お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シャイニング

G
  • 字幕

スティーブン・キングの原作小説を基に、監督スタンリー・キューブリック自らが共同脚色を手がけた、ホラー映画の金字塔。

スティーブン・キングの原作小説を基に、監督スタンリー・キューブリック自らが共同脚色を手がけた、ホラー映画の金字塔。鮮やかな演技、戦慄の設定、そしてトラッキング・ショットによる幻想的な映像を融合し、かつてない恐怖の世界を描き出す。ジャック・ニコルソン(「お客様だよ!」の台詞はあまりにも有名)演じるジャック・トランスは、妻(シェリー・デュバル)と息子(ダニー・ロイド)と共に優雅なオーバールック・ホテルを冬季管理人として訪れたことから物語は始まる。トランスはこのホテルを訪れたことはないはずなのだが…果たして?その答えは、狂気と殺戮が渦巻くこの場所にある。

お得なパック(1)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

シャイニングの評価・レビュー

3.7
観た人
121444
観たい人
37072
  • 4.0

    そい也さん2021/11/28 10:36

    友人と視聴

    鏡を使った表現がすごく印象的だった。
    映像の美しさは今見ても変わらず美しいと思う。
    鑑賞しただけだど謎が残り、鑑賞後こちら側で考えさせる余地があるのが面白い。

  • 3.0

    Baruさん2021/11/27 08:04

    仲のいい店長がよくバイト先のお店で観てた映画。何度かみてるけど怖くて直視してない。てゆかしっかり観てない。
    機会があったらちゃんと鑑賞しようかな。
    いや、しないかな。

  • 3.7

    三澄さん2021/11/26 18:26

    計算しつくされた映像美がすごい
    世界観が素敵、音楽も良い
    内容は考察読んでもしっくりこなかったな、原作読みたくなる

  • 4.0

    ゆあさん2021/11/26 16:49

    ニコルソンの演技が最高だった。
    ホテル内は明るいのにこんなにも恐怖心を掻き立てるのはすごいしじわじわくるものがあった。
    あとは映画の設定がなかなかないからとても面白かった。

  • 3.5

    Joon181さん2021/11/26 06:57

    怖いと構えて見たからか、そこまで怖くなかった。映像が凄くきれい。シンメトリーが好きな人は感動するかも。女性の演技が本当に素晴らしい。追い詰められているのが本当によく出でいる。

  • 4.0

    ドンキホーテ型志望さん2021/11/26 00:46

    雪山繋がりで思い出したので記録。
    ジャケ写のイカつい顔撮るために2週間もリテイクしたんだってね🤭 製作陣側も狂ってしまいそう😅
    エレベーターのシーンも何回も汚れ落として撮り直したことを思うと……
    こりゃ名作が生まれるわけだ(笑)

    続編があるの知らなかった。ドクター・スリープって言うのか✍️



    キューブリックさんとキングさんの中がこれで悪くなったのは有名な話。
    息子の首を絞めなかったキューブリックさんにキングさんが💢

    たしかにこの映画を観るところ、ホテルの悪霊にジャックが取り憑かれたというよりも、ジャックがホテルに缶詰状態になったストレスから幻想を見て、家族殺害を企てたと思ってしまう💦
    アルコール中毒だったり、息子ダニーに暴力を振るったという過去が余計そう感じさせるんですよね。



    この映画でシンメトリーという言葉を知りました🥰
    ドクタースリープであの双子の正体は明かされるのでしょうか?

    あと、ジャック・ニコルソン、初代ジョーカーも演じてるのか∑(゚Д゚)
    後世に伝えられる怪演だし、納得‼️

    エレベーターのシーンが一番好きだけど、あのシーンの意味よく分かってない……

  • 4.0

    raintreeさん2021/11/25 18:30

    原作となるスティーブン・キングの描く恐怖の奥には必ずヒューマニズムが宿っており、土から生まれたものが土へと還るような温もりが宿されていますが、スタンリー・キューブリックの場合は「ありのまま」に取り出してみせるだけのように思います。それは『2001年宇宙の旅』(1968年)に登場する「モノリス」のように冷ややかに、不可解なものは不可解なままに。

    そんなところが原作者にとっては不本意だったのだろうと思います。

    しかしながら本作の映像はどこまでも美しく、そのためホラーというよりもちょっとした映像叙事詩のように感じられます。さらには『2001年宇宙の旅』よりも宇宙的な雰囲気に満ちているようにさえ見えてしまう点に、キューブリックのキュブリックたる所以(ゆえん)があるように思います。

    そうした感覚は1人息子のダニー(ダニー・ロイド)にも表れており、その綺麗な顔立ちは父親ジャック(ジャック・ニコルソン)の狂気に沈んでいく顔よりも、むしろ僕にとっては怖かったくらいでした。美は本来的に人を恐れさせるという言葉(僕の思いつきですが、きっと誰かがどこかで言っているはず)がすんなり理解できます。

    ある男がいて、ある狂気に取り憑かれていく背景には、ある存在がある。そこまではいつものスティーブン・キング流れですが、キューブリックの冷徹なまなざしは、そこからヒューマニズムへと回帰していく復路をバッサリと斧で切り落としてしまいます。

    狂気は狂気のままに
    血は血のままに
    亡霊は亡霊のままに

    そこに宿る色彩感覚や異界とのつながり方は、デヴィッド・リンチ監督『ツイン・ピークス』へと受け継がれていくものを感じますが、キューブリックの前ではデヴィッド・リンチにさえも温度感が宿っています。

    けれどそのことによって見えてくるのは、僕たちがその中に生きざるを得ない幻想性の根拠です。そこに見てとるものが、美しさであれ、醜さであれ、恐怖であれ、原理的に僕たちはその中にしか生きられない。父親ジャックが、やがて亡霊と共に微笑みながらたたずむ集合写真のように。

  • 3.7

    YOHEIさん2021/11/23 21:58

    Netflixにある名作として見た。

    狂気的な内容で、怖いのだが怖すぎずモヤモヤした感じで映画を見終わった。

    ジャックニコルソンは香川照之か!ってくらい顔の表情の作り方、伝え方が上手く、ホラーとは言え、クスッとなりそうな場面があるが、字幕ならではの原音ならではの迫力にただの怖さではない、不条理な怒りを受け入れてしまう怖さがあった。

    お気に入りのシーンはやっぱり有名な木枠に顔を挟めたジャックニコルソンのシーン。最初のドアであーこのシーンかと思ったが、実際は2個目のドアが表示となるシーンであり、その有名なシーンを待ってはいるが、状況的にワクワクと怖さが共存したなんとも言えないシーンとなった。


    怖さより感じたのはこんなDV夫にはなりたくない!

  • 2.0

    白米と餅さん2021/11/23 13:28

    冒頭エレベーター×女の子sのシーンを観るたびに心臓がウッとなってかれこれ5.6回観るのを辞めていましたが、3週間かけて観る事ができました。
    色々言いたい事はありますしまたいつもとは違う長いレビューですが、何がどうであれ原因が何であれ同じ場所かつ暗いお部屋に引きこもりは悪影響なんよ、最後ギャグなんよ
    記録用です

  • −−

    Chihiroさん2021/11/23 01:20

    も、無理っす、ホラーダメっす
    後悔先に立たず、でもシーンの由来わかった
    面白い。
    しばらく夢に出てきてくれるなよ、というお気持ち

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました