お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

やくざの女3

G

死ぬ程嫌いなやくざ…しかし、持って生まれたやくざの血が美沙の運命を手放す事はなかった。

愛するやくざと絶縁し、街を去った美沙(吉沢明歩)は喫茶店の店員として新たな生活を過ごしていた。一方、美沙を失った焦燥感を抱える龍二だが、シノギ内で御法度の麻薬売買が発見され、同組織内でのシノギの奪い合いが始まり泥沼の内紛抗争が勃発する。離れて生きる二人だが、強すぎる“やくざの血”が再び、金と欲望と抗争の渦へと美沙を引き込んでいくのであった。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

やくざの女3の評価・レビュー

2.8
観た人
10
観たい人
2
  • 3.1

    Thomasさん2019/08/14 13:58

    1より2、2より3と面白さが増してきた。Vシネの脚本の面白さを再認識。
    濡れ場の物足りなさはあるものの、アッキーの色気は充分堪能できた。
    松田一三の出演も嬉しい。

  • 3.0

    daiyuukiさん2018/10/13 18:22

    愛するやくざと絶縁し、街を去った美沙(吉沢明歩)は喫茶店の店員として新たな生活を過ごしていた。一方、美沙を失った焦燥感を抱える龍二だが、シノギ内で御法度の麻薬売買が発見され、同組織内でのシノギの奪い合いが始まり泥沼の内紛抗争が勃発する。離れて生きる二人だが、強すぎる“やくざの血"が再び、金と欲望と抗争の渦へと美沙を引き込んでいくのであった。吉沢明歩がヤクザに翻弄される女を演じるシリーズ第3作。
    今回は、竜二の組織内の抗争に美紗がまきこまれる抗争編。だが肝心な抗争が、女一人の口車に振り回されてというのがショボい。
    美紗がヤクザの女である宿命に向き合おうと決心する展開も唐突な感じで、マンネリになっているシリーズ第3作。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す