お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

秘密と嘘

G
  • 字幕

何気ない日常の裏側の「秘密」と「嘘」。真実を知ることは幸せ?それとも不幸せ?

教養もなく陽気なだけが取り柄の中年女シンシア。私生児の娘ロクサンヌと二人暮らしで、母への不満を抱える娘との諍いが絶えない毎日。ある日シンシアは、「私はあなたの娘だ」と名乗るホーステンという女性から連絡を受ける。身に覚えががないわけではないシンシアが恐る恐る待ち合わせ場所に行くと、待ち受けていたのは黒人女性だった!ホーステン誕生には、誰にも言えない秘密があった…。

こちらの作品の予告編は冒頭映像を使用しております。

詳細情報

原題
Secrets&Lies
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1996
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2015-06-19 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

秘密と嘘の評価・レビュー

3.8
観た人
1331
観たい人
2837
  • 3.5

    きょんさん2021/07/31 11:18

    長いけどじっくり丁寧な描写に引き込まれる。
    誰しも秘密や嘘を持っている。
    明らかにしたくないことがあっても
    それを明らかにすることによって
    新たな一歩を踏み出すことができることもある。
    養子に出した娘から電話があったシーンと
    実際に会うことになったブレンダ・ブレッシンの戸惑いと泣き喚く演技、
    弟モーリスのずっと感情を抑えた演技だったのが、ラストに感情を爆発させるシーンはとても良かった。

  • 4.5

    okawaraさん2021/07/22 23:12

    「親戚の集まり」があらゆる行事の中で最も苦手な身として、胃痛のラスト30分。

    数少ない「家族外の人間」である写真屋の助手に、部外者である鑑賞者の自分を重ねながら見ていたが、その助手も家族に寄り添うに至って、ついに立場を失ってしまった。

  • 3.7

    せさん2021/07/22 16:29

    人生は不公平だ!!!!!!!誰かが貧乏籤を引く!!!!!

    こういう映画もあるんだなと
    あの母親にイライラしたのは私だけでは無いと思う。普通あんなところであのタイミングで暴露するか???笑笑

    娘21には見えない笑笑何歳だよ俳優。結構かわいいと思ったけどね、キャラ的に。ムス〜という顔と笑顔のギャップもいい。

    みんな色々あるんだなぁ
    てなる映画。
    感動もしないしおもしろい!ていう映画でもないが、なるほどね、てなる映画(なんだそら)

  • 4.2

    肩パット3ツさん2021/07/20 13:08

    シンシア役の俳優の壊れちゃいそうな母の演技がいい
    題名の通り秘密を抱えた家族の物語
    ポールのオマケ感や顔の癖、モーリスの職場の助手など脇役もいい味ある
    コメディとも思えるような雰囲気もあり地味だが結末が見えず楽しめた

    1996年カンヌ、パルム・ドール

  • 3.0

    ひろさん2021/07/16 01:04

    まず全編を通してシンシアが苦手でした…

    が内容はわりとどこにでもある家族の中にある秘密と嘘って事で興味深く見れました。秘密と嘘の度合いは違えど。

    結構いい歳なのにあのテンションでいられると娘だったらキツイ!娘があんな感じになるのはわかる気がしたw
    若い頃から弟の面倒を見たり苦労してきたのはわかるけどちょっと度が過ぎる!

    そんなシンシアが15歳の頃に産んで養子に出した黒人の娘がシンシアを探してあれやこれやなお話なんだけどやっぱりそこはシンシア、見てる人を裏切らないかなりのタイミングの悪さでカミングアウト…!

    って事で結構長尺だけど面白く見れました。

  • 4.0

    JohnNYさん2021/07/11 23:56

    AA4.0
    普通の家族の中にある秘密と嘘が家族パーティの中で突然明かされる。怒り、悲しみ、戸惑い、絶望、人それぞれ異なる反応をしながらも、時間と共に衝撃は和らぎ真実を知ることが本当は一番良い解決ということを皆が知る。ドラマチックな展開が無いものの、脚本と役者の力量で惹きつけられる。

  • 4.2

    明太ちゃんさん2021/07/10 16:05

    どうしてなのか誕生日パーティーで写真屋の助手に感情移入してしまいあの修羅場をずっと気不味い思いで鑑賞するハメに
    (;´∀`)

  • 4.0

    Akabepさん2021/07/10 15:56

    元々、意味不明だけどアートっぽいヨーロッパ作品が心地良くて好きなタイプなので、ところどころ理解不能でも「これはハリウッド映画ではないし。」と言い聞かせながら見ていた。

    ストーリー設定がなかなか重くて強烈な割には、観終わると役者の存在感がものすごく強く残った。
    主演陣はもちろん脇もリアル。パーティでの修羅場シーンの、ポールとジェーンの気まずい顔ったらまあ。
    鑑賞後に調べてみたら舞台出身の監督により、脚本なしの即興だそう!
    あの長回しのバーベキューの全然楽しそうに見えない感じ。

    しかしシンシアとホーテンスの、母娘シーンは泣ける。愛を求めていたんだな。

  • 3.8

    c5さん2021/06/20 22:12

    ◯職場の英国紳士オススメの映画③

    ◯第49回パルム・ドール

    ◯メッセージは、真実を話そうよ、という普遍的なものだが確かにそうだよなと思わせてくれる。あんな誕生日はパーティーは嫌だね。なんとなく是枝裕和作品ぽさを感じてました。

    ◯結構長いんだけど、いい時間過ごせたなって感じました。

  • 2.0

    Kさん2021/06/17 20:06

    天然が過ぎるメンヘラ中年女と家族を描いたドラマ。

    主人公の女の声も喋り方も段々イラついてくる。とっても天然が過ぎる。ちょっと途中から黙ってくれないかなって思っていた。

    写真を撮るシーンに見える秘密と嘘。人間みんなが抱える秘密と嘘。それを受け入れる写真家の弟がいい味出してる。映像も好き。

    家族といると自分のことばかり考える人間。家族も人間で、痛みを抱えていると知ったら、それも全部受け止めることができる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す