お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

それでも恋するバルセロナ

G
  • 字幕

この恋、想定外!?最高にセクシーでスリリングなラブ・バカンスが始まる…。

ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏をバルセロナで過ごすことに。ある日、2人はセクシーな画家、フアン・アントニオと出会う。クリスティーナが一目で恋に落ちる一方で、ヴィッキーも少しずつ、戸惑いながらも彼に惹かれていく―。ヴィッキーの悩みとは裏腹に、順調につき合いだしたクリスティーナとフアン・アントニオ。そこにフアン・アントニオの元妻、美しく、激しいマリア・エレーナまで現れて…。惹かれあう4人の関係は予想不可能な怒涛の展開へ。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

それでも恋するバルセロナの評価・レビュー

3.3
観た人
19330
観たい人
6764
  • 3.6

    Ayuriさん2021/09/24 21:17

    この映画は極端すぎるけど
    人生ほんとこんなどうしようもない悩みが尽きないんだろうな、どれだけ歳を取っても夢見て悩んで人生に後悔して、人間ってアホだよなあ、なんかそんな感じで私も生きてそう

  • 3.0

    Niylahさん2021/09/24 00:09

    ペネロペ・クルスにスカーレット・ヨハンソン。
    よりどりみどりで羨ましいな、ハビエル(…そんなイイ男には思えないけど)


    「人生は無意味だから 貪欲に楽しむべきだ」

    「成就しない愛はロマンティックだ」

  • 3.4

    しょうたろう1110さん2021/09/21 19:15

    よく考えたらエグすぎるストーリーなのに、オシャレすぎる景観と音楽でシーソーを取る。ウディ・アレン色満載の作品でした。
    まだあどけないスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールでしたが、大げさながら微妙な心情の変化を表す演技が凄く上手です。今も最前線で活躍している理由が分かります。ハビエル・バルデムとペネロペ・クルスは実際に夫妻。実生活では平和に過ごされていることを願います笑。
    映画がそうであるように、特別な体験は一生に影響を与えてくれる。映画はだから素晴らしい。

  • 3.5

    まいこさん2021/09/20 14:21

    婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。

    スペインに行きたくなること間違いなし。レベッカ・ホール、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソンの3人が演じる違った女性像とイケおじなハビエル・バルデムで描く四角関係。四角関係どころかポリアモリーの先駆的作品な気もするけれどどうだろう。題材がまあまあ珍しくて好き。いやそれにしてもスペイン語を話せるようにならない限り"観光客"ごときが2人の仲に割って入れないのは明確なのよ……。
    本作品公開2年後にペネロペ・クルスとハビエル・バルデムは結婚するけど謎に納得。

  • 4.3

    A6さん2021/09/14 18:59

    ポリアモリー的な話は前も見たことあるけど、これはもう一段階複雑だった。ハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが現実世界では仲良く夫婦をやっていて安心。

  • 3.8

    dさん2021/09/12 17:48

    今まで見たウディ・アレンの中で最も官能的だった。
    やっぱり、やっぱり、やっぱり好きだなぁ、ウディ・アレン。始まりの音楽からグッと掴まされて、淡々としたナレーションと、テンポの良さ、最後のオチまで本当にどストライク。
    誰がなんと言おうと、僕は彼が大好きですね。

    ps.ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス!?
    パイレーツ思い出した

  • −−

    nanakoさん2021/09/09 15:30

    2人の親友がバルセロナに行ってある男の人を3人とも気になってしまう話、2回目みたいとはならなかった、、私にはちょっと何がいいたいのかわからない映画だった

  • 3.4

    あやねさん2021/09/07 19:25

    ウディアレンは代表作2作だけしか観賞したことない&今までそんなに好きにはなれなかったけど、本作の舞台が2年前に行った大大大好きなバルセロナということでチョイス!

    やっぱりストーリーだけ見ると全然好きちゃうかったーーー🤣ただ、夏スペインっていうエモ雰囲気に圧倒されただけで、ツッコミどころ満載。

    ええキャラしてる登場人物が全然おらんのも萎えた。ヴィッキー典型的な重い勘違い女やし、フアンは誰に対しても責任感ないし、ダグは確かに退屈な結婚生活だろうなぁと想像にたやすいし。ただ、スカヨハは芯のある軽い女(?)で推せるし、ペネロペの内に秘める狂気がほとばしりすぎて怖いと思えたから、改めて良い役者さんやなあと。

    物質主義の俗世に疲れたら、ぼーっとワイン飲みながら、あ!グエル公園行ったことある❤️きゃ❤️みたいな感じで軽く見るのが私の思う本作の楽しみ方。
    結論、ウディアレンは雰囲気の魔術師🪄

    (2021年9月5本目)

  • −−

    タマラさん2021/09/07 02:00

    スペインてやっぱりね ~すごいよね ~
    ウディアレン観てるとあんなロリコン…観るのやめなさい‼️ていつもお母さんが怒ってきます
    そこ困るけど、だいすき

  • 3.8

    Kaoruさん2021/09/04 12:04

    10代の頃は、とにかく美しいペネロペを満喫する映画として大好きだった。
    今更ながらウディアレンの映画と知り
    納得。今ははちゃめちゃで人間味あふれるストーリーも好き。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す