お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

くちびるに歌を

G

主演:新垣結衣×監督:三木孝浩。“15歳”だったすべての人へ…生涯忘れない、涙の感動作。

長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

くちびるに歌をの評価・レビュー

3.8
観た人
17239
観たい人
6848
  • 3.6

    otwさん2022/01/12 12:07

    青春モノ好きな自分としては及第点以上。
    ストーリー自体はそれほど濃くはないが、合唱という表現だけでもしっかり泣かせてくるのは音楽の力。

  • 4.2

    マスクドぬらりひょんさん2022/01/12 02:34

    合唱て素晴らしいな。こんなもん泣くに決まってんだろ!
    今本当に挫けそうだけど、笑おうと思います。名作です!

  • 4.0

    tokonacciさん2022/01/10 15:21

    ガッキーの作品をあまり観ていないので、斜に構えた表情や態度が新鮮だった。予測できるような脚本だったけれど、それがとても心地良かった。ナズナの校舎屋上は本当に危ないと感じて、柏木先生が自分も辛かっただろうけど、ギリギリのところで救ってくれたのだと僕は思う。

  • 3.9

    塩さん2022/01/09 23:08

    音楽って素晴らしい
    みんなの歌声がとっても響いてきた

    キャストが豪華なのよね

    手紙の歌詞と中学生たちの生い立ちがマッチして、どんっと響いた
    自閉症の兄をもつ男の子の15の手紙はもっと感動した
    綺麗な青春映画でした。

  • 3.5

    DanielHGentaさん2021/12/19 20:21


    く 空中分解寸前合唱部
    ち ちぐはぐバラバラ女子男子。
    び ビーチで 教室で 真面目に練習🗣
    る ルーズな男子も
    に ニッコリまとまり
    歌 歌のコンクール♪̊̈♪̆̈ 今
    を を生きている~♪今を生きていこう~♪


    ✉️


    拝啓 今をときめく皆様

    恒松祐里『おかえりモネ』
    葵わかな『わろてんか』
    佐野勇斗『ドラゴン桜 第2シリーズ』

    そして僕らのガッキー(新垣結衣)

    みんなキラキラしてましたね✨
    ガッキー先生(柏木先生)は徐々に
    閉ざしてたハートが弾んできましたね💓

    この映画は6〜7年前の作品。
    15年後の未来までそろそろ折り返し
    いかがお過ごしですか❓

    そうそう
    僕も映画を観ながら
    15年後の自分に
    どんな手紙を書くのだろうか?とか
    15年前の自分に
    どんなお返事ができるのだろうか?とか
    想いを巡らす素敵な時間を過ごせました
    (⑅ˊᵕˋ⑅)


    もちろん
    合唱部のメンバー全員なのですが
    なかでも
    いちばん印象的だった生徒は

    まだ声変わりしてない男子
    天使の歌声を持つ サトル君 です

    ガッキー先生をはじめ
    みんなに優しさを届けてくれていた印象🚗

    自分が生まれてきたことへの罪悪感も
    自閉症のお兄さんを大好きな気持ちも
    サトル君の言葉全部に嘘がなくて

    等身大で今を生きている〜
    そんな感じがしました。


    それでは、また15年後に👋

                     敬具


    ー追伸ー

    ガッキー先生の
    レトロでアンティークな
    味わいしかないお車で
    サトル君のように
    ドライブがしたいものです🚗☺️

  • 4.2

    どようさん2021/12/16 19:08

    訳ありの無愛想な音楽代替教師の新垣結衣が素晴らしい生徒たちに囲まれて悲しい過去を乗り越える映画。
    バリバリの昭和の世界観が楽しい映画です。こんな素直で可愛い生徒たちの学校で先生として働きたい!
    内容は先生の過去、生徒たちのそれぞれの事情が段々と明らかになるにつれて感動の渦に巻き込まれていきます。
    適度にコミカルな表現で昭和の学校あるあるをまじえながら、対立から徐々に信頼関係を作っていく王道展開で感動を誘うバランスの良い映画です。

    桑原アキオ役の渡辺大知さんの演技がすごい!
    職員室で説教!
    臨時だからって甘えてるんじゃないよ!
    逃げてたら誰も救えないし誰も救ってくれない。
    なずな、泣かんとよ。前進、前進。ボォーボォー。

