お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

マルタのことづけ

G
  • 字幕

メキシコの新鋭女性監督の実体験にもとづく、奇跡的な出会いとその別れについての物語。

メキシコ第2の都市・グアダラハラ。4人の子どもを持つシングルマザーのマルタと、友人も恋人もいないクラウディアは、偶然病院で出会った。虫垂炎を治療し短い入院を終えたクラウディアを、マルタは自宅での食事に招く。クラウディアは戸惑いながらも、マルタの愛車に乗り込み彼女の自宅へと向かう。クラウディアは強烈な4人の子どもたちと、自分を娘のように扱うマルタに戸惑いながらも、自分を必要としてくれる彼らの中で居心地の良さを感じ、家族の一員のように時間を過ごしていく。そんなクラウディアに、三女のマリアナが誰にも言えなかった胸の内を話し始める。

詳細情報

原題
Los insolitos peces gato
音声言語
スペイン語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
メキシコ
対応端末
公開開始日
2015-07-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

マルタのことづけの評価・レビュー

3.3
観た人
233
観たい人
335
  • 3.6

    T太郎さん2021/10/25 18:03

    226
    難病物は何割か差し引いて考える必要があると思っている。

    いわゆる、卑怯な手法と言えるのだ。
    確かに作品によっては、難病を扱う事が必要不可欠な物語もあるだろう。
    しかし、ただ観客の涙を誘うためだけに利用しているケースも多いのだ。

    さて、今回はどうだったのだろう。

  • 4.0

    kaichiさん2021/09/14 16:00

    「私がいなくなっても、笑顔でいてほしいから遺したい、愛しいあなたたちへ」

    余命僅かなマルタが、愛する4人の子ども達と、
    病院で出会った孤独なクラウディアに遺したことづけが、沁みた〜😭😭

    きっと、4人の子ども達もクラウディアも、
    いつでもどこでもマルタを感じながら、
    淋しくても辛くても、元気に頑張れるんじゃないかな。

    死にゆく人を看取るのは、本当に大変で辛い事だけど、
    それを乗り越えられるほどの愛と、大切な家族がいる。
    て思わせてくれる素敵な映画でした。

  • 4.0

    いち麦さん2021/09/11 21:36

    死に逝く病と闘う母のもとキャラの違う4人の子供らが暮らす生活。入り込んだ孤独な娘クラウディアと共に此方も子供らの無邪気な言動に癒される癒される…説教臭さのない自然体なのが一番人の心に潤いと考える力をくれる。

  • 3.3

    capybara6さん2021/07/23 20:24

    独りぼっちだったクラウディア。
    笑うことも忘れてしまった女性。
    病院で偶然隣のベッドになったマルタと出会い、人生が変わった。

    家族を知らないクラウディアを家族の一員のように扱ってくれるマルタたち。クラウディアもマルタの介護を率先して行う。
    しかし、たまに独りになる。マルタ一家に悪気はないが、やはり他人。
    家族ではない。
    マルタの最後は看取れなかったが、願いは子どもたちと叶えてあげることができた。

    子どもたちがそれぞれにクラウディアに甘えたり弱音を吐いたりする。
    そういうシーンは観ていて嬉しかった。

  • 4.0

    riekonさん2021/01/14 17:54

    マルタとクラウディア🛏
    偶然出会ったふたりだけど
    流れる?流される?ように
    マルタの家族のお手伝い😊
    マルタの上の娘ふたりは
    「なんでいるの?」と始めは
    手伝ってもらってるのに
    感じ悪いなぁ〜と思ったけれど
    徐々に打ち解けてきて
    クラウディアもそこまでやるの?
    って思ったけど
    家族といるのが楽しいのかな😊
    お互いがいい感じだけど
    マルタが急変したり、海のシーンは🏖
    家族でないクラウディアには
    入れない壁があって
    見ていてちょっと辛かった😞
    ラストのマルタからの言葉は
    泣いちゃうなぁ〜😢
    実話なんですね〜

  • 3.4

    himacoさん2020/12/06 17:33

    余命僅かとなった母マルタと、父親の違う4人の子供たち。

    一人で生きてきたクラウディア。

    マルタの一言をきっかけにぎこちなくも混ざり合う家族と一人。

    居心地の良さと悪さが同時にある、そんな家族の姿が淡々と描かれている。

    血の繋がりに関係なく、家族として迎えるスタイルにはとても共感できる。

  • 1.8

    リラリオさん2020/06/28 23:05

    孤独なスーパー店員の女が腹痛おこし、入院。隣のベッドのHIVのママとその4人の子供たちと知り合い…飯食ったり、世話したり、海行ったり…ママは亡くなり、遺灰を車の窓から町中にぶちまける。(どこにいても私を思い出してという迷惑な遺言)子供とスーパー店員、それぞれへの最後のプチ説教、お節介メッセージを残して終わりって感じの話。
    なんかよくわかんねぇ話でした。最初のシリアル食ってるシーンがやたら長かったり、画面が暗くて何やってんだかわかんなかったり…とりあえず、キッスの種類は3種類で、基本は小鳥KISS、不潔なバキュームKISS、うっとり系は敏感なKISSって事だけは伝わりました。マジでつまらなすぎてびっくりした。

  • 3.2

    ちびまるさん2018/05/05 08:51

    不治の病により死期の近いマルタ。4人の子どものシングルマザーでありながら、我が子を残してこの世を去らなければならない辛さはいかほどか。

    母の最期を見とらなければならない子どもたち。母を喪う恐怖と看病のしんどさと、母を愛してるけど自分の生活も大事だったり…。

    そんな家族と偶然出会い最期のわずかな時を共にするクラウディア。早くに家族を失い孤独に暮らしてきた彼女とマルタら家族の実際の交流が映画となったそう。

    彼女にとって本当に重要な出会いだったのでしょう。

  • 2.5

    ダミさん2017/10/27 10:32

    主人公の魅力や個性
    その他の家族の個性もイマイチ
    マルタの演技は良かった
    ストーリーは単純だけど
    小物使いが所々ツボ

  • 3.0

    shuwaさん2017/07/29 21:17

    実話だなんて。。。!

    赤の他人を家族として迎え入れるなんて、普通じゃ考えられません😳最後のことづけは感動しました😢遺灰を撒くシーンもマルタらしいなと

    こどもたちが案外しっかりしてる

    いくら家族の一員になろうとしても、やはり他人だということに気づくシーンがちょいちょいあってなんか切ない

    でもやっぱりフィクションのような気がして。。。モヤモヤ

    まさかのrotten tomatoes 100%😳

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました