유족 분들이 인터뷰를 받은 영상들이 더 더욱 현실감과 두려움이 와닿은 것 같았다
    ㆍ초점이 군인들에게 맞혀서 그럴수도…(?)
    ㆍ그래도 무장대 대장을 죽인 사람이 군인이었다는걸 알게 돼서 공부가 됐고 광주의 5.18때보다 군인들이 제정신이었나보다 싶었다
    ㆍ일본에서 해방된 후 바로 학살사건이 일어나서 제주분들은 얼마나 힘들었을까 싶었다
    ㆍ처음으로 제주도에 가봤을 때는 역사를 전혀 몰랐지만 다음에는 박물관도 가고 싶고, 역사를 알게 되고 나서 제주도를 봤을 때 어떤 느낌이 들지 나도 궁금하다

  • 2.2

    しゅーげさん2019/09/06 18:54

    自国の恥である済州島四・三事件をどう描くのか気になっていたが、極めてアートよりに逃げたなぁと言った印象。殺し殺されるという対立が上手く見られないのが残念。ただ日本では永遠にこのような作品を作れないと思うと残念でもある。

  • 2.8

    ヒルコさん2018/09/07 14:09

    監督にセンスと力を感じる。映像はモノクロと言うより暗闇と灰色の世界。韓国軍から隠れ、洞窟で身を潜めるチェジュ島の島民は意外とのんきで、それがまたなぜか映画にリアルさを与えている気がする。軍の悪行よりも。

  • 3.0

    みむさんさん2017/11/25 00:06

    済州島で起きた3万人もの虐殺事件を被害者側だけでなく加害者側での視点も描く。モノクロで淡々と描かれるその様が恐ろしく、それでありながら心理描写もストレートに観客直撃。先日見た「アクトオブキリング」とは根底のテーマは似ているが対極的。登場人物の顔が判別しにくいのが難点。

  • 4.0

    mollyさん2017/02/12 19:59

    映像はほぼモノクロで、ピントやカメラワークも、あえて、何が起きているかよく分からないように作っている。起承転結もなく、なにがなんだか分からない。が、まさにそれゆえに、「なにがなんだか分からない」状況で島民たちが意義も尊厳もなく殺されていったことが、伝わってくる。理解しきれなくても、しみてくる映画だった。

  • 1.0

    おぎゃあさん2016/07/08 06:32

    李承晩を扱った映画を観たくてレンタルしてみました。
    1942年に起きた、済州島四・三事件を扱った映画。
    2012年に公開された比較的新しい韓国映画なので期待して鑑賞。
    ・李承晩の名前は一切出てきませんでした(笑)「国家権力」というテロップはありましたが。
    ・済州島の一般市民を描いておりましたが、反政府軍が一人も出てこないのは流石に無理があるかと。
    ・モノクロ映画なので、エグいシーンでもあるのかと思っていましたが、大したシーンはありませんでした。
    ・長回しが多い映画でしたが、演劇のようでもあり、あまり機能していないように感じました。俳優が自分のセリフを話すタイミングを計るためか、カメラの方をチラチラ見ている場面もありましたね。
    ・事実誤認を招きそうな映画でした。
    ・ラストに流れるテロップが最悪でした。
    ・保導連盟事件や、居昌良民虐殺事件、聞慶虐殺事件を扱った映画も作ってほしいものです。

  • 2.6

    片腕ファルコンさん2015/09/01 15:27

    キャスト、内容、色合い(モノクロ)、全てにおいて地味で不気味だが、この閉塞感こそがこの映画の象徴なんでしょう。

    いつもの通りこの社会事情(韓国軍による島民の虐殺事件)は全く知りませんでしたが、3万人も虐殺されたって事実にはただただ驚きです。。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す