お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ナイトメアは欲情する

G
  • 字幕

“愛欲”と“狂気”が交錯する、衝撃のエクスペリメント・スリラー!

ある研究所で、秘密裏に行われた人体実験。それは、昏睡患者の神経情報を、別の人間に転送するというものだった。研究者のルカスは、その情報を受け取る側として自らが被験者となる。実験開始後、ルカスは昏睡患者の精神世界の中へ潜り込み、アウロラという美しい女と出会う。彼女は奔放で、物憂げで、そして何かに追われているようだった。彼女の魅力に取りつかれたルカスは、彼女に会うために幾度となく実験を行うようになる。そして、精神世界で彼女を苦しめている“何か”から救おうとする。一方、現実世界では昏睡患者の容体が悪化し…。

詳細情報

原題
Vanishing Waves
音声言語
リトアニア語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
リトアニア/フランス/ベルギー
対応端末
公開開始日
2015-06-19 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ナイトメアは欲情するの評価・レビュー

3
観た人
116
観たい人
80
  • 3.5

    jonajonaさん2021/09/10 23:33

    うーーーわスッキリしたッ!!!
    まるで新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のような、スゲー爽やかな気分だぜッ!!!

    かれこれ3年の追跡を経てようやくホシに辿り着きましたわ👮‍♂️
    むかし見たのにタイトルが分からなくて個人的に超モヤモヤしてた映画の筆頭。

    高校生で映画フリークと化してた頃に見たこの映画、当時たしかWOWOWで放映してた。日本に中々届かないけど見所のあるインディーズ映画を配給しようという特集がその号では組まれてて、その中で選ばれてた一本だった。話題性を生むためか町山智浩氏が邦題を付け、みうらじゅん氏がタイトルロゴを担当。そういえばそんな事がWOWOWの冒頭映像で流れてたような…。本作のジャケットを見てそんな事をようやく思い出した。

    3年前にフィルマを始めた頃、高校生の頃妙な夢が出てくるSF映画を見たな〜という事とWOWOWで放送してて町山智浩が邦題に確か絡んでたぞ…?たしか原題は『バニシングムーン』とかそんなだぞ?とかは思い出せたんだけど(自画自賛だけどこれだけでも相当凄いと思う…笑、だって映画見たのはこの時にもう4、5年前だから!)いかんせんタイトルがわからない!
    検索しようと思い『町山智浩 邦題 WOWOW』とか検索しても町山智浩の映画塾がヒットして膨大すぎる映画の海に漂流しかける始末。
    そこまで躍起になって探す必要は全く無かったのだけど、気になり出したら止まらない…!基本的に僕は見た映画のタイトルを忘れることは無くて、そこだけには自負がある。なのに思い出せない!
    一つ断っておくけど、たいして面白い映画でもない!笑、僕にとってはそれはどうでもいい事だった。もう見つからないという状態のフラストレーションがすごかったの!!笑
    夢がテーマの映画が好きだからという軽い気持ちで探し出したこの『ナイトメアは欲情する』の捜索はもう『明日に向って撃て!』のピンカートン探偵社ばりの執念だった。

    しかし一向に見つからず、諦めてずいぶん経ち幻想系映画を探してるときにふとこのタイトルを見た!エウレカ!!これだ!間違いない!✨🤪
    フィルマークスの似ている作品機能に助けられました。いや〜…スッキリした。

    え、どんな映画か…?
    ちょっと忘れましたそれは。
    スッキリしたあ♨️

  • 3.4

    てっちゃんさん2020/11/22 16:53

    邦題ひどいですねの一言につきる。
    原題は「VANISHING WAVES(消える波)」であり、こういうの本当にやめて欲しい。
    脳神経学者の男性が昏睡状態の女性の脳内と接続し脳内世界と交流するというもの。
    脳内世界は実に洗練された空間で圧倒はされなくとも、SF好きには堪らんものがあるし、男女の絡みが多く(それ必要か?と思うほど。でもスタリッシュなエロ)、きっとそういうエロシーンもなにかしら意味があるのでしょうと考えたけど、生=性なのだ!というペラペラの見解に至りました。
    正直、なんで?の場面の連発(なんで主人公が選ばれたのよ、女性はなんで簡単に主人公を受け入れたのか、女性は最初からああなる運命だったのかとか)で、意味合いを持たせるのはよくないよねと思って、あとはその雰囲気を楽しみました。
    最後の全裸疾走シーンは言葉通りに、思考停止。
    ちなみに配給会社はあのアルバトロス!こういう映画もあるのね、まあアルバトロスだからエロシーン観て即買いしたんでしょうけど。

  • 2.9

    脱皮の殻さん2020/08/12 15:54

    昏睡状態の患者から神経情報を転送する実験の被験者となった研究者ルカスが患者の精神世界で女性と遭遇するお話。

    精神世界がちょっとアーティスティック過ぎるSF。

    全体的に抑揚が小さいですが、盛り上がって来たなと思ったところで現実に戻される感じがもどかしい〜😝😝😝

    そのもどかしさがまた少し夢っぽい。

    精神世界ダイブ系だったので、インセプションやパプリカのような世界観を少し期待していましたが、かなりシンプルで洗練された世界観でした。

    矛盾やジレンマを抱えている生き物である人間の精神世界が実際このようなシンプルな世界だったとしたら、それはそれで非常に面白いなと思いました。

    精神世界での性欲の描写が、秘めているものが表に出たような生々しい感じだったので、もしかしたら現実に近いのかなとも思ったり。

    患者の個人情報ガバガバ過ぎ〜😝😝😝

    長々とすいません。

  • 3.2

    水の湧き出る処さん2020/04/26 13:54

    精神世界で昏睡患者と科学者が恋に落ちる

    ある研究所で、昏睡患者の神経情報を別の人間に転送するという実験が行われていた。研究者のルカスは情報を受け取る被験者となり、昏睡患者の精神世界へ潜り込んだ。そこでアウロラという美しい女性と出会い、彼女の魅力に取りつかれてしまう。

    ダサい邦題のせいで観るのを躊躇ってましたが、思ったより全然いい。設定は「ザ・セル」と似た感じの精神世界系SF。精神世界は、ほぼセックスシーンだけど綺麗。食事の風景とかは綺麗だけど少し気持ち悪くていい感じ。ただ、ストーリー的には微妙かな…

  • 3.6

    monaminamiさん2020/03/11 23:59

    筒井康隆とダーレン・アロノフスキーとラース・フォン・トリアーとかを足して20で割った感じのような既視感。気合は感じられたし嫌いじゃない世界観なんだけど色々弱め。女の子はすごく好みで美しナイスバディ!

  • 3.6

    otomさん2020/03/11 22:41

    全裸でひたすらゴロンゴロンしているイメージ。微妙に古い感じの凝ってる風の映像とシガー・ロスっぽいのと併せて、色んな監督のどこかで見た様なのが満載。映画ってよりは中二的なMVって感じ。劇中だけで何やらシリアスにやってる具合でちょっとキツい。エロ描写はなかなかのモンでした。

  • 1.8

    茜さん2019/08/02 22:42

    リトアニア産の映画っておそらく初めて観たんじゃないかな。

    人体実験で昏睡状態の女性の脳内に入り込む事になった科学者が、その脳内世界で女性といい感じになってエロい事ばっかりするお話…としか言えない。
    とにかく脳内世界のシーンではひたすらエロい事ばっかりしてる。
    結局、人間の脳内なんてスケベでいっぱいということなんでしょうか。
    現実→脳内エロ→現実の繰り返しで抑揚のない展開が続くので、120分という時間は結構辛いもんがあったなぁ…。

    でも脳内世界の映像は非現実的で斬新だった。
    乱交シーンで身体と身体が徐々に一体化する映像とか単純にゾワッとしたし。
    SFっぽい近未来的な雰囲気で映像的には面白いんだけど、前述の通りエロいシーンが多いから必然的にモザイクがかかる箇所が多く、その現実味が世界観に水を差してる感じもした。

    この邦題はWOWOW企画でツイッターを利用して公募したらしいのですが、このタイトルを考えた人はこの映画を一度も観たことがないらしい。
    邦題のダサさに唖然とする事って本当に多いけど、配給会社とかもこんな感じのテンションで適当に決めてるんだろうなぁって思ってしまった。

  • 3.0

    青山さん2019/07/22 19:05


    タイトルが気になってジャケ裏を見てみると町山さんとみうらじゅんといとうせいこうが「私たちが名づけました」って野菜の生産者みたいな顔して載ってたから、生産者の顔が見える映画なら安心安全だなと思って借りてみました。
    うん、安心安全であることと美味しさは違うよねって思った。


    主人公の男が、昏睡状態の女の脳内に意識を接続するという実験に参加するお話。

    うんまぁ悪くはない、嫌いじゃない、ただこれで2時間は長すぎない??って感じです。
    なんせ、話に動きが少なくて、ほとんど女の夢の中でエロいことをするだけの話ですから。なのに実験の回数も多いし一つずつのシーンもやたら長い。そして2時間。これはもう寝ちゃいますよね。

    ただ、内容自体はそう、悪くないんですよ。
    精神世界の中だけの恋愛というモチーフはロマンティックだし、それぞれの映像もなかなか面白かったです。大勢が溶け合うところなんかは映像だけでエモい気気持ちになりましたね。まぁほとんどモザイクかかってて台無し感は否めないけど。これ、さすがにモザイク多すぎて無修正で観たいですよね......。

    最後も、変に捻らずに綺麗な終わり方で良かったです。
    シンプルで余白が多いから、物語というよりはなんかこう、詩のような味わいのある作品だったと思います。

  • 3.7

    リリアソーさん2018/06/04 04:54

    ある女性の頭の中に、電脳的な技術で主人公が入るお話です(^^)

    はじめはただの実験の観察として、女性の精神世界に入っていった主人公ですが、段々女性に感化されてゆきます。

    観察対象から一人の女性として惹かれていく様子や、主人公と女性の『絡み』は淫靡ながらも幻想的で印象に残ります✨


    途中 主人公がプレステのICOというゲームを遊んでいるシーンがあります🎮️📺️
    物語の男女の関係も、ICOに少し似ている感じもします。
    もしかしたら監督はあのゲームから物語の着想を得たのかもと思いました😉

    余談ですが、ICOは良作ですよね💞

    不気味さ★1
    見終わった後の余韻★4

  • 3.2

    水のまちさん2017/04/24 00:25

    夢は「検閲」され歪曲された性的な願望の表現。ニューロンに隠れ、情欲の接吻。男と女の二つの意識をコネクト、視覚化された夢想譚と、外側にある現実を含めたSF。夢の中では髪があり、現実では坊主頭と、明確な一線を引く、生真面目さに好感。脳科学と心理学との緊迫感を台無しにするお粗末な邦題、脳内に倫理的モザイクも滑稽。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す