お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゾディアック

G
  • 字幕

『セブン』、『ファイト・クラブ』のデビッド・フィンチャー監督が放つ究極の犯罪スリラー!

『セブン』、『ファイト・クラブ』の監督が放つ、実際に起こった未解決事件に基づくサスペンス・スリラー。“ゾディアック”と名乗る連続殺人犯と、その事件の解決に挑む者たち。「殺人」と「真実の究明」という全く逆の立場にいる人間たちが、謎が謎を呼ぶ事件を巡り、次第にその運命を狂わされていく…。ジェイク・ギレンホール、ロバード・ダウニーJr.、マーク・ラファロ、クロエ・セヴィニー等、豪華キャストのアンサンブルで贈る、至高のスリラー。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ゾディアックの評価・レビュー

3.5
観た人
23221
観たい人
9768
  • 3.5

    モーリーさん2021/04/11 21:41

    実際の未解決事件を元にデビッドフィンチャー監督が描くクライムサスペンス。未解決事件だと知らなかったので途中までどうなるのかワクワクしながら観たがあれ?これひょっとして未解決事件なのか?とピンと来てからはそういう見方に変わった。犯人と疑われたリーがやっぱり真犯人のはず…と最後まで疑っていたが最後の最後で…あの子憎たらしいまでの笑顔を見て主人公と一緒に絶望の淵に叩き落とされた。主人公の顔を知っていたならあんな屈託のない接客スマイルを向けられるはずはない。それはイコールリーが犯人でないことを証明する。じつに味わい深い名シーン。のちにDNA検査までしたがまたしても不一致の結果。その年リーは心臓発作で死亡し真犯人は謎のまま現在も捜査中という字幕で映画は終わる。実にあっけない幕切れ。この事件に翻弄され犯人に人生を狂わされた刑事、記者、漫画家たちの顔…顔…顔。疲れと孤独が深く刻みこまれている。こんなことなら途中で事件から離れた刑事の元同僚の判断が一番正しかったとさえ思えるじゃあないか。たとえ大きな仕事の成果は残せなくても、その後の人生少しは(少なくともあの3人よりは)まっとうに暮らせたはずだろう。そんな考えの人間は映画の主役になれないのかも知れないが、ささやかな幸せは手にすることが出来るはず。諦観も大事。なのかも知れない。

  • 3.0

    かんたさん2021/04/11 20:07

    むずい!!
    人多い、話長い、でも最後にはいい感じにまとまってたような感じだった。でも最後の方の家の男の人なんなん?あいつが文字書いてただけってこと?意味不明。
    完璧犯罪ってまじですごいなとは思った。

  • 4.0

    ぴよさんさん2021/04/11 13:44

    実話ベースだと知らずに観ましたが、すごく面白かったです。

    ロバートダウニーJrタバコと酒が似合うな本当に。

  • 2.8

    やのちんさん2021/04/11 00:30

    157分と長いので、頑張って頭の中を整理しながら観ていても、おやおや?と混乱。

    最後ら辺から、まとまってくるので改めて整理。

    1つ1つヒントや謎を解いていき、主人公はゲーム感覚になりそうだけど。
    こんなゲーム絶対いやだ。笑

  • 3.0

    Orangeberryさん2021/04/10 23:20

    途中、登場人物が多くてよく分からなくなる。長過ぎ。事実を元にした残忍な事件なのに音楽を軽快なかんじにしたのはやはり違和感があった。

  • 3.0

    てつこてつさん2021/04/10 22:53

    事実上迷宮入りになっている、劇場型犯罪の走りでもある実際のゾディアック連続殺人事件を題材にしたデビッド・フィンチャー監督作品。

    実際の事件をテーマにしているだけあって、脚本の構成は、事実に基づいており非常に丁寧。変に内容を盛ったりしていない分、リアルなんだけど、どうしても映画作品として観るには盛り上がりに欠け、157分の上映時間は、さすがに長いかな。

    登場する俳優陣は豪華だけど、個人的にはマーク・ラファロとアンソニー・エドワーズが演じた、地道に足を使って捜査を続ける刑事たちの、ちょっと枯れた感じの渋みある演技が魅力的だった。

    にしても、日本より余程科学捜査の技術が進んでいるイメージがあるアメリカでも、90年代以前は、DNA検査の技術が発達していなかった事により、筆跡の一致が検挙可能か否かの決定的証拠となりうるかなんていう状況だったんだなあ。状況証拠がどれだけ揃っていても人権侵害の畏れのバランスが重要視されるんだね。

    日本でも各民放が番組編成時期に警察密着特番のドキュメンタリーを放送していて、ついつい見てしまうが、下着泥棒や神社の賽銭泥棒なんかの逮捕に際しても、状況証拠ではなく、可能な限り現行犯逮捕を狙っているのも納得がいくな。

  • 3.8

    映画こそが僕の人生さん2021/04/10 19:43

    ディレクターズ・カット(163分)版 にて鑑賞。
    デヴィッド・フィンチャー監督だからそりゃ当然だろとは思うけど、なかなか引き込まれていく極めて繊密な作品だった。
    そのため、途中で思わず ″あら?今何がどうなってこうなってる??(笑)″ となる事も必至。
    でもそういった所も、こういう作品ならではの楽しみの一つではないかと思う。

    後、またまた本作においても、フィンチャー監督は、最後の最後まで全く手を抜くことなく、こだわりまくって映画を作っていることが、その映像を観ているだけで自然に大いに伝わってくるので、本当に恐るべし。。
    やはり様々な意味で凄いお方である。

  • 3.5

    がりがりゴリラさん2021/04/10 00:27

     まず何と言っても犯行シーンがとにかく怖い。さらに実際に起きた未解決事件をベースとしているだけあって、いちいちリアルなのがなおさら怖い。何ならボブの家を訪れる場面はもはやホラーに振り切っているようにも思えるし、ロバート・ダウニー・Jrがいなかったらトラウマ級のスリラーになっていたんじゃないか。兎にも角にも、この映画を通して一つ言えるのは情報の共有はしっかりしようってことだろう。

  • 3.8

    モポさん2021/04/09 11:50

    2時間半を超える長い映画。
    淡々と話が進んでいって飽きずに観れて少しずつ解決していくのはすごい。
    これが実話って考えれない…。

  • 3.2

    ウロチーカさん2021/04/09 07:30

    長い。
    長いけど、全然捜査が進まなかったり、世間がパニクって訳わかんないやつ沢山でてきたり、有名になって人生ぶっ壊れていったりって描写が妙にリアル。

    これがフィクションの映画だったら途中で挫折してるけど、実際にあった話だからその間延びした感じも楽しめた。

    未解決事件だけどコレどう終わるの?
    っていう問いに、綺麗な回答を期待してるとモヤっとしてしまうが、このモヤっと感も含めてリアルだって言われたら納得してしまうようなそうでもないような… 笑

    とりあえず、身近でこんなこと起きたら怖くてたまんねえっすわ。
    やっぱ1番怖いのは人間だね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す