お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

タチャ 神の手

G
  • 字幕

裏切りと策謀が渦巻く世界。青年テギルは“タチャ(いかさま師)”の頂点「神の手」を目指す!

伝説のタチャである叔父ゴニに似て幼い頃から並外れた手さばきと勝負強さを見せていたテギル(T.O.P (from BIGBANG))。一目惚れしたミナ(シン・セギョン)に「迎えに来る」と言い残し、故郷を離れカンナム(江南)の賭場で働くことに。負け知らずのテギルは“タチャ(いかさま師)”として成功を遂げ、やがて賭場で出会ったウ社長(イ・ハニ)と恋仲になる。ある日訪れた賭場で極悪ヤミ金業者のドンシク(クァク・ドウォン)に身柄を拘束されているミナに再会するが、一瞬の気の緩みから大敗を喫し、多額の借金を追うことに。しかし全てはウ社長、そして信頼を寄せていた友の裏切りによる罠であったことを知る。全てを失ったテギルはカンナム(江南)を離れ、一人放浪する。偶然にも叔父のパートナーであったグァンリョル(ユ・ヘジン)に出会ったテギルは、彼に師事することで着々とタチャとしての技術を身につけて行く。再びタチャとしての再起を図るのだが、ミナがドンシクの手下に捕まっていることを知り、命懸けの勝負で彼女を取り戻す。しかし、ドンシクの怒りを買ったテギルは命を狙われることに。自身の復讐のため、そして最愛の人を守るため、宿敵ドンシク、伝説のタチャと呼ばれるアグィ(キム・ユンソク)らとの、命を賭けた真剣勝負に挑んでいく。

詳細情報

原題
Tazza: The Hidden Card
関連情報
原作:ホ・ヨンマン
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
韓国
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-06-23 17:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

タチャ 神の手の評価・レビュー

3.7
観た人
1124
観たい人
751
  • 3.0

    ゴリラさん2020/08/08 22:02

    『スウィングキッズ』が良すぎたので、勢いで同監督の本作を鑑賞
    シリーズ2作目らしいが前作は未鑑賞

    とりあず、長い……

    この監督の持ち味である軽快なテンポ感や映像効果を使ったカットの切り返しは、それなりに楽しめたが、それも後半になってくると段々だれてくる…
    タイトルがイカサマ師なので、当然ストーリーも二転三転していくわけだが、そこも何か段々どうでもよくなっていった

    キャラクターはそれなりに個性豊かではあるが、それぞれに愛情をもてず感情が入っていかない…

    シン・セギョンは毎度同じ感想
    “かわいいんけど何か魅力を感じない”
    キム・ユンソクも何か今回は迫力に欠けて安っぽいなぁ…


    前評判の割りに口似合わなかった『サニー』と同じぐらいの印象
    『スウィングキッズ』だけ突出してるなぁ…

  • −−

    大和田潤さん2020/07/24 21:24

    オープニング、エンディングがアニメ的な演出なのがおもしろい。キャラクターもたっていて、日本のギャンブルマンガ、アニメの影響もあるのでしょうか。日本の花札より点数計算が複雑な印象。あとプレイヤー数が違うような。

  • 3.0

    emmaさん2020/07/19 00:51

    うーん、、、ワンを見てからだと薄っぺら感が際立つ。2ならではの新鮮みというか面白みがなかった、鑑賞後の印象

  • 3.4

    メタ壱さん2020/07/17 22:24

    花札ギャンブルの天才である“タチャ”達の、金と愛と欲望を巡る壮絶な戦いの物語!

    “タチャ”とは“やり手”みたいな意味らしく、『哲也』で言う所の“玄人(パイニン)”的な意味だと思われる!

    韓国映画特有のシリアスとコメディの絶妙なバランスが素晴らしく、時に笑い時にスリル満点な展開が2時間半という長さを忘れさせるほどに引き込みます。

    とにかく序盤から怒涛の展開の連続で、裏切りと謀略の連続が物語の密度を高める!

    花札のルールはそんなに解らない状態で観たのですが無問題!

    一つ言える事は、ギャンブルはのめり込んじゃダメって事!

  • 2.9

    きりんさん2020/07/17 02:17

    『スウィング・キッズ』のカン・ヒョンチョル監督がタチャと呼ばれる賭博師達の花札勝負を描いた作品。

    凄腕のギャンブラーが様々なスキルを駆使して騙し騙されて大金をかっさらっていくようなの想像してたけど全然違ったァ🤣😅🤣😅

    ギャンブルで騙すというよりその前段階で人間関係から策を巡らしてて誰が味方で誰が敵かもうわけわからんなってなんだか置いてけぼりをくらいながらの鑑賞でした。

    ひりつくざわざわギャンブルを欲してるので『カイジファイナルゲーム』『麻雀放浪記2020』もだけどなんか相性が悪いなぁ😭

    花札は学生の頃遊んでたけど麻雀覚えてからは一切触れることはなかったな🤔

  • 3.5

    だいすけさん2020/06/15 16:56

    テンポよく、飽きずに観れる。中盤からのリベンジや、終盤でサドンデスゲームに持っていく流れなどはいかにもエンタメ作品という印象。

  • 3.6

    TJさん2020/06/09 13:05

    前半は良かったけど、後半は展開にツイストをかけすぎた結果ちょっとどうでも良くなってしまった感
    でも最後まで楽しめました
    もう少し見せ場やキャラクターを絞った方がより深く楽しめるようになったと思う

  • 3.5

    yoruichiさん2020/06/05 01:58

    日本のとは 微妙に異なる韓国の花札。そこに気を取られ 騙し合いも深く 細いところを不明のまま 観賞する笑。尺が長いのに 飽きずに観ていられるのは 面白いってことか。

  • 3.7

    いっちーさん2020/05/22 23:36

    上映時間がちょっと長いけどテンポ良く進むし、映像もスタイリッシュなので楽しく観れました。
    花札はよく分からないけどその辺は魅せ方とかで工夫したり、分かりやすく説明してくれるので分からなくても楽しめました。
    俳優陣もユ・ヘジンさんにクァク・ドウォンさんにしまいにはキム・ユンソクさんまで出てくるからそれだけでお腹いっぱいになりました。
    ただ、騙し騙されがありすぎて誰が敵で誰が味方かとか登場人物の関係性とかが何も分からなすぎてちょっと置いてかれてる感じはありました。
    特にキム・ユンソクさんの役柄は何の説明もなしに唐突に登場したのでどういう立ち位置なのか分からなかったです。
    それでもスピーディーな花札シーンなど楽しんで観れると思います。
    あと、シン・セギョンさん美人すぎたし、イ・ハニさんがエロ美しかっこよすぎで素晴らしかったです。

  • 3.5

    Ekuboさん2020/05/06 20:42

    花札のルールがわからないまま見てしまったので、きっと半分くらいしか面白さを味わえていない気がする。ストーリーはありがちかな。味方?敵?が交互に出てくる感じ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す