お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ホートン ふしぎな世界のダレダーレ

G
  • 吹替
  • 字幕

お花についた“ホコリ”から声が……!そこにいるのは、誰だ~れ!?

ジャングルに住むゾウのホートンの耳に、風で飛んできたホコリから、助けを求める小さな声が聞こえてきた。ジャングルの仲間達からバカにされながらも、ホコリに何度も話しかけるホートン。あきらめかけたその時、小さな声で返事が返ってきたのだ! それは、ホコリみたいに小さな“ダレダーレの国”の市長の声だった。陽気で明るく平和を愛するダレダーレ達が楽しく暮らすその国は、どうやら突風に飛ばされてしまったらしい。外の世界を知らない小さなダレダーレ達は、突然の大地震に国中が大混乱。ホートンは彼らを安全で平和に暮らせる場所へと届ける旅に出ることに。一方ジャングルでは、ホートンを目の敵にする母親カンガルーが、ダレダーレの国を“ただのホコリ”と言い切り、取り上げるために作戦を練っていた……。数々の困難が待ち受ける中、ホートンとダレダーレ達は果たして危機を乗り越えることができるのか……。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

ホートン ふしぎな世界のダレダーレの評価・レビュー

3.5
観た人
673
観たい人
167
  • 3.8

    マ帆さん2021/04/10 22:34

    偶然拾ったホコリの中に沢山の人々が住む国が存在していることに気づいたホートン。顔が見えない、声しか聞こえなくても、周りに何を言われようとも、「どんなに小さくても人は人」と言いながら救おうとする姿がかっこよくて、子供の頃観て以来たまに観てしまう映画の一つ(メモ遡ったら3年前にも観ていたどんだけ好き)。

    『トランスジェンダーとハリウッド』の「私はここにいる」に泣きながらこの映画のラストシーンを思い起こし、「この後久しぶりにホートン観ょ。。。」となっていたのは私です。あれ本当に名シーン。

    今回初めてホートンがジム・キャリー、その相棒がセス・ローゲン、ホコリの国の市長がスティーヴ・カレルというキャストの豪華さに気付いて前半10分は字幕で頑張ったんだけどやっぱり聞き慣れた吹替に戻してしまった。それでも突如始まったアメコミタイムにはジムキャリー劇場の香りを感じ、字幕にしたりなど(大当たり)。

    モヒカンのイェーイ!しか言わない奴好きすぎる。

    ダレダーレの住民、顔がグリンチ!と思ったら原作ドクター・スーなのだね、、、

  • 4.0

    uruchamさん2020/09/13 18:12

    お母さんが好きだった絵本で、一緒に観にいった。
    いまわたしがいるこの世界も宇宙もほこりの中のものでしかなくて、さらに上位のマクロ視点の誰かがいるかもしれないとおもうとめっちゃおもろい。

  • 5.0

    片鱗ヘンリーさん2020/06/12 12:14

    ネットで見た市長の息子のジョジョが可愛かったので鑑賞したら、大当たり作でした。
    でもホートンや市長が変人扱い(特にダレダーレ国の議会のシーン)は見ていてキツかったで…
    個人的に精神病患者を思い起こさせて怖かった。
    でも、考えを改めなくてはいけないなぁと見て感じたわ。
    でも本当にジョジョくんのキャラデザは最高!
    オーバーサイズっぽいトレーナーみたいな体毛とクマが入った目と目元まで伸びた髪が最高なんだよなぁ。無口なのも良い、もっとジョジョくんは日本で有名になるべき。

  • 4.0

    mikuyaさん2020/05/04 20:47

    小さい時に見た。
    ホートンの心の優しさがしみる。
    信じる事とか心の優しさを学べるってゆーか😂

    まぁ子供が生まれたら見せたい映画の一つ

  • 3.8

    りぃさん2020/04/30 15:29

    ホートンの優しさが心に染みる。
    70年前に発売された絵本の映画化だけど、そんな昔の話とは思えない。大人に見てほしい映画。

  • 3.4

    シャバーニさん2020/04/27 20:58

    声優はジム・キャリーとスティーヴ・カレルの二大コメディアン
    期待以上ではなく3点半ばだが最後にホロリとする感動もある

  • −−

    マルコさん2020/03/25 15:44

    【記録】🦥(再度鑑賞する可能性アリ)

