お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

忍者

G

K-1ファイター・魔裟斗主演! 奇跡のワクチンが封じ込められた“箱”をめぐる若き忍者たちの死闘。

どんなウィルスにも抵抗できるワクチンを発明した菊地博士が、虎大介率いる甲賀忍者衆に殺された。命令を下したのは、全人類を支配する野望に燃えるブライアン。ワクチンは“箱”に封じ込められ、開け方を知る者は博士だけだったが、“箱”を開ける“鍵”となる青年コピーの存在を知ったブライアンは、コピーの生け捕りを命令するが…。

詳細情報

音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2004
制作国
日本/香港/中国
対応端末
公開開始日
2015-07-10 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

アクション邦画ランキング

忍者の評価・レビュー

2.3
観た人
16
観たい人
14
  • 1.1

    kenさん2021/09/05 17:29

    どうしても忍者要素入れなきゃダメだったんやろうか?魔裟斗くんも大会優勝のご褒美か何かで出演したんかな?映画のような万能ワクチン早く現実にならないかな。(2021-340-9-4)

  • 3.1

    にゃん平2号機さん2021/06/12 14:42

    前提としてこの映画の登場人物の9割がニンジャなのでニンジャが登場して暴れてもサプライズにならず、面白くならないのではないかと思われたが、ちゃんと面白くなりました。それ以外は面白くありませんでした。

  • 4.0

    超空間コベさん2019/05/01 21:10

    『人肉饅頭』や『イップ・マン 最終章』など、
    アンソニー・ウォン主演作でおなじみの、
    ハーマン・ヤオ監督、香港製ニンジャ映画。

    K-1 WORLD MAX世界王者・魔裟斗が、
    最強の敵忍者として立ちはだかる!

    忍者たる者、高い所から飛び降りたら
    音も無く着地するのが常だが、
    王者・魔裟斗を、その辺のザコと
    一緒にしてはならない…。

    「―――ドズゥーン!!」(笑)

    豪快な地響きと土煙を立て、王者の貫禄と
    存在感を、敵味方双方に示すのだ…!!☆

    香港ニンジャと言っても、
    80年代に量産されたショウブラや
    フィルマーク謹製の、あの怪しげな
    謎のパワーに満ち満ちたニンジャを
    期待すると、残念ながら肩透かしを食う。

    「ニンジャさえ出てれば何でもイイ」
    という人間以外には、鑑賞価値の
    存在が見い出しかねますが、(笑)
    終わってみるとイイ話でしたよ。♪

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す