お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男

G
  • 字幕

若き銀行頭取VSヘッジファンド。社会派サスペンスの巨匠が放つ超一級ファイナンシャル・エンターテインメント!

フランスの大手金融機関フェニックス銀行の頭取がガンに倒れ、個人秘書として仕えてきた若く実務経験のないマルクが後任に抜擢される。マルクを操ることで実権を握り続けたい頭取と、頭取が死ぬまでのお飾りには調度いいと考える重役たちを出し抜き、頭取の座を永久に自分のものにしようと画策するマルク。しかし、筆頭株主であるアメリカのヘッジファンド・オーナー、ディトマーからの圧力により大規模リストラに踏み切らざるをえなくなる。さらにディトマーは、ある日本の銀行の買収を迫るが、それはマルクに仕掛けられた罠だった…。

詳細情報

原題
Le Capital
関連情報
原作:ステファヌ・オズモン
音声言語
フランス語/英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2015-06-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男の評価・レビュー

3
観た人
86
観たい人
52
  • 3.4

    晴の七草さん2020/10/10 09:18

    大きな子ども達によるマネーゲームを描いた作品。
    ファイナンス周りに興味がない方は観てもひとつも面白さを感じられないと思う。
    経営者のバイタリティの高さには驚愕した笑

  • 3.3

    犬さん2020/10/10 00:21

    期待

    仏大手銀行の頭取が倒れ、後任として個人秘書のマルクが任命させる
    そんな彼は、自分をみくびる重役たちやアメリカのヘッジファンドと対峙していくことになるが……

    経営
    難しい決断がたくさん

    周り人たちとの関係
    ドラマでした

    スーパーモデル
    金持ちの暮らしが豪華

    このガド・エルマレも良かったです

  • 3.1

    Makoさん2020/08/25 18:45

    アメリカ人にとって、金融界は神。
    そして金がすべて。

    よくある空売りを仕掛けて買収を狙うハゲタカの話。金融用語の解説があるわけでもなく、お金の動きの背景も詳しく描かれてないので、ファイナンスに興味ない人にはおすすめできない。

    大金の動く様子をイメージしたいとか、金融のゲームみたいなやり取りを少しでも見てみたいなら良いかもしれない。

    言葉を鵜呑みにするな。フランスは表で動くが、日本は裏で動く。
    っていうフランス人から見た日本の分析が面白い。

  • 3.6

    denilさん2020/05/23 16:13

    金融業界のトップの人々の精神的タフさや、普通の良心的な人なら理解できないだろうしたたかさを見れた。私には無理だな〜

  • 3.0

    mikoyan358さん2017/08/18 07:56

    2015/9/6鑑賞(鑑賞メーターより転載)
    70年代に硬派な社会派ドラマで一世を風靡したコスタ=ガヴラス監督の久々の最新作。周囲から見たらアンパイだった男が頭取に就任し、その彼が金融界を生き抜こうと同僚や投資ファンドなども巻き込んで実に汚い争いを繰り広げる。最初はいくらかマシに見えた主人公がどんどん冷徹になり、できた奥さんがいるにも関わらず野獣のように美女に走るという判りやすすぎる変貌が滑稽でならないし、そんな彼がまるで救世主的にいい所に収まってしまうラストの不条理さも良い。途中関係が複雑になりすぎたり、日本の描写が酷いのが難点だが(笑)。

  • 3.5

    Tiaraさん2015/07/06 17:48

    キレ者で愛妻家のマルクが
    社内攻防とギリギリインサイダーでハイになれば
    結局は一流スーパーモデルに手を出すんだな

  • 3.0

    はせがわさん2015/05/05 20:54

    日本の銀行のイメージとは少々異なるが、一企業として見てみればよくある話かもしれない。

    手に入れたものは手放したくないし、欲しいものは奪ってでも手に入れたい。

    権力とお金に取り憑かれた者のマネーゲーム!

  • 3.0

    sakolistaさん2015/01/05 05:02

    話題の本と同名の映画だが、こちらはr > gなんて知ったこっちゃねえ模様。
    秀逸だったけど、二十年前からある台詞で締めるのはちょっとさむいよね。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す