    映画予告にて、思い出しレビュー👥
    幼少期の思い出の作品で何度も見た😍
    調べてみると声優が超豪華だったんですね。

  • 4.2

    Naaamiさん2020/02/24 02:19

    ゾウのホートンがある日見つけたほこりの中に小さなダレダーレの国が存在してて、ホートンが国が無くならないようにほこりを守るお話し。

    世界観が私好みでハマった!!
    お互い目には見えないけど、それぞれの世界で相手の存在に気付き会話するホートンと市長がすっごく好き!

  • 4.2

    sayuさん2020/02/20 22:09

    ゾウのホートンのもとにホコリが飛んできて、そのホコリの中にはダレダーレの国という小さな国が存在していて……という不思議な物語🐘!

    国の為に頑張るホートンとダレダーレたちを全力で応援したくなります!

  • 4.3

    B級怪獣エイガさん2019/12/31 23:57

    2019年図らずも最後に見た映画。これがなかなか刺さるものがあった。

    ホコリの中に小さな世界が存在していて、そこの声が聞こえるゾウのホートン。彼らの世界(ホコリ)を安全な場所に移動させる為にホートンが頑張る話。

    いやー最初は『何だこのショーもないくだらない安い映画は…』と眠りそうになるくらいまあまあ退屈したり、リタイアしそうになったんだけど、クライマックスで完全に心持ってかれた。

    ホコリの中に住んでいる住民たちの『私たち!ここにいる!!』と言う切実な叫びが胸にズドンときた。
    というのも、現実世界のこの広い地球という星の小さな島国の小さな小さな町に住む【小さな自分】と重ねてしまって、マジで落涙しそうになったのだ。俺自身、確かにこのホコリの住民達と同じで''ここ''に存在しているけど、世界から見たら本当に小さな存在で認知なんてほぼされてない。ゆくゆくは世界を相手に作品を作りたい俺は、今も作品作りに全力を注いでいるが今は全くと言っていいほど認知されていない。
    そんな今の自分の境遇と重ねてしまって泣けた。『私たちはここにいる』というストレートなメッセージを、姿も見えない巨大な世界に届けようとするこの構造がほんとうに胸に来た。

    また、このメッセージを受けるゾウのホートン側の世界の話もクライマックスの盛り上がりに一躍を買っているのが良い。あの【ミストのババア】を彷彿とさせるようなカンガルーおばさんママが『お前は虚言を抜かす嘘つきだ!!』とホートンを晒しあげ追い詰めるのだが、それでもホートンはホコリの住民達を信じ続ける。そのいじらしさと純粋さにやられた。

    そしてこのホコリの国の市長とホートンの友情、これも最後にはなかなか良いものになってた。二人を隔てる''大きさ''という''距離''の扱いが良かった。クライマックスもそれが活かされ感動的になってたし、ラストの歌のシーンでの画面2分割で背中を合わせる画とか少し切ない。結局最後まで2人の姿は見えないのが切ない。よかったなあ。

    あと単純に、この映画自体の地味さとか、フィルマークスでも530くらいしかマークされてない低い認知度とかもこの『私たちはここにいる』というメッセージが凄くシンクロしているので応援したくなる。
    『俺は見つけたで。俺は君達(今作)を見つけたで!!!』と胸熱くなってしまう。

    2019年最後に見た映画が何故か今作になってしまったが、全くの後悔のない良い作品だった。2020年は彼らのように『私たち!ここにいる!!』と世界に発信し始める年にしていきたい。いつかこの声が届きますように

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す