  • 3.9

    まーさん2021/12/13 14:40

    手紙、良い歌。

    15の時の自分は、何を考えて、何を悩んでいたのだろうと思い返した。

    ”くちびるに歌を“忘れずに生きていきたい。

  • 4.5

    涼さん2021/12/13 11:34

     ここ4ヶ月見た中では、最高に良い作品だった。

     原作:乙一が良いのか、脚本:持地祐季子・登米裕一が良いのか、監督:三木孝浩が良いのか?
     おそらく、それぞれの良さが響き合って、このような傑作が生まれたのだろう。

     主要人物4人ぐらいに焦点を当て、五島列島の美しい風景の中、それぞれの困難な状況、悩みなどが具体的に描かれる。それが合唱の練習を通して何かいい方向に進んでいくわけだが、そこに至る過程の描き方が素晴らしい。

     特に胸を打たれるのは、桑原サトル(下田翔大)と自閉症の兄アキオ(渡辺大知)との関係だ。
     自分が生まれたのは兄が自閉症だったから。兄の面倒を見させるために親が産んだのだとサトルは思う。
     ヤングケアラーを引き受ける宿命にありながら、一方でそのような決まった人生もいやだと思う。

     そのような兄ではあるが、作業所に兄を迎えに行って、海沿いの道を一緒に帰るときは楽しい。兄も楽しんでいる。
     そんな兄が、周囲の迷惑を考慮されて、自分の晴れ舞台の合唱を聴けない。
     終わった後、合唱を聴けなかった兄に柏木ユリ(新垣結衣)の発案でロビーでメンバーが「マイバラード」を歌い始めると、会場の全合唱部員が兄に向かって歌ってあげる。
     ここは名場面で、曲もいいし、涙が流れるのを止めることが出来ない。
     誰だこのストーリーを思いついたのは!
     乙一か?
     だとしたら天才だな!

     唯一おかしいと思ったのは、塚本哲男(桐谷健太)が、合唱本番直前に前顧問松山ハルコ(木村文乃)が分娩室に入ったとユリに伝える場面である。
     普通の教師なら、このような状況で生徒の動揺を誘うような言動をするはずがない。自分の胸のうちに収めて、本番が終わってから言えばいいだけの話だからである。

     先生ものには傑作が多い。
     「コーラス」、「フラガール」、「いまを生きる」など皆素晴らしいが、これらには共通点がある。
     ①先生は人格者である。
     ②1年以内に辞める。
     この点からすると、本作は当てはまらない。
     ①が違う。本作は先生本人も傷ついていて、生徒に助けられ自分も成長する、という構造になっている。そこが新しい。

     本作はバリアフリー上映で見た。字幕と、状況説明の音声が付いたが、全然気にならなかった。
     私の後ろには、盲導犬を侍らせた視覚障害の方がいたが、楽しめただろうか?

  • 3.1

    だいちさん2021/12/10 22:13

    声を重ねて。

    舞台の長崎は五島列島の景観が本当に美しい。特に夕景が美しくて、のどかな時間をのんびり歩く。羨ましい下校時間だと思った。

    周りの人たちの高評価とは裏腹に、中々自分にはハマらなかった。ドラマにした方がもっと深みが出そうな脚本だと感じました。

    どうしても展開の早さがご都合主義に感じてしまった。時間経過を一つの事象になぞらえて伝えているけど、人ってその短期間で深く信頼し合えるかな。
    あっさりしてるとこはあっさりしすぎているし、芸人とかキャスティングするのは本当にやめて欲しい。。

    ガッキーみたいな美人先生が来たら、男子はあんなリアクションになるよね笑
    漫画っぽい描写だったけど、リアル感もあったなぁ。

  • −−

    幸さん2021/12/08 00:37

    人生しんどくなった時に観返す映画。
    もう何回みたか分からない。それくらい好きだしそれくらい私の支えになっている映画。

    高校受験の時も、大学受験の時も、前日に観たな。

    観すぎてスコアなんて付けられない。

    とりあえず俳優佐野勇斗を育て上げてくれてありがとうございます。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました