お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

女囚さそり 701号怨み節

G

女囚さそりシリーズ第4弾! 刑務所を脱走し、復讐を果たすまでを描いたバイオレンスアクション。

児玉警部の執拗な追跡から逃れた松島ナミは、元過激派学生運動家だった工藤と知り合う。1度は工藤に心を許したナミ。しかし、工藤はナミを追い続ける児玉にナミの逃亡先を教えてしまう。刑務所に送られるナミ。だが、ナミの男たちへの怨念が脱走へと向かわせ、再びナミの逃亡生活が始まるのだった。

詳細情報

関連情報
原作:篠原とおる
音声言語
日本語
制作年
1973
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-10-09 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ヒューマン邦画ランキング

女囚さそり 701号怨み節の評価・レビュー

3.3
観た人
337
観たい人
128
  • −−

    ひかげんさん2022/01/11 17:59

    町山智浩さん、映画その他ムダ話256『パク・チャヌク監督「復讐三部作」』、『親切なクムジャさん』の中で言及。

  • 3.5

    ピロピロさん2022/01/01 23:00

    脱走中に過激派の運動家に匿われるも執拗に追われるお話
    4作目

    「どんな凶悪な殺人犯でも心の片隅には御仏への慈悲を請う気持ちが残ってるものですわ」

  • −−

    Shinoさん2021/11/24 02:02

    久し振りの邦画、『女囚さそりシリーズ』遂に四作目♪
    前作から間を空けて観てしまったんですが、どの作品でも梶芽衣子様の目力には勝るモノ無しですね。お美しい………
    ただやっぱりシリーズとなるとどこかで自分のハマらない作品が出て来るんですが、それが今作でした。
    監督が変わったからでしょうか?何だか退屈なシーンが増えた様な印象でした。
    自分的には前作と比べるとキャストも微妙だった様な…(田村正和の演技がなんとも言えんw 上手いのか何なのか分からなかったw)
    梶芽衣子様の歌は久々にテンション上がりました♪

  • 3.5

    AlexandrosTさん2021/11/13 23:38

    梶芽衣子主演

    タランティーノが好きって言うので拝見。

    眼力がスゴイ!
    仁義なき戦い広島死闘篇での未亡人役で初めて観ましたが、美人で存在感が凄かった。
    女囚シリーズでは、一番好きかも。

  • 3.3

    hyggeさん2021/09/19 17:55

    “さそり”シリーズ四作目。
    元過激派学生運動家に一度は犯罪者的意識で心を許したさそりが、その男に裏切られた怨念に燃え、刑務所を脱走して復讐を果すまでを描く。

  • 3.0

    あんばたりあんさん2021/09/02 00:06

    梶芽衣子さん主演としてはこれが最後の女囚さそり第4弾、前作までに比べると、エロスもバイオレンスもかなりソフトになった気がします。
    逃亡中の松島ナミ(梶芽衣子)は再び警察に取り押さえられますが見事に振り切り、そこで工藤(田村正和)に助けられ行動を共にします。

    今作には若かりし日の田村正和さんが出演していますが、古畑任三郎とそれ程ビジュアルが変わらないのが凄いです。しかし股間に熱湯かけられて使い物にならなくなってしまったのはかわいそう

  • 3.5

    8787さん2021/08/31 22:07

    田村正和の演技力よ…
    ゲバ字まみれのアジトもじわじわくる。

    おもしろいんだけど、監督が代わったからなのか3作目よりも更に勢いが弱くなった感じ。
    処刑台のシーンがギャグにも程がある。

    2021-286

  • 3.0

    しめさばさん2021/08/25 18:48

    スーパーマーケットで売り場のレモンを無造作に手に取って齧りながら華麗に牛乳、パンなどを購入する田村正和が完全にニューヨークにいる。

  • 3.5

    しおまねきさん2021/08/09 20:48

    前3作よりわかりやすくなり、深みは薄まっているが、これはこれで。

    特に梶芽衣子と田村正和のボニー&クライド的アクションになる前半が面白かったので、最後までそのノリで突っ走って欲しかったが、そうならなかったのは残念。まぁ、『女囚さそり』ってタイトルなんだから、しょうがないんだけどさ。

    しかし、さそりの戦闘力の凄さよ。

  • 2.5

    Chiさん2021/08/07 11:17

    シリーズ制覇で麻痺してきたのか

    今までやりすぎ感満載の描写が
    一気にマイルドになり
    凡人には少し見やすく

    テレビドラマちっくになったようにも
    思えます

    若き田村正和と梶芽衣子を見て
    スターとか近寄りがたい存在とか
    現在にはないオーラを感じました

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました