お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ロリータ

G
  • 字幕

“歳月を重ねるほど輝きを増す”キューブリック、ナボコフの傑作。

ニューハンプシャー州ラムズデイルで、ヨーロッパからの亡命者ハンバート・ハンバートは激しく恋に落ちる。彼はシャーロット・ヘイズと結婚しようとするが、お目当てはシャーロットではなく、おませな娘の方だった! ウラジミール・ナボコフの小説を原作に、スタンリー・キューブリックが性への執着(37年後に『アイズ ワイド シャット』で再び登場するテーマ)に挑んだ、ブラックユーモアと深い感動を湛えた作品。倒錯した欲望の主ハンバート役にジェームズ・メイスン。彼は愛に飢えたシャーロット(シェリー・ウィンタース)を娶り、至る所に出没するクレア・クィルティ(変幻自在なピーター・セラーズ)に嫉妬し、未成年の少女(スー・リオン)に惑溺する。“可憐で、詩的で、弾むような名前”のじゃじゃ馬…『ロリータ』に。

お得なパック(1)

詳細情報

原題
LOLITA
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1962
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-08-21 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー洋画ランキング

ロリータの評価・レビュー

3.4
観た人
10864
観たい人
10103
  • −−

    フライヤーさん2020/05/31 14:23

    ロリータという少女に魅せられた男の話。
    一見紳士な男性で、父性のようで性的なようで、どう捉えていいかわからない愛。徐々に周りの男への嫉妬や疑いが止まらなくて、依存していた。
    でも、ロリータが思春期特有の魅力を持っているのは確かだ。
    マニキュア塗ってくれる男性とかなかなかいないと思った。
    ロリータから身を引くシーンが、切なかった。
    原作だとまた違うんだろうから読みたい。

  • 3.1

    maiさん2020/05/30 17:26

    "ロリコン"の言源となった映画

    モノクロでもロリータの美貌にはうっとりした。
    でもじじいの束縛ほど気持ち悪いものはないな。

  • 2.7

    柚子っしゅさん2020/05/29 15:54

    ロリータこわー((((((゜ロ゜;
    振り回すだけ振り回しておいて自分は幸せになりやがった。しかも困ったら昔の男を頼るという図々しさ。
    主人公もこういうロリータの性格があったから、束縛したんだろうけどロリータの方が一枚上手だったと…。

  • −−

    もにはさん2020/05/26 03:40

    我儘で愛らしい小娘に狂わされる大人たち
    最後に彼女は拠り所を見つけられたので勝ち組
    大人の嫉妬心や独占欲は気持ち悪い
    大人になるって悲しいことだし醜いね
    ロリータに憧れを抱いてしまう私はただのガキ

  • −−

    きりぽんたんさん2020/05/25 00:09

    ロリコンって言葉ができる元になる映画らしいということは知っていたがはじめてみた!

    ロリコンの元はなんだけど、一般に定義されてるロリコンは幼い見た目の子が好きな人って感じがするけど、このロリータは大人びてた気がする...

  • 4.0

    ひからるさん2020/05/23 16:02

    元祖ロリコン映画。
    本作のロリータ役や『時計仕掛けのオレンジ』のアレックス役など、キューブリックの配役は抜群。

    制作年代がもう少し後ならとんでもない最高映画になっていただろうが、ロリータ役にスー・リオンを使えたのはこの時代ゆえの利点だ。

  • 4.3

    ふるぐら中毒さん2020/05/23 08:20

    少女の危うい魅力。
    あまりキューブリックっぽくないけれど、演出面でやっぱり美麗さを感じられる。
    全体的に古っぽさが感じられて好き。

  • 3.5

    けんやさん2020/05/23 00:09

    ロリコンの語源!
    キューブリック作品なのでぜひ観ておきたかった映画でした。
    にしても最後のハンバートは哀れで仕方がないですね。
    役者もさることながら白黒でものめり込める作品にしてしまうキューブリック監督さすがです。

  • 3.6

    ラチェットスタンクさん2020/05/22 23:53

    そんなかな。

    キューブリック映画の中では好きじゃない部類に入ります。

    ロリータに恋愛感情じゃなく親の子に対する束縛愛的感情を持って接した男が、複雑な年頃の彼女に振り回されてしまうお話
    個人的にはそういう映画に感じました。

    ロリータとの繋がりを断ちたくないがゆえに好きでもない女の人と結婚する様が実に滑稽ですがその後の展開のシュールさはさらに滑稽に映ります。

    会話メインですがロリータの美貌や普遍性のある要素とリアリティある心理描写である程度退屈は回避できてたと思います。

    ただ、ストーリーはやや弱く感じてしまいました。先の展開はおおよそわかってる上で進んだし、興味深くない、見所のない退屈な要素もあったりで映画の落ち目はそこかな。
    あとモノローグがあんまりいらない。急に入ってきて少し違和感があった。この頃のキューブリックって結構ナレーションとかモノローグを多く使うんだけど俳優の演技とかで心情を引き出せるんだからそれをもっとやってほしい。

    また観たいようなそうでもないような不思議な魅力を感じる作品です。

  • 3.5

    Lilyさん2020/05/22 15:55

    1962年のもの。この作品は何個か作られてるみたい。
    評価が低いレポのは、内容的な部分が多めだけど、確かにそうだよなと思う。
    おじさんが若い女の子のこと好きになって、お金で釣ってる感じの少しずつ今で言うパパ活のようになっちゃう感じ。

    これが、こんなに古いときには、大衆向けだったのかと思うと、世界変わったな。

    Lolitaはほんとに可愛くて女性らしくて、素敵な女性だった。けれども、それを堂々と映画で言ってそれを、性教育だとか、結びつけちゃうあたりがギャップだったなと。

    でも、シーンも、結構大掛かりで、しっかり作られているし、古い映画ならではの哀愁やちゃんと時間かけて作られてます感が感じ取れた。

    内容は、あまり好きではないけれど、飽きはせず、私が予想していた内容でなかったし、早く次のシーンは?って思うし、面白い作品だった。
    最後の最後まで、わかってなかったなぁ私は。深く作られていた!頭使う!